あなたはそれでは力の限りを尽くしてバドミントンに命中しています。

July 20 [Sat], 2013, 10:37
気をつけないでつはあなたにあれらの古い時間を思い出させます。あれが思春期に入ることを思い出します。書き違えたはがきを思い出します。階段の曲がり角を思い出します。彼のあの回廊を盗み見ることと。
  
  あなたはまたあなたのあの様子を覚えています。高い馬の尾を突いていて、背中のまっすぐに伸ばすのがまっすぐな歩くこと。多数に日光は窓の門の午後がこぼれて、食堂の水を汲んで帰る少年に出会いました。少年はきれいな横顔とおとなしい笑顔を持っています。あれはあなたはいつもそっと彼に注意しています。こっそりと彼のジャージーを観察していてまた色を交換しました。あなたは彼が最も緑色の赤色の青いフード付きの上着が好きなことを発見します。彼のために笑ったことがあってことがある、個人の損得にばかりこだわったことがあります。記憶の背景は自動的に切ってたそがれの学習の芝生に替えます。ちょうど少年の通る時間で正確なことを計算します。でも譲ることために彼はあなたをしっかり覚えます。あなたの静かな側は身を過ぎて、彼が夕日の光に入って気絶を見ます。それから、あなたはたまにやはり思い出して、少年路が流行遅れであなたの残したのそれではに対して軽やかな微笑みを拭きます。ガガミラノ
  
  あなたはまたあの時のちょうど冬季を覚えています。授業が終わってとゆるがすことができないのが立って窓台の下で静かに待ちます相手の階の影。当時彼は回廊に立ってひなたぼっこをします。ひとつがとても太くてとても低いこととあなたのかわいい女子学生がなくて話に花が咲きます。或いは1つの高さのやせていて傲慢な女子学生といい加減な話をしている。相手の窓台を過ぎるに丸い眼球を見張って彼のあなたを注視していることを眺めていません。あの時のあなたの嫉妬するでしょう気が狂うこと。それからあなたは満学校のが彼の様々さを尋ねることを始めます。以前にあなたの目は本当に欠けません。彼の頭の上で各種のきらめく金色の光の肩書きを持っています。たとえば学生会の会長、それからあなたは初めは学生会に参加していなかったことを後悔することを始めます。放送ステーションの駅長、そこであなたはまた後悔します。数回の心の中でがなくて自分に教えます。きっとある日彼とできますあなた共に行。ただそれから誰も予知することができ(ありえ)ません。あなたは願いどおりになっていないで彼の大学に合格します。彼がひとつとても理想的なことに合格して幾山河の大学をあけている後であなたは中途退学しました。彼ではありません。大学入試が終わってその日に目が彼を送っていった後に、あなたはきらきらと光る日光の下で立って、台頭して紺碧の空を仰ぎのぞみます。恋しい思いの重さはあなたの心をひっきりなしに傾いて、傾かせて、ずっと重くまで(へ)平衡がとれていることを維持します。あなたを出ないで推測して、しかる後の数年の中に、二度と彼に会ったことがありません。
  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fsea
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aesae/index1_0.rdf