事故車などのようにいわゆる「訳あり」の車を

May 12 [Thu], 2016, 16:23

事故車などのようにいわゆる「訳あり」の車を買取に出していいものかどうか考えることもあると思います。買い換えるのが新車だと決定していれば新車の購入先のディーラーへ下取り依頼するのが最も確実です。



車の買取業者へ依頼する際には普通の買取と共通で、年式であったり、走行距離であったり、部品状況であったりで価格が決まってきます。現在も取り扱われている型で、部品もすべて純正品ならば比較的高額で買い取りが成立します。





買取専門の業者に中古車の買取を依頼する場には、いろいろな書類を用意をすることが必要です。とっても重要な書類としては、委任状になってきます。


用意するべき書類が揃っていないと、古くなった車の買取を依頼することはできません。


必要な時よりも早めに用意しておくようにすると、途中で、何のトラブルもなく買い取ってもらえるでしょう。愛用の車を廃車にする時に還付されるのが自動車税です実は車買取に出した場合にも還付されることをご存知ですか。車を売ろうと考えたら、残存分の自動車税は返金してもらうことができます。



逆に中古車を購入する際には、次年度までの期間によって購入者が払う必要が出てきてしまいます。


車を売る際、ディーラーに下取りをお願いするのと買取業者に売るのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。今どきは、一括査定などを利用して、査定買取業者に売却する人が増加中です。



しかし、常に査定業者の方が得とは限りません。例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーの方が得することもあります。


車検証、それから、自動車納税証明書を車の査定依頼をする際には、揃えておいてください。


それから、車の外側と内側をよく確認してください。




ひっかきキズくらいなら、DIYで補修を行い、車の外側にはワックスをかけ、車内は丁寧に清掃しましょう。





改造車の場合、可能な限り、購入時の状態まで復元し、購入時についていた純正のパーツの方が査定時の評価は上がります。




煙草を吸わないようにするなど、臭い対策も必要になってきます。