瀬野の田代

August 18 [Fri], 2017, 13:10
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの膨大な研究結果によって、予防接種の効果を見込めるのは、接種日の2週後位から150日間程だろうということが分かりました。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずにじっとしていても燃えてしまうエネルギーのことですが、その5割以上を体中の筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3種類で消費していると考えられています。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長い間継続すると、体中の血管に強い負担となり、頭の先から足の先まで色々な血管にトラブルがもたらされて、合併症を発症してしまう蓋然性が拡大します。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒素のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)が挙げられます。
「肝機能の衰退」については、血液検査項目のGOTやGPT、そしてγ-GTPなど3つの値で診ることができますが、特にここ数年肝機能が落ちている人々が増加傾向にあるということが危険視されています。
黴菌やウィルスなど病気を招く微生物が肺の中に忍び入って罹患してしまい、肺そのものが炎症反応を示している事を「肺炎」と呼ぶのです。
バランスの良い食生活や運動は無論、ヘルスアップやビューティーアップのために、食事以外に数種類のサプリメントを飲用する事が一般的なものになっています。
自動車事故や高い所からの落下など、著しく大きな圧力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折がみられたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷い時は内臓が破損してしまうこともあり得ます。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘引する悪質な物質を体の内部で無毒化し、肝臓の働きを強化するような特徴が確認されています。
HIV(human immunodeficiency virus)を保有した精液、血液、腟分泌液や母乳等の様々な体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口に触れた場合、HIVに感染する可能性が出てくるのです。
うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、不眠、気分の落ち込み、倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、顕著な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が2週間以上続きます。
不整脈である期外収縮は、健康な人にも症状が出現することがあるので難しい心臓の病気とは限りませんが、発作が数回に渡って続いてみられる場合は楽観視できないといえます。
「いつも時間に追われている」「粘着質な付き合いが多すぎる」「あらゆるテクノロジーや情報の進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスを受けてしまうシーンはみんな異なります。
ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によると、毎日2杯以上はカフェインレスのコーヒーに変えると、なんと直腸ガンの発症する確率を半分以上は減らせたということが明らかになっている。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代〜30代の比較的若い男の人に患者が多く、ほぼ股間の周囲だけに広がり、激しく運動したり、入浴した後など全身が温まると強烈なかゆみが訪れます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:凛音
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる