インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。全

January 29 [Fri], 2016, 21:36
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。



もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。



よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。



我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。


医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。
普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。


インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。



それは気にしないでください。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。



今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。



毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心結
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aet5ywrrvfehee/index1_0.rdf