伊藤銀次の東錦

January 21 [Sat], 2017, 19:35
妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、その中でもママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸を十分に摂ることが一日当たり0.4mgと発表されています。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取がとても大変ですから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。
多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。それは寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には誰でも管理できるので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には良いですよね。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、少なくないですよね。大丈夫です。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でもどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった母親学級で指導された方も多いと思います。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は熱によって納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を十分な葉酸摂取を心がけてください。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は心掛けたいですね。
様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている代表的なものにイチゴやライチがあると普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事で葉酸を補給するのもアセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。簡単に葉酸を摂取したい場合は、葉酸をしっかりと良いですね。
妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。一般的に不足しがちなものだと言われています。代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも開発されています。サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。
葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科でお腹の中の赤ちゃんの産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。科学的な研究によって、明らかになっています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えば青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、妊婦が利用する場合も葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、必須です。では、普段通りの生活を送っていると、必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそうではないのです。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それが葉酸サプリを飲む事なんです。容易な摂取が可能ですから、大変重要な期間という事ですので、安心です。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が注意してください。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時は胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、良いでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる