ケリーの日下

March 05 [Sat], 2016, 12:17
一時期、永久脱毛をするのは痛いというイメージを持つ方が多かったのですが、それは脱毛に使う機器の種類にもよるのではないかと思います。私が現在、通っている永久脱毛は特に痛みは感じません。
施術を受けると、一瞬だけ、チクリとしますが、一瞬のことなので、痛いというほどではないのです。


家庭用の脱毛器トリアの本体価格は大体6万円ぐらいですから、エステや病院に行って全身脱毛をすることを思うと、とてもお得になりますよね。


6万円くらいのお金で、いつでも行いたい時に何度でもしたい時に脱毛ができるなら、欲しいという人も多いのではないでしょうか。

ですが、痛いのが苦手だという人にはトリアはオススメすることができません。家庭用脱毛器として大層人気のケノンは脱毛サロンで使われている光脱毛マシーンにかなり近い機能が期待できる脱毛器です。しかし、ケノンでの脱毛はサロンで行う脱毛と同じように永久脱毛というわけではございません。一旦ツルッとした肌になっても、一定の期間が経過した後にムダ毛が再び生えてくることがあります。

昔からの脱毛法と光脱毛を比べると、痛みが弱くて、お肌への負荷もかからない脱毛法として主流になっています。ただ、肌質は人によって違います。デリケートなお肌の人の場合、光脱毛を受けるとヤケドしたような症状になることもあるでしょう。また、日焼け後に光脱毛を受けると、火傷状態になりやすいため、要注意です。脱毛器のソイエを使用した人の口コミや評判は、あまり良いとは言えません。また、ソイエは長いスパンで考えるとオススメしたくない脱毛器です。どうしてかと言えばソイエは毛を掴んで抜く方法の脱毛器であるからです。毛を抜くことはできますが、脱毛し続けてもムダ毛は減りません。脱毛サロンによりお客様の体のコンディションによっては施術を行わない可能性もあります。

生理中はお肌が敏感な時期でして、肌トラブルが起こることを避けるためですを施術が生理でも可能な店もございます。ですが、アフターケアという、肌トラブル防止のための対策を怠らずにしっかりとしてください。そして、また、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。



一昔前の脱毛は、「ニードル法」とよばれる針で毛穴を刺激するものなど、痛いと感じるものが多くありました。ですが、近年の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」とよばれる方法です。



個人差がありますが、フラッシュ脱毛ならば少しちくっとするくらいで、それほど痛いとは感じません。ただし、Vラインなどの毛が濃い部分はちょっと痛みが強くなります。

永久脱毛したい女性に最も適しているのが、医療用レーザーを使用した脱毛手段です。
脱毛サロンでは施術を受けられませんので、クリニックで施術を受けることになります。

すごい脱毛効果が得られますが、施術中には軽い痛みがあります。

しかし、痛みの感覚には個人による開きもあり、気にならない人もいます。脱毛エステのお店に行って施術をしてもらったその後のことですが、自分自身でもケアを怠らないようにするのが大事です。



ここは面倒がらずにしっかりケアを行っておくことで、お肌のトラブルにつながりにくくなるのです。

自分で行うアフターケアについて詳しいやり方はお店でスタッフから教えてもらえますが、施術を受けた部位を「冷やす」「保湿する」「刺激を避ける」というのが基本的なところになるようです。
中でも保湿についてはかなり大事です。ずっと前からの関心のあった全身脱毛専門のエターナルラビリンスというムダ毛処理エステに初めていってきちゃいました!部分脱毛で、幾つかの場所を脱毛するならこれを機会に、一気に全身脱毛してもらおうと思い、予約の電話を入れました。



特色は、とにかく施術が細心でした。行く前は高額な心象でしたが思いの他、お手頃で良かったです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuzuki
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aerneddmdeomfs/index1_0.rdf