田部の東錦

March 11 [Sat], 2017, 19:03
高校進学時点で衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師になるのに、最短の道を歩むことが可能でるでしょう。

でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。また、試験をうけるまでには最短5年でいいのですが、期間が短いことがワケで試験にむけた勉強や実習が不足するために試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。
日本の看護師の給料は平均は437万円ほどです。
ですが、国立、市立、県立などの公立病院ではたらく看護師は、公務員という立場で働いているため、平均年収は593万円ぐらいになります。
公務員としてはたらく看護師は給料の上がる割合も民間病院と比較してと高く、福利厚生も充実したものです。準看護師のケースは、看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい少ないです。


このまま高齢者の増加が進み、福祉の世界で看護師のニーズはとどまることを知らないのです。



そして、大きな会社にもなると医務室に看護師がいて、健康面やストレスチェックなどのケアをやっています。このような事象では、その会社の社員になるということもあり得るでしょう。

平均年齢の高まりに従い、介護施設などでも看護師の需要は年々増えてきています。



他方、大きな会社になると医務室などにも看護師が所属し、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面のサポートをしています。このような職場の時は、その会社の社員になることもあるのではないでしょうか。


日本の看護師の年収は平均して437万円ほどです。


しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤めている看護師は、公務員あつかいでの勤務のため、年収は平均すると593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上昇率も民間の病院より高く、福利厚生も満足いくものになっています。


准看護師のケースは、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。ナースが上手に転職するには、この先のことを考えて早めに行動することが重要です。

また、どのような点を重視するのかを考えておくべきでしょう。この先どうなりたいかを明らかにして、その思いに合った転職先のデータを少しずつ蒐集してください。収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって譲れない条件も心づもりをしておきましょう。


看護師の勤め先といえば、病院という考えが一般的でしょう。でも、看護師の資格を持った方が役たてる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で保健師と協力し、地域の住民のいろんなヘルスケアをするのも看護師の職務です。

それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。

公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウスケ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる