桑田と塩見

January 31 [Tue], 2017, 14:00
どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。
しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだっていう話です。



パートナーがとても慎重な性格だと中々証拠がつかめなくて、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていて下さい。


それとは逆に、この日は浮気し沿うだという日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまう事もあるのです。

例えば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめますね。浮気相手への連絡手段として携帯を使われるのが当然だからです。今やメール、または、LINEなど多様な方法で連絡をする機会も増えましたが、やはり浮気相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。



何気なく電話していることももちろん考えられます。

興信所と探偵事務所のちがうところですが、別段変わりは無いと言っても言い切れます。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、似たような仕事をしています。とはいっても、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人は探偵に頼るようです。成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査が成功しなければ報酬を得られないというリスクがあるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。


そみたいなケースも勘案した場合、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明白な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼すれば心配ありません。
なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、自分でできる範囲までは事前に調査しておきたいものです。調査とはいっても手軽にできることなのです。何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。
毎日、出勤していった時間や、帰ってきた時間、だれかと電話をしているようなら、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを不貞と定めています。
すなわち、法律上では、性関係になければ、普通のデートをしたとしても、浮気とはいえないということになります。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りると言う事も考えてみてもいいかも知れません。浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚してしまった場合、別れるべ聴か否か選択に困りますよね。まず頭を冷やして、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほウガイいです。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が手に入るりゆうではないのです。
成功報酬にするのかどうかについても、依頼をする時に決めておくことが大切だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結音
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる