弱虫だけど姑息な性格。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

October 15 [Mon], 2012, 23:37
"そんな弱々しい病原体が生き延びてこられたのは、「パッと消えて潜み続ける姑息な性格」をもつからにほかならない。「感染成功!」とばかりに暴れ回れば、人間サマとてセックスどころではなくなる。弱っちい病原体は弱っちいなりに、「下手に騒ぎ立てて新たな獲物を狙うチャンスを減らすより、じっとしているほうが得策」と心得ているらしい。
こうした戦略方針が今のところおおいに成功していることを認めないわけにはいかない。
STDの多くは、治療方法が適切でなくても、あるいは治療をしなくても、とりあえず自覚症状は消えてしまう。だから忠者も医者もだまされる。
「STDなんて私には関係ない」「万が一かかっても、すぐに治せる」、そんな甘い認識が弱虫クンたちの勢いに拍車をかけている。

「エイズは特別」ではないA
再発例での梅毒疹は、手のひらや足の裏に「すすをつけたような黒ずみ」として現れる。しかし普段はこのように典型的な症状はめったに見ることはない。ちゃんと治療がすんでいるのにこのような症状が出るのは、感染を繰り返す危険な環境にあるか、よほど免疫力が落ちていると考えなければならない。すなわちHIV感染が疑われ、事実そのとおりの結果になっているのだ。
STDの病原体の感染ルートは、みな同じだ。やってくる病原体が治療しやすいものばかりとはかぎらない。ルートが聞かれているかぎり、あらゆる種類のSTDに感染する危険性はつねにある。
STDとは関係ないと思われた症状から、HIV感染がわかった人もいる。
「風邪をこじらせて、二ヵ月も熱が下がらない」という患者さんがクリニックを訪れた。どうやら肺炎を起こしているようだ。胸部エックス線検査で確かめてみることにした。" クラミジアの気になる治療期間

テストだよ

October 15 [Mon], 2012, 23:36
これでOK?まずは試しに。 クラミジア危険大!オーラルに注意オーラルHでのクラミジア感染率クラミジアが温泉で移った・・・クラミジアはedの人にも・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aekbcd
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aekbcd/index1_0.rdf