亜鉛と髪の関係について 

2016年04月03日(日) 23時54分
薄毛・抜け毛が気になると
対策商品に【亜鉛】が多く含まれていることが
多く、その効果が気になります。

【亜鉛】は、健康な育毛や発毛には、
かかせない栄養素です。

毛根には、亜鉛が多く含まれています。
亜鉛が不足すると毛髪の成長が遅くなります。

また、抜け毛が多い場合、
ジヒドロテストステロンと言う悪玉の
男性ホルモンが原因と言われています。

このホルモンは毛母細胞の力を弱めてしまう
働きがあります。その結果、抜け毛・薄毛を
促進させてしまいます。

このジヒドロテストステロンの発生を抑制する
働きが【亜鉛】にあると言われています。

そのため、育毛剤や育毛サプリメントに亜鉛が
含まれていることが多いです。

髪の育毛に効果的な
亜鉛・ノコギリヤシ・ビタミン類が
配合されているサプリメントです。

→天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>の詳細はコチラ

イクオス





亜鉛が入ってる食べ物は? 

2016年04月03日(日) 23時53分
亜鉛が含まれている食べ物とは?

・穀類

・肉類

・魚介類

・豆類

・種実類

・卵類

など、多くの食べ物から摂取することがでいます。

その中でも亜鉛を多く含む食品として
【牡蠣(カキ)】です。

牡蠣には、可食部100gあたり、13.2mgもの
亜鉛が含まれます。

日本人の場合、主にご飯や、パンなどの
主食となる穀類から亜鉛を摂取しています。

亜鉛の成人男性の1日当たりの推奨量は、12mg
女性は9mgです。

厚生労働省による、国民健康・栄養調査(平成20年)に
よると、亜鉛の1日の平均摂取量は、
男性成人で8.9mg、女性は7.3mgとなっています。

このことから摂取量は推奨量を下回っています。

ダイエット食品、加工食品など、偏った食事を
していると亜鉛不足になりやすくなりますので、
注意が必要です。

【亜鉛の吸収を良くする栄養素】

亜鉛は、クエン酸・ビタミンC、動物性たんぱく質と
組み合わせることで、吸収率を高めることが
できます。

・クエン酸を多く含む食品

 酢・梅干し・キウイ・みかん・なし・レモン
いちごなど酸味があるもの

・ビタミンCを多く含む食品

トマト・ピーマン・かぼちゃなどの野菜類
アセロラ柑橘類などの果物

・動物性たんぱく質を多く含む食品

まぐろ(赤身)、さば、かつおなどの魚類

鶏ささみ・豚ヒレ肉などの肉類

チーズなどの乳製品

【亜鉛の吸収を阻害する栄養素】

食物繊維や豆類・種実類に多く含まれているフィチン酸、

加工食品に多く含まれている添加物など

→天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>の詳細はコチラ

イクオス





亜鉛 育毛サプリメントの摂取量について 

2016年04月03日(日) 23時52分
亜鉛の摂取量について。

亜鉛の一日の推奨量は、成人男性で12mg/日
成人女性では9mg/日とされています。

実際には、男性では平均8.9mg/日、
女性では平均7.3mg/日の亜鉛を食事から
摂取しています。

このことから、亜鉛の摂取量は、
推奨量に比べて少し不足気味です。

亜鉛は、ダイエット、インスタント食品などの
加工品を多くとると不足することが多くなります。

また、亜鉛は、お酒、ストレスなどによって、
消費量が増えます。

普段の食事を3食バランス良く摂ることが
亜鉛不足にならないポイントえす。

また、【亜鉛の耐容上限量】として、
成人男性が40〜45mg/日、
女性では30〜35mg/日となっています。

普段の食事から摂取する分にはこの上限量を
超えることはほとんどないです。

サプリメントなどの多用に摂取すると
過剰摂取になりやすくなります。

過剰摂取した場合の、亜鉛による副作用

・頭痛や発熱

・嘔吐

・倦怠感

・腎臓障害

・神経の障害

などが、あります。

普段の食事ではほとんど起こることはありません。

サプリメントの長期間、継続的な使用により
起こる場合があります。
亜鉛の服用する場合は、用法・容量を守りましょう。

→天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>の詳細はコチラ

イクオス




亜鉛が薄毛対策に逆効果になる? 

2016年04月03日(日) 23時52分
薄毛対策として、【亜鉛】が注目されています。

薄毛としての効果として、薄毛の原因の1つが、
男性ホルモンの一種「テストステロン」と
言われています。

これが、「5αリダクターゼ」という酵素と一緒に
なることで、「ジヒドロテストステロン」という
脱毛を引き起こす成分を合成します。

亜鉛は、「5αリダクターゼ」の働きを弱める効果、
「テストステロン」の分泌を促進する効果が
あると言われています。

亜鉛が薄毛に逆効果と言われている理由とは?

「テストステロン」が多く分泌すると
脱毛酵素と結合する確率が高くなります。

若いうちは、「テストステロン」の分泌が盛んです。

そこに亜鉛を摂取することで過剰な分泌となり、
脱毛を招くために、逆効果説が出回っているのかも
しれません。

亜鉛は、薄毛に効果があるとともに、
過剰に摂取することで、逆効果になってしまうと
言えます。

摂取量は、成人男性では、30mgが上限です。

サプリメントなど、利用する場合は、
過剰摂取をしないようにしましょう。

→天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>の詳細はコチラ

イクオス




前頭部・頭頂部の薄毛の原因・亜鉛の効果について 

2016年04月03日(日) 23時49分
男性の薄毛の多くの原因は、
AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

男性の多くの人が、前頭部。頭頂部に
主に薄毛が進行しやすいようです。

その原因として、男性ホルモンによる
ヘアサイクルの乱れがあります。

男性ホルモンである【テストステロン】が、
酵素によって、【ジヒドロテストステロン】という
ホルモンになります。

このホルモンが毛乳頭に働きかけることにより
髪の成長を抑制し、ヘアサイクルを乱すことにより
薄毛が進行します。

前頭部・頭頂部は、このホルモンの受動体が多く
見られることで、薄毛になりやすいと言われています。

【前頭部・頭頂部の薄毛対策】

・バランスの良い食事を心がける

・睡眠時間を十分に摂る

・運動などでストレスを溜めないようにする。

・タバコの禁煙・節煙を心がける。

・シャンプーは丁寧にし、頭皮の血行を促進する。

亜鉛は、薄毛の原因となる
【ジヒドロテストステロン】の発生を抑制する
効果があると言われています。

そのため、亜鉛が育毛剤や育毛サプリメントに
含まれている商品が多くあります。

→天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>の詳細はコチラ

イクオス