お尻の黒ズミを改善する方法は自分のいえでお尻に

July 19 [Tue], 2016, 13:48

お尻の黒ズミを改善する方法は、自分のいえでお尻に特化したクリーム以外の解決もあります。


エステやレーザー治療などが存在します。


病院で黒ズミの塗り薬もありますが処方がほぼステロイドですので、副作用自体も心配です。


エステティシャンにお尻を見せるのは恥ずかしいでしょうしレーザー治療は金額も高いし、デメリットの方がありそうです。


黒ズミが気にしている、仕方がない女性は非常に多くいます。


オシリに出来るニキビ、そのあとが汚く残って黒くなっている方もかなり多いわけです。


病院やエステで観てもらうことは恥ずかしいと思う女性が多いです。


オシリには独特な過酷な環境となっています。


お尻の黒ズミを気にする人はオシリのケアに悩むと思います。


オシリに黒ずみが出来る原因をご存知でしょうか?オシリの特有な肌の環境になります。


お尻の肌状態は、普通とは全く違います。


汗の蒸れなどを下着で覆っている状態ですし、椅子に座ると圧迫でお尻まわりが固い状態です。


皮脂がお尻の皮膚の穴につまっているまま毎日の仕事をするのでお尻の皮膚全体が刺激とムレを受けています。


オシリのニキビあとが気になる時はライフスタイルを見直しオシリにやさしい生活を心がけることが重要となります。


下着や食事風呂でからだを洗う時にも注意することでお尻の黒ズミを阻止することが出来ます。


下着には特に注意して綿100%を使います。


ポリエステルなどの化学繊維ですが、刺激がありますので、お尻の肌に負担がかかります。


スポンジとかでも意識して注意しましょう。


お尻の皮膚が黒くなり恥ずかしいと思っている人はどういった場面で恥ずかしい思いをしていると思いますか?例えば彼氏と温泉に行ったり、社員旅行の着替えの時とか、みられたくないと思うかもです。


若くて色々と動く女性は、可愛い下着が着れないとか、ママさんの場合は子供のプールや風呂で恥ずかしい思いをするかもしれません。


ニキビ跡がオシリに出来るのが黒ズミになる理由という事を覚えておく必要があります。


アクネ菌がたまる環境のオシリは、ニキビも深く出来てしまう状態なのです。


蒸れと対照的に乾燥しやすいお尻独特の肌環境です。


このような環境下ですので、肌にストレスが溜まりターンオーバーが崩れ肌が硬くなります。


オシリの黒ズミが出来る部位ですが、どういった生活をしているかで変化がありますが、床がズレる部分やお尻の先端部分、足の付根の部分が多いです。


締め付けがキツイ場所も、黒ズミが出来る部分です。


普通でもお尻は擦れるため、ターンオーバーが乱れる様になるのです。


保湿をしてあげないと肌が黒く硬くなってくるのです。


オシリの黒ずみが出来るといっても、現状が変わります。


オシリに出来るニキビは座った時に痛みを伴いますしニキビの跡はそのまま放置すると黒ズミの原因になります。


あせもや生理前後のカブレなども黒ずみの原因として考えられることです。


下着のムレなどに細心の注意を払わないとすぐにオシリに黒ずみが出来ます。


オシリの黒ズミ以外も、デリケートなどの部分、擦れて起こるももの内側の黒ズミも、みんなにとっては悩みがある場所です。


おしりのザラつきは保湿を行ってあげることで正常になりますのでオシリのニキビ跡などの黒ズミはしっかりと保湿をすることがだいじです。


お尻の黒ズミやニキビなどに特化している保湿クリームも販売されています。


どうしてオシリの黒ずみ専用のクリームがあるのでしょうか?通常の保湿クリームではダメなのか?オシリの状態はお尻の肌の状態は普通とことなります。


だからお尻のケアに特化しているクリームが重要なのです。


お尻の肌の特性は顔などの状態ではないのです。


保湿は一般のクリームでは効き目がありません。


P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/aeaukey4n4wrlj/index1_0.rdf