豊永だけどみゆきち

August 19 [Fri], 2016, 1:24
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても変わります。一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、望んでいる条件の求人が存在するとは限りません。看護師資格を持つ方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思っている方が多いでしょう。求める条件に合う転職先で働くためには、情報の収集が重要になります。看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて早めに行動することが重要です。さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に合った転職先の情報を集めるようにしましょう。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験にも受かった人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。看護師の資格を取るには、何通りかの方法が考えられます。看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは受験できません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶという条件があります。看護師の勤めているところといえば、病院だと思うのが一般的でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の仕事です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのはほぼ不可能です。興味を持たれた方は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。転職サイトなら産業看護師の求人も数多く載っています。看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を推移しています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護師は、16時間などの当直により長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針では定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部かもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:聖
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/adtralfheitrts/index1_0.rdf