【 更新情報 】

スポンサード リンク

爪で健康チェック!

爪の健康チェックは、かなり昔から言われていることですが、確かに健康を害すると何らかのシグナルが爪に現れることが多いようです。

「爪は健康のバロメーター」とも言われる所以は、爪はもともと皮膚の一部で角質が変化したものですから、爪の色や形の異常は爪を形づくる部分に、栄養不良や外傷、炎症、感染などの様々な原因が加わって起こります。特に、手の指の爪全てに異常が見られる場合は、全身性の病気が疑われますので注意が必要です。

以上の理由から、爪は健康をチェックする上でとても大切なバロメーターなわけですが、健康状態の爪を知らなくては比較ができません。
健康な時の爪の状態がわかれば、爪の変化で病気などがチェックできるようになるわけですから、自信の健康な状態での爪の状態を覚えておく必要があります。

健康状態の爪は、透明度があってピンク色をしています。本来爪には色がありませんが、皮膚を流れている血管が透けて見えるためにピンク色をしています。
爪の形については、なだらかな弧を描いて根元の小爪(内側の出来立ての半月の部分)は三日月形をしています。表面は滑らかで艶が多少ある感じで、縦腺は年齢を重ねるごとに少し出てきます。
爪の伸び方については、1日約0.1o、1ヶ月に約3o伸び、健康なときほど早く伸びます(1日0.1〜0.5mm)

健康的な爪というのは、半月が全体の5分の1程あり、爪の長さの比率は、横幅が3に対して縦が4が理想とされています。
また、爪の色はピンク色が健康の証ですが、赤すぎるのは血行障害などが考えられ、白い爪は貧血やスタミナ不足をあらわすとされています。

爪 健康

爪と健康、病気の関連性

爪と健康の関係については、なんとなくご存知かと思いますが、爪の症状によって様々な病気が疑われます。
私たちは、毎日、爪を何度となく見ているはずです。ですから爪の形や色がおかしい場合はすぐに気がつくはずです。

爪と健康と病気の関連性を疑う前に、爪の異状には、実は爪自体の病気であったということもありますし、これは爪が皮膚とつながっていることもあり、何かしらの皮膚病に伴って現れることがあります。
しかし、もっとも大切なのは、爪の異状が身体の病気と関連しているときです。昔から爪は健康と病気の関連を指すことは知られていましたし、医者が診察する時には必ずと言って良いほど爪を見ます。

爪は、赤ちゃんと老人ではかなり違いますし、その人の生活環境や歴史までがわかるといわれることから「生活の年輪」ともいわれます。
そして爪にも皮膚と同じように加齢による老化現象があり、爪の縦線などはこれにあたります。また多少爪の硬さなどが変わっても病気とは言えない場合もあります。

したがって、どの様な爪の異常が健康を害しているのか?どのような爪の症状が内臓などの病気と関係があるのか?逆に、どの様な変化であれば心配はないのかを、知っておく必要があります。

縦線、横線と病気

爪に縦線が見える事がありますが、この原因は主に加齢によるものといわれています。この爪の縦線は爪の根元から真っ直ぐに先端に向かって伸びていて、触ってみると多少盛り上がっているものと、少しへこんでいるものがあります。

爪の縦線の程度は人によって様々ですが、初めは1本位が現れてそれが徐々に数が増してきます。40歳位から現れる事が多く加齢とともに数が増えていき50歳以上には、ほとんどの方に見られる様になってきます。

そしてこの爪の縦線の状態がひどくなる場合、「爪甲縦裂症」といって、爪が縦の方向に割れやすくなります。この爪の縦線は、老人性変形ですので全身性の病気や栄養状態とは全く関係はありません。縦線自体は老化現象ですから治療することは出来ませんが、爪甲縦裂症の様に爪甲が割れてしまう場合には治療が必要になります。

爪の横線の場合は、心身の状態が現れていますが、爪の横線については様々な原因がありますので、一概に推断することはできません。
しかしながら病気や体調の目安になりますので、もし爪に横線があるようでしたら一度病院で診察を受けることも考えてみましょう。