テテオのローザ

August 08 [Tue], 2017, 15:07
浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所にお願いすれば得をするかと言えばそうとも言えないケースもままあります。

成功報酬の条件ではもし調査が不成功の場合、お金を払わなくても済むのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。

だから、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、求めているような人がいます。

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、いざ、自分がしてみると失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので並大抵のことではないのです。

勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

同じ電話番号の人から何度も繰り返し、また定期的にまた電話をかけ直していたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。

そういったことに気付いたらその電話をしている相手を割り出せますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手と電話をしたあとに着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。

普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。

また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。

無関係な人からみても明らかな浮気の証拠が必要です。

例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはしないほうがいいでしょう。

浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまう可能性を否定できません。

また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。

時間によって尾行料金が決まる場合、尾行をする時間が短い方が、少ない費用になります。

というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日常からパートナーの行動を調べ上げることが重要です。

最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットがあります。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

浮気の証拠をとらえるためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

しかし、探偵に依頼するのは調査料金も安くはないですから、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。

探偵へ浮気調査を頼んだら、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所が変われば料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。

実際の浮気調査では、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。

しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人ですることが多くなります。

浮気が確実なものとなったなら、再度相談をして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発見された時、離婚するかしないか迷って決められないですよね。

そうならないように、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、結果として成功した調査でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。

そのようなこともありますので、成功報酬であっても、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。

調査に対する実績なども確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すると安心です。

探偵には悪いところがなくても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、証拠が揃わないこともあります。

浮気調査を探偵に依頼しても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

うまく行かなかったときの報酬についても、調査する前にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。

探偵の仕事は依頼された調査を行えば終わりというものではありません。

浮気を調査していると、意外な問題が起こる場合もあります。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番に気にかけてくれる探偵が信頼に値する探偵と言えます。

信頼してもいい探偵なのかは、相談した時の対応などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

行動をメモしておくことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。

基本的に、日々の行動には習慣ができます。

しかし、浮気すると、そのパターンが揺らぎます。

時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを決定づけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。

しかしながら浮気の証拠を自力で集めようとしたら、相手に感づかれてしまう事もなきにしもあらずです。

その原因ははっきりしており、あなたの顔を覚えているからです。

浮気をしている事がSNSを通じて把握できることもあります。

SNSは名前を伏せて利用している事もあるので注意不足で相手が、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が多発しているように思われます。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載を記入している場合もあるのです。

相手のアカウントを知ることができるなら調査してみて下さい。

浮気の調査を探偵に任せ、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。

浮気調査の費用節約というと、できる限り事前に自分で調査をすることでしょう。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査資料になります。

毎日、仕事に出る時間、帰ってきた時間、電話がかかってきたならば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

浮気した事実をカーナビで証明できるのです。

カーナビから履歴を確かめ、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられる場合があります。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合気を付けてましょう。

それに加えて、しばしばもしガソリンを入れていたら、車を用いてデートされている場合があります。

探偵事務所の探し方として、利用者による口コミを調べると安心です。

当然、該当する探偵事務所の公式サイトに紹介されている口コミを参考にするのではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトにアップされている口コミを調べる方が信頼できます。

その探偵事務所の純粋な利用者による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながら粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して正面からの調査を行う傾向にあります。

探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と見てよさそうです。

結婚した人の不倫を調査を探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査にかかる時間が長いほど調査費用が高額になるでしょう。

探偵業者によって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでおぞましい戦場になるシーンは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうプロットもサスペンスにはありがちです。

情事の現場へ乗り込むのも方法としてアリです。

離婚まで覚悟しているならば、取っていい行動といえるかもしれないです。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は逆上してしまう場合があるのです。

貴方自身が大丈夫だと信じていても、実際の密会に居合わせてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースがこれまでに多くありました。

スムーズに物事を進めるためにも浮気の証拠を押さえるためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、相当低い料金設定であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、料金設定が細分化されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵社が安心安全です。

そして、業者として届け出をしっかり行っているのか確認が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼をやめておきましょう。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚しないままの方が良いこともあります。

子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気をした、されたといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。

請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

不倫をされてしまったら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判所が決定します。

日々の生活の中で、相手の行動を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、浮気の事実を決定づける証拠を入手するためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kazuma
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aeetc2enovw3lc/index1_0.rdf