引き取った子供の養育費や自分への慰謝料の要求を相手に行う場面で…。

April 04 [Mon], 2016, 1:56

自分一人で素行調査や浮気調査、後をつけるのは、多くの問題があるだけでなく、相手にバレることも心配なので、たいていの人が技術と装備のしっかりしている探偵に素行調査を頼んでいらっしゃいます。

「携帯電話の内容から明確な浮気の証拠を集める」などというのは、多くの方が行っている手法なんです。携帯やスマホは、間違いなく毎日一番使うことが多い連絡用の機器です。だから明確な証拠がそのまま残ってることもあるんです。

驚きの料金無料で知っておくべき法律や一括査定といった、抱え込んでいるトラブルや悩みについて、経験、知識ともに豊富な弁護士にお話しすることだって可能となっているのです。ご自身の不倫に関するトラブルを解決してください。

二人で協議したいときでも、浮気していた相手に慰謝料を請求する場合にも、離婚するとなったときに調停や裁判を有利な条件で前進させるにしても、明確な浮気をしていたという証拠を掴んでいなければ、希望どおりにはなりません。

悩まずに相談すれば、経費に応じた一番有効な調査の計画を示してもらうこともできちゃいます。料金体系がはっきりしていて技術的にも心配がなく、調査を任せられ、着実に浮気の事実の証拠を集めてくれる探偵事務所に依頼してください。


もし「夫って浮気をしてるんじゃないの?」と不信の目を向けたとき、だしぬけに喚き散らすとか、責め立てるのはいけません。一先ず状況の確認ができるように、あわてることなく冷静に証拠収集すればきっとうまくいくはずです。

「私の妻は誰かと浮気している」…これについての証拠を手に入れられましたか?証拠と認められるのは、文句なしに浮気相手がいることがはっきりわかる文面のメールや、配偶者以外の異性といちゃつきながらホテルに入る瞬間の証拠写真や映像等です。

パートナーの浮気相手を特定して、苦痛を味わわされたとして慰謝料の請求を行うケースが急増中です。とりわけ浮気の被害者が妻であったケースでは、浮気・不倫した相手の女性に対して「請求して当然、しないのがヘン」なんて流れになっているようです。

近頃夫のすることや言うことが違和感を伴っているとか、ここ数か月「仕事が終わらなくて…」なんて言って、帰ってくる時間がすごく遅くなったり等、夫に対して「浮気してない?」なんて疑惑の目で見てしまう状況も多いものです。

交際していた人から慰謝料請求があったとか、勤め先でのセクハラ問題、その他いろんな種類のお悩みに対応できます。ご自分一人で苦しまないで、強い味方になってくれる弁護士の先生に頼んでみてください。


離婚に至った原因として、「生活費をもらえない」「男女として性的に不一致」などもあると考えられますが、いろんな理由の根っこにあるのが「隠れて不倫をしているから」なのかもしれないです。

裁判の際など離婚の場面で認めてもらえる浮気の証拠と言えば、ナビなどのGPSやメールの履歴のみでは弱く、浮気相手と一緒にいる場面の写真とか動画が一番効果があります。プロの探偵などにやってもらう方が多くの方の選択肢です。

妻が浮気中かもしれないと信じられなくなってきたら、感情のままに動くのはNG。冷静に行動することを忘れると、証拠をつかむチャンスを逸して、とんでもなく悩み苦しまなければならないことになってしまう可能性があるのです。

引き取った子供の養育費や自分への慰謝料の要求を相手に行う場面で、相手に突きつける証拠の入手だけではなく、いったい誰と浮気しているのか?といった人物調査、更にはその浮気相手に関する素行調査も準備しています。

なんといっても不倫とか浮気調査の現場は、よくない条件での証拠となる場面の撮影任務がかなりあるので、探偵社や調査担当者が異なれば、尾行技術の水準や撮影のためのカメラなどに想像以上の開きがあるので、十分下調べをしておいてください。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アンリ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aebpe5ypt5mkte/index1_0.rdf