女性ホルモンの作用に関して

December 11 [Fri], 2009, 16:40
女性ホルモンの作用に関して


女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、20代前半のピークを過ぎると徐々に減りはじめ、40から50歳で
減少のスピードがさらに速くなります。
エストロゲンが減ると、うつやイライラ、不眠、倦怠感などのさまざまな更年期障害の症状があらわれます。

女性ホルモン(エストロゲン)には、皮膚の保水力や弾力を保つ働きもあるため、40代に入って
その量が減ると、シワやたるみ、乾燥、シミなども目立つようになるということなのです。

女性の健康やお肌にとても重要な女性ホルモン
これの安定は美肌を保つのにも重要な要素なのです。

これらの女性ホルモンを安定させる化粧品が最近はやっているということなので
それをしようしてみるのもいいですね!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ae1soaj2
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ae1soaj2/index1_0.rdf