高脂血症の合併症は食事で防ぐ

October 05 [Fri], 2012, 14:27
高脂血症は合併症を引き起こす可能性がある病気です。
よくある合併症には、動脈硬化、肥満、心筋梗塞、脳梗塞などがあります。
血液関連の疾患が非常に多くなっています。

日本において、高脂血症は非常にポピュラーな症状です。
誰にでも発生するリスクがある反面、軽視されやすい症状でもあります。
高血圧や糖尿病、痛風が怖い症状であることは、多くの人が経験から知っています。
しかし、高脂血症と聞いても病気に結び付けるのが難しいという人は多いはずです。

高脂血症自体は、それほど怖くはありません。
しかし、血中にプラークが蓄積していき、血管が狭くなってくると面倒なのです。
血流が遮断されると、心筋梗塞、脳梗塞などの命に関わる合併症が発生します。
心筋梗塞、脳梗塞は、単発で発生するのではなく、何らかの生活習慣病の合併症として発生することが多いのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/o6i0n184195
高脂血症の合併症を防ぐ基本は食事になります。
ファーストフードは、なるべく避けたい食事です。
手軽で美味しい食事は、脂質や糖質が多いことがほとんどです。
かりんとうやショートケーキなどは、脂質と糖質の両方をふんだんに使用しているため、高脂血症を促しやすい食べ物です。

たくさん食べてもよい食事は、野菜を使ったメニューになります。
野菜は非常にカロリーが低いため、大量に食べてもカロリーオーバーになりにくいのです。
満腹感を得られながら、カロリーもカットできるのですから、高脂血症の食事メニューには欠かせません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きうちna4c
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる