サミ・ヒンカとフクロウ

July 13 [Thu], 2017, 23:23
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。


人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。



周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。



インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。


食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。



今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療はかなりの費用を要することは確かです。保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。



ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。



後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。



手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。



もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる