オヤジの黒岩

February 14 [Sun], 2016, 15:54
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。これはなぜでしょうか。一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。この治療の費用は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soma
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aebyeotdynldsu/index1_0.rdf