2ねんめ 

July 06 [Mon], 2015, 22:29
きょねんの7がつむいかに、ひとりぐらしをはじめて、きのうでまるいちねん。

きょうから2ねんめになりました。

きょねんのきょう、このへやでさいしょのよる、じつはあまりねむれませんでした。

りゆうは、みみもとで"か"が、ぶんぶんとびまわっていたせいです。

よくじつに、かよけたいさくのものをかってから、すぐおちついてねむれるようになりましたな。

あれから1ねんかあ〜

この1ねんをふりかえってみても、とくになにかおもうことはないんですなあ。

かんきょうにすぐなじんで、もっとずっとまえから、ここにすんでいるようなかんじがしています。

ところで、わたしは、らいげつで44さいになります。

44ねんかん、じょせいといちどもつきあったことがない。

あせりはないけれど、こいびとがほしい。

しごとでまいにち、ほうもんしているとりひきさきの、しんにゅうしゃいんのおんなのこ。

はじめてみたときから、きになっていて、さいきん、そのこのことがきになってしかたがないんです。

ひとめぼれ、しちゃったな。

しごとで、ほうもんしても、そのことふたりきりになるきかいがなく、かならず、むこうのかいしゃのかたが、

なんにんかそばにおられますので、あたりさわりのないかいわしかできないんです・・・・・

いきなり、でーとしてください、とか、ごはんたべにいきませんか、とか、

やっぱりいえないなあ〜

どうすれば、きもちをつたえられるかなあ〜

なんか、じっさいのねんれいより、きもちがわかくなっているかんじがします(笑)

ひとをすきになることは、りくつじゃないんです。

どうしてあのひとのことがすきなんだろう?

すきだから、すき。

きっと、それでいいんだとおもいます。





おかん 

March 15 [Sun], 2015, 21:51
ひさしぶりの、どにちのれんきゅう。
しふとでは、へいじつにやすみがおおいので、これはこれで、いいやすみでした。

まず、きのうのどようび。
ごぜんちゅう、まとまったあめがふっていて、やすみのひにいつもやっている、せんたくものは、とりあえず、へやぼししなきゃなあ・・・
おきてから、そとのてんきをみて、きぶんがぱっとしなかった。
せんたくをおえたら、いつもなら、へやのそうじ。
でも、なんかきがのらなくて、きょうは、いいや、あしたやろうと。
このあと、ひまだなあ・・・と、ぱそこんをたちあげて、ちずのさいとと、こよみのほんをみながら、
あめもあがりそうだし、どっかでかけようかな・・・
こよみのほんで、みなみのほうが、きょうはじぶんにとって、よいほういだとわかり、ちずをみると、まみなみに、
おおがたのしょうぎょうしせつがあり、こうつうのべんもいいことから、きゅうきょでかけることになりました。
とくになにかもくてきがあったわけでもなく、まあ、きぶんてんかんです。

わかいひとむけのざっかやさん"ゔぃれっじ・ばんがーど"が、はいっていたので、なんかおもしろいものでもないかなと、てんないをみてまわりました。
じょうだんでつくったような、しょうひんがいっぱいあったり、しょうひんのてんかいのしかたに、どくとくのかんせいがあるのが"ゔぃれっじ・ばんがーど"のみりょくですね。
ほぼ、ぜんぶみて、そろそろみせをでようとおもっていたころ、てれびもにたーでながれていた、ばんどのえいぞうにくぎづけになりました。
あつい、めっせーじのかたまりのようなかしに、こころがかきみだされて、くいいるようにもにたーのがめんにみいっていました。
やがて、そのばんどのなまえが"おかん"ということがわかり、ひとめぼれとはちがうけれども、なんか、こころのきんせんにつよくふれるものがあったんです。
わたしは、このであいにとくべつなものをかんじたんです。
しーでぃーをかって、みせをでました。



ほういのこうかというのは、やはりあるんですね。
きたくしてから、あるばむぜんきょくをあいぽっどにいれ、みせでみた"ぴーぶい"のきょく"ひととして"をあらためてきくと、めがしらが、あつくなり、なみだをおさえることができませんでした。

"このとしで、おんがくをきいて、なくことがあるなんて"

わたしはろっくばんど"おかん"のことがすきになりました。


そして、きょうのにちようび。

あらかじめ、ははといっしょにいくやくそくしていた、おひがんのはかまいり。
まちあわせのばしょまであるくどうちゅうに、おかんのあるばむをぜんきょくききました。
"ひととして"いがいにも、いいきょくがあり、あるきながら、なみだをこらえていました。
なんだろう、このかんじは。こころが、じょうかされていくかんじ。

かしが、とてもいいんですね。どのきょくにも、きょうつうしているのは、いまいきていること、
いや、いかされていることにたいする、かんしゃのきもちであったり、まえむきにすすんでいくてつがく。

おはかまいりは、ははもげんきで、いっしょにそうじ。
ここにねむっているちちのこえは、なんどはかまいりにきたって、けっしてきくことはできません。
むかしほど、はかまいりにいくというこういそのものが、めんどくさいとかは、おもわなくなりました。

ちちに、おやこうこうできなかったぶん、ははに、よろこんでもらえるように、また、きもちをきりかえて、あしたから、
しゅぱつです。

よしだじんじゃ 

March 03 [Tue], 2015, 16:34


しふとどうりにやすめましたので、きょうとへ。

へいじつの、おひるまえだというのに、きょうとえきまえの、ばすのりばは、"ちょうだのれつ"

ひとでごったがえしていました。

もくてきちである"きょうだいせいもんまえ"へむかうばすののりばも、ざっと30〜40にんぐらいはならんでいるようすでした。

しかたがないので、もくてきちのひとつむこうのばしょである"ひゃくまんべん"へむかう、べつのみちをいくばすにのることにしました。

ひゃくまんべんから10ぷんぐらいあるいて、きょうとだいがくのせいもんをひだりにみながら、しゅのとりいがみえます。



「かみさまのごようにん」にでてくる"おおぬしじんじゃ"のもでるだとおもわれるじんじゃ。

すでにねっとでわだいにはなっていましたが、やはり、きょうおまいりさせていただき、

まちがいないとおもいました。

3かんにおよぶおおぬしじんじゃの、ようすについてかかれたことと、いっちしているてんがおおいんですよね。

けいだいにおまつりされている"おかしのかみさま"へつづくとりい。



しょうせつの3かんにしゅうろくされている"たちばなのやくそく"でえがかれている

"たじまもりのみこと"のなまえがあります。



やまのうえのほうへむかうと、にほんじゅうのすべてのかみさまをおまつりしているばしょがあります。

ただ、まいつきの"ついたち"しかなかにはいることができないんです。

とうぜん、きょうはしまっていました。

こちらへは、きょうで3かいめか、4かいめのおまいりだったとおもいます。

おまいりのあと、ごしゅいんをいただき、みこさんにそれとなくしつもんしてみました。

こちらには、"ほうい"のかみさまを、おまつりされているおやしろがありますか?

さいきんよんだほんで、こちらのじんじゃをもでるにしたらしいしょうせつがありまして・・・・

ほういのかみさまは、こちらにはおまつりしておりません。と、にこよかにみこさんは、こたえてくださいました。

じんじゃのもでるのはなしには、にがわらいしてらっしゃいましたが。

しょうせつにでてくる"もふもふ"のきつねのほういのかみさまなら、やまにもうすこしはいったところのいなりさんかな?でも、ほういのかみさまじゃないか。

よだんですが、「かみさまのごようにん」のいいところは、さくしゃの、じんじゃとかみさまにたいするまっすぐなまなざしがかんじられることです。

ものがたりのなかで、かみさまが、ときにはしんぱいごとをかかえていらしたり、なやまれていたり・・・・・

ごようにんが、それらをかいけつすべくかけずりまわっていくのですが、ひとであるごようにんが、ごようをなしとげていくことで、それぞれのかみさまに"きづき"をあたえる。

じんじゃへおまいりして、かみさまから"きづき"をいただくのが、ほんらいなので、まったくぎゃくなんですね。

でも、よんでいわかんがないんです。

むしろ、そのほんをよむことで、あらたな"きづき"をいただくことだってあるんじゃないかな、と。

なんだかとりとめのないはなしになってしまった。(わらい)

なんだか、ついてないな、というできごとがつづいていたせんげつの"やく"は、すべてはらいましたので、

きょうは、とくになにもかんがえず、ただ、このばにいられてありがたい、というきもちでおまいりさせていただきました。











プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あえりえ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・あいどるますたー-8thおおさからいぶからだいすきに。
    ・じんじゃ-やくばらいをしていただき、きんえんできました。よくおまいりさせていただいております。
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる