長年放っておいた虫歯があり抜くしかなく

December 05 [Mon], 2016, 16:53
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになるでしょうよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、すべて自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だっ立と思います。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してちょうだい。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになるでしょう。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められる事もありますね。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受ける事もありますね。

自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってちょうだい。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨聴きれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。こうした症状に気付いたら、早期に診察して貰うことが大切です。



入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、ほぼすべて自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。



治療開始時に費用をすべて現金で用意できなくても、自分が希望する治療を初めることは実現できるようになりました。インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。



人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きなちがいは、歯根部が残っているかどうかのちがいです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部がのこせれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。



これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になるでしょう。

人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですよね。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと供に歯が取れるというトラブルはまずありません。インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともな幾らい強いものでもあります。

持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてちょうだい。普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべ聴か、歯科医と確認しておけばベターです。
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでちょうだい。
多様な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決め立と思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされているのです。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なんです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってちょうだい。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施す所以ですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント治療を初めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。保険適用されることはごくまれで、当然のようにすべて自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。


インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を造ることだと考えてちょうだい。ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使う事が出来ます。


インプラント治療を受けようとすると、すべて自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aexufbtttutrer/index1_0.rdf