イオンモール高崎

イオンモール高崎(イオンモールたかさき、英語表記:AEON MALL TAKASAKI)は、群馬県高崎市棟高町にあるイオンモールが運営するショッピングセンターである。

2006年10月20日(プレオープンは10月17日)に「イオン高崎ショッピングセンター」として、太田市にある「イオンモール太田」に次いでイオンモールの群馬県内2店舗目のSCとして開店した。

2006年11月17日、オープン1か月を迎え、来店人数100万人突破と報道される。(実際に突破したのは2006年11月13日。) この盛況ぶりに市内の大型スーパー店などでは危機感を募らせており、「地元商店街と共同で移動した客層を戻すべき」との意見も出ている。

イオングループのマイカルが運営する「高崎サティ」(イオンモール太田は「ジャスコ」)を核店舗に、およそ170店舗のテナントが入店している。駐車台数は3,300台。

店舗前には群馬県道25号高崎渋川線高渋バイパスが通っており、前橋インターチェンジからも近い。

来場者は高崎市民や、前橋市、渋川市、安中市、吉岡町、榛東村などからの来客が多い。

また、高崎駅、前橋駅から当店を結ぶ路線バスが運行されている。所要時間は、高崎駅から約25分、前橋駅から約30分。乗り場は、高崎駅西口7番、前橋駅北口5番。料金は、両駅ともに片道大人400円、片道子供200円。

隣接する前橋市のダイハツ車体本社工場跡にユニーが開設するショッピングセンターけやきウォーク前橋が進出しており、2007年3月10日オープンした。九州のゆめタウンとの競合同様に激しい競争が予想されている。

2007年9月22日「イオンモール高崎」へ名称変更。

イオンシネマ高崎

イオンシネマ(英称:AEON CINEMA)は、イオングループであるイオンシネマズ株式会社が運営するシネマコンプレックスチェーン。

イオンシネマズ株式会社は、1999年4月1日にジャスコ株式会社(現イオン株式会社)100%出資の子会社として資本2億円で設立された。第1の施設として1999年6月29日に京都府久世郡久御山町にオープンした。この開業にはソニー株式会社も音響や劇場作りに参加し、音響のソニー・ダイナミック・デジタル・サウンド(SDDS)なども優先して導入された。

設立時のロゴはソニーのデザイン室が考案したもので、イオンシネマの英字のCに十字の重なった文字のものであったが、現在のホームページ上とは若干異なる。

2008年12月現在、全国に11館を展開するが、イオングループの店舗(ジャスコ、イオンショッピングセンター)に併設されることが多い。

イオンシネマ高崎(群馬県高崎市、イオンモール高崎内)<10スクリーン、1,409席>

イオン高崎店舗

メインテナント
サティ(核店舗)
ファンタジーアイランド
銀座コージーコーナー
イオンシネマ

専門店

■1F
GAP
コムサイズム&カフェコムサイズム&コムサオプティーク
無印良品
TOMMY HILFIGER
ペットシティ
すし伝説
カルディコーヒーファーム
紅虎餃子房
QBハウス
スターバックスコーヒー
サーティワンアイスクリーム
SNAPS!
ホワイト急便

■2F
ユーズランド
未来屋書店
Francfrancfranc
PTSトラベルナビ
文楽房

■3F
島村楽器
ヴィレッジヴァンガード
HMV
ムラサキスポーツ
サンマルクカフェ
Ikka
サンリオギフトゲート
ドコモショップ
靴下屋

・ピクニックコート
マクドナルド
ケンタッキーフライドチキン
ミスタードーナツ
リンガーハット
はなまるうどん
あんにょん
ホブソンズ
築地銀だこ

その他
営業時間は、サティは9:00-23:00、イオンモール専門店とピクニックコートは10:00-22:00、レストラン街とユーズランドは10:00-23:00、イオンシネマは10:00-24:00
店舗の周辺および店舗4階と屋上には、大型駐車場が設置
P R