子宮筋腫の症状って?

June 28 [Tue], 2016, 15:16
子宮筋腫は、初期の段階では全く症状が現れないことも多いです。会社の健康診断(勤め先などで年に一度実施することも多いですね)などで婦人科検診を受けると、偶然発見されたなんてケースも多いのではありませんか。子宮筋腫の症状というのは、筋腫の種類や出来る場所、筋腫の大きさによって変化するものです。場合によっては、自覚症状が無いまま、かなりの時間が経過してしまったりする事も少なくないでしょう。子宮筋腫の最も判り易い症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)に、月経の変化があるでしょう。月経困難症や過多月経が、その症状の代表的なケースです。ただ、子宮筋腫でなくても月経時に腹部が痛くなることはよくありますから、その痛みが一過性のものなのか、子宮筋腫によるものなのか判断が難しいでしょうね。これまでの月経と比べたら、明確に痛みが強い場合には、婦人科を受診しましょう。また、過多月経や過長月経が起こることもあるでしょう。以前よりも月経時の経血量が増える事を過多月経、月経の期間が8日以上になる事を過長月経と言うのです。経血量が増える、または、月経の期間が長くなることで、貧血(女性の場合には、生理や妊娠があるため、男性よりもどうしても貧血になりやすいといえます。サプリメントなどを利用して、積極的に鉄分を摂った方がいいでしょう)をしょっちゅう起こすようになることもあります。筋腫が大きくなってしまうと、周辺に存在している臓器を圧迫します。例えば、膀胱や大腸を圧迫すると、頻尿(一回の排尿量が50ccから150ccくらいで、排尿してもすっきりした感じがせず、またすぐにトイレに行きたくなる場合には泌尿器科を受診した方がいいでしょう)になったり、便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)になったりするのです。加えて、大きくなった筋腫が骨盤(妊娠中や出産後は特に歪みやすいといわれています)内に存在している神経を圧迫する事で、腰痛が起こることもあります。子宮内膜に筋腫が可能だと、受精卵が着床しにくくなり、不妊症(晩婚化も原因の一端かもしれませんね)の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にもなるでしょう。以上のように、子宮筋腫で起こる症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)には様々あるのですが、この症状が起こったからといっても絶対に子宮筋腫だとは限りません。でも、月経に異常を感じたら、早期に婦人科でその原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を検査した方がいいでしょう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:拓海
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aetsrnurbbdadn/index1_0.rdf