★キャスター櫻井★ 

February 20 [Wed], 2008, 3:37
今日からバレーボールw杯が始りますね。
バレー好きなウチとしては、さらに大好きな翔くんがキャスターとして大会に関わってくれる
って事ですっごい楽しみだし 全試合 テレビの前で応援しようと張り切ってます♪

と言っても 1人でぎゃーぎゃー騒いで、試合の展開にドキドキハラハラしてるだけなんですけど(笑)


今朝、「とくダネ」に翔くんが生出演しているのをたまたま観ていたんですけど

コメントする翔くんに向かって小倉さんが


「キャスターらしくなったね」みたいな事を言ったんですよね。

そうでしょそうでしょ〜♪ と褒められて喜んでたんですがその後


オグさん「あの頃は踊ってただけなのにね〜」


翔くん「歌ってました!歌って踊ってましたよ(笑)」

て会話が続いたんですが。。。。。


軽い会話だとは思うんです。じょうだんみたいな。

でもでも。。。。。


嵐はただキャーキャー言われて踊ってただけじゃないんですよ。。。小倉さん。。

デビューしたてで色々テンパりながらもレポートしたり 応援したり

学業との両立だって大変そうでしたよね。

学校でテスト受けて、地方の会場行ったとか翔くん言ってた。


そんなささいな会話ですけど聴いてて 

「違うんだよぉ〜オグさん〜(>_<)」と悔しさを噛みしめながら

1人熱くなっってしまったり。。。な朝でしたぁ。


てか あれから8年か〜 今回の平成くん達はどんな応援してくれるのか
ちょっと楽しみですね★


それはさておきッ 今夜の放送は9時スタートかぁ それまで何してよ(暇人。。。)

Mステでも観て久々のNEWSを観よう♪


 

ネタ切れ中〜 

February 15 [Fri], 2008, 11:53
更新がなかなか出来ません。

だってネタがないんだもん。(笑)

おやつは相変わらず毎日食べておりますが・・・。

秋って大好き♪味覚の秋♪

オシャレも楽しい季節だし♪

お鍋もできるし♪(←楽チン)

最近はスカパーよくばりパック(月5000円ぐらい)に入ったので

アメリカドラマばかり観てるかも。。。アハハ♪

※写真はある本屋さんの。インテリアセンスあふれてますの。
 並べ方、色合い・・・オシャレですの。
 非常に立ち読みしにくいですの。。。

心の癒し 

February 08 [Fri], 2008, 3:30
みんな小さかった頃、誕生日やクリスマスにロウソクをともして、小さい炎の揺らぎに、感動したことがあると思う。涙越しに見る明かりは、きれいですよね。そして、つらさの極地を味わった人こそきれいに見えるものだよね。そして、人が亡くなるときも炎のゆらぎ。仏壇の絵ロウソクなど、みごとなものです。昔から、人と密接に関わってきた炎も、最近じゃ電気だらけ、明るすぎる蛍光灯も黄色い明かりや間接照明にすることで、少しは、心おちつくかもよ、原始時代、料理が終わった炎で、暖を取って一家だんらんなんて、あったかもね^^今や百円ショップでこんなロウソク売ってるんですね。あまりデジタルな社会にのめり込むのもどうかと思いますね。そんなこんな言いつつパソコンでブログ。エヘヘ

チキンカレー☆☆☆☆ 

January 21 [Mon], 2008, 13:07
        チキンカレー(ムルギー カレー)〜♪













           ベースのカレーがしっかりとした味に仕上がってきたので







                定番のチキンカレーを作ったよぉ〜ん♪







                    
   ○材料




ベースのカレー        2カップ
玉ねぎ            半個分  (スライスか1cm角に切る。) 
トマトジュース        1カップ (トマトや水煮缶でもよい。)




骨付きの鶏もも肉       6〜8本 (もも肉は、関節で2つに分けるか、ぶつ切りに。)
ターメリック         小匙半分
コリアンダー         小匙5杯
カルダモン          2個
花椒             2粒
レットペッパー        適量 (好みの辛さにしてねぇ〜ん♪)
塩              小匙1ぐらい
水              1L
海苔の缶で作ったスパイス   少々
油              適量
    





   ○作り方



〓鍋に油を入れて火にかけ玉ねぎを40分ぐらい弱火で炒め、トマトジュースを入れる。
〓焦がさないように13分炒めてベースのカレーを入れてよく混ぜる。
〓ターメリック、コリアンダー、カルダモン、花椒、レットパッパー、塩を加えて混ぜておく。
〓別の鍋を熱し油を入れて鶏肉の表面を焼き付けてから〓の鍋に油ごと鶏肉を入れる。
〓鍋を強火で熱して一気に煮詰めてから水を加える。
〓強火のまま熱して沸騰したらアクが出るけど取らずに弱火にする。
〓36分煮込んでから海苔の缶のスパイスを加えて12分煮込み完成!!







              ラムチョップで作っても美味しいよぉ〜ん♪













                 片手にビールを持って食べてねぇ〜ん♪









                       〆には・・・





          チキンカレーにベースのカレーをたくさん加えたチキンカレーライス






茄子と鶏もも肉のカレーライス














次は、何カレーかのぉ〜〜??






                                         つづく・・・

さあ、ヨセミテへ出発〜^^ 

January 14 [Mon], 2008, 18:42
翌日早朝にツアーバスが迎えにきて、出発です。。




さあ、ヨセミテへ出発〜^^



ヨセミテに早朝出発して、荒野を走ります♪




ヨセミテへ行く途中1




ヨセミテへ行く途中2



ヨセミテ直前の小さな町でお弁当タイム^^



さあ。ヨセミテです。
写真の光景をみて、西部への流れ者も感動して涙を流したそうです♪
快晴ならもっと奇麗なんでしょうね。

管理人ヵラ皆さんへ 

January 09 [Wed], 2008, 7:49
私もたまに相談したいことがあります。ココに相談ごとを書くので
アドバイスしてください。  皆さんの相談にも出来るだけ答えたいと思います。

ねえ思い出してよこの丘の上倒れて抱きしめた 汚れを知らぬ子供のように見つめ合った日々を 

December 21 [Fri], 2007, 22:16
昨日の夜、昔からお付き合いをさせて頂いている知人のお宅へ伺いました。
お家をリフォオムされたとの事で見せて貰ったのですが窓がステンド硝子でとっても綺麗な模様なの!(中国のものだそうです)
思わず写真を撮ってしまったわ。全体に部屋が教会っぽくて良い雰囲気なのよ。
そして画像は其のお部屋の1部と、其の方のお部屋に積まれて居た御本(子供の頃御母様に与えられた儘1度も読んでいらっしゃらないとか・・・)。
見た目に惹かれて思わず撮ってしまった。
此の後、其の中よりアラビアンナイトを発見し完読。。。
(だってだって、「暴夜layla幻談」を聴いてからアラビアンナイトすっごく読みたく成ってしまったのだもの)

そしてもう1つの画像は私が1番食い付いてしまったペェジ・・・。
・・・そうです、アラビアンナイトの小話の1つ。。。
「宝のありか」・・・・・・・!!(もしかしてアリカ御姉様、此処から引用為さったのかしら)

食欲旺盛じゃいっ! 

December 14 [Fri], 2007, 3:12
がっつりいかせていただきますっ(・∀・)よっしゃー

ニードVSライク、レイドVSルーラ 

December 11 [Tue], 2007, 0:36
ニードVSライク、レイドVSルーラ

僕達はシルバーシティの南にあるウォーシティへと向かっていた。僕達が今いるスノー大陸の中で一番大きい町だという。シルバーシティで十分に大きいと思っていた僕の考えはどうやら甘かったらしい。
今僕達がいるのはシルバーシティとウォーシティのちょうど中間地点に当たる岩場だった。

「テイル、不意打ち。」

「ファイシャ、フレアドライブ。」

同時に指示が出される。まずはテイルの不意打ちが敵の隙をついて命中する。その瞬間に僕も火をまとって敵に体当たりをする。これで、残りは一体だ。その残りの一体が技を繰り出そうとする。その瞬間僕は煙幕を放ち、相手から自分たちを隠した。その間にテイルは後ろへ回り、ここからでは見えないがおそらくラスターカノンをお見舞いしていることだろう。煙幕が晴れるとやはり敵は2対とも倒れていた。
自分たちの負けを悟り、相手のトレーナーは自分のポケモンをモンスターボールに戻す。それからライクたちと一言二言話しをしてから去っていった。

「やっぱり、弱かったね。あいつら。」

テイルが笑顔でこちらに語りかけてくる。僕も相槌を打った。どうやらこの辺りにはトレーナーが多いらしく今のでもう4戦目だ。しかも、4戦とも全てがマルチバトルになっていて、その全てに僕とテイルで圧勝していた。
ライクとしてはクヌギダマも使いたいらしいが、クヌギダマ自体がダブルバトルを嫌っている。そのため僕を使うしかないのだ。

「バトルは1−1でやるものだ。」

これがクヌギダマの言い分である。とは言っても、あの対バクフーン・ジュカイン戦のときはダブルバトルの形だったけどちゃんと戦ってくれた。単にダブルバトルができないと言うわけではないらしい。そして、テイルのほうは何故か、ルーラがメグを出そうとしても絶対に譲らないため結局このペアでしか戦っていない。お互いにサポートしたりと上手くやっているので別に不満はないけれども、やっぱりたまにはクヌギダマやメグとも組んでみたいと言う本音だった。
あれからいくつかバトルの誘いがあったけど、ライクを全てを断った。トレーナーの世界ではバトルを断ることは無礼な行為に値するが、さすがに4戦も連続でやるときつい。ルーラはともかくライクはバトルにはやっと慣れてきたと言う程度なのだ。それも当たり前だろう。

しばらく休んだ後、僕達は再びウォーシティへ向けて歩き出した。途中にいくつかのマルチバトルをこなしたので、ウォーシティについた頃にはクヌギダマとメグを除いた全員が疲れきっていた。僕達はそのままセンターへ向かい、ゆっくりと休む。センターのベッドはとてもふかふかだったようで、皆すぐに寝入ってしまった。僕もモンスターボールの中で眠りについた。

明朝、僕達は爆発音で起こされた。驚いて、ライクが窓から外の様子を見てみる。どうやら、何か大きな建物の中で爆発が起こったようだ。僕達も急いでそこへ向かおうとして、センターを出たときそれに出会った。

「まてよ・・・ライク!」

ライクが自分の名前を呼ばれ後ろを振り返った。つられて僕達も振り返る。そこには懐かしい影があった。

「ニー・・・・ド?」

ライクが驚いた様子で聞いた。ニードとは南のサニータウン出身の少年だ。そして、ライクの友達でもある。

「お前も旅に出てたのか・・・。」

ニードはそういって、腰につけていたモンスターボールに手を伸ばす。バトルをやろうと言う合図だ。ライクが我にかえって断ろうとする。しかし、ニードは全く譲りそうになかった。

「ルーラ、先に行っててよ。」

ライクがルーラに静かに言う。ルーラもこくんとうなづいて走って行った。
ルーラがいなくなったのを見て、ニードはボールから亀の姿をしたポケモンカメールを繰り出してきた。ライクは僕をボールから出した。相手は苦手な水タイプだが、何とかするしかない。カメールはかなりの経験をつんでいるのか、その構えに隙はなかった。

「シャーク、猫だまし。」

そう指示が飛んだとき、僕の目の前にはもうカメールがいて、僕の目の前で何かをした。そのスピードは速く一体何が起こったのかわからなくなった。

「シャーク、水鉄砲。」

その間にカメールは僕に向けてたくさんの水を放つ。しかし、僕は一瞬どうなっているのか判断がつかず動けなかった。

「ファイシャ、よけて!」

直撃寸前のライクの声で僕はとっさに右に飛びのいた。つづけて、火炎放射を放つ。しかし、カメールは直撃を受けたにもかかわらずぴんぴんしていた。そういえば、ニードはずっとカメールのことをシャークと呼んでいる。おそらくカメールのニックネームなのだろう。
ライクの指示はないが、僕は追撃に原始の力を放つ。しかし、シャークの前には何か壁のようなものができていた。それによって僕の放ったコンクリートは(下の地面はコンクリートだ。)逆方向へ――つまり、僕のほうへ飛んできた。しかも、スピードはさっきのそれの2倍はある。

「燕返しだ。」

ライクの指示ですぐにカメールの後ろに回りこみ、技を放とうとした。しかし、カメールは空の中にこもり防御を張った。甲羅に技を当てたが僕の攻撃はほとんど効いていないようだった。


爆発があったとこにはたくさんの警官と、それと張り合うように一人の男が立っていた。あたしとルーラ、それにメグはライクに言われたとおり爆発が起こった場所へ急いだ。そしてそこで見た光景がそれだった。こういうときにつきものの野次馬は何故かいない。おかげで全体を見ることができた。
不意に、警官に囲まれていた男がボールを取り出し、ポケモンを出した。でてきたポケモンは全身が岩でできているゴローニャだった。しかも本来の色ではなく、黒色をしていた。ゴローニャが足踏みをしたかと思うと私たちの立っている地面が揺れ始めた。その揺れのせいで警官による方位は完全に解けた。男は悠々とその間を通り抜けようとする。

すると、ルーラが動きだし、男の前に立った。

「・・・・どけ。」

男が低い声でそう言った。その言い方には凄みがあった。しかし、ルーラはひるまなかった。

「どかない。」

男を見てそう言う。

「ならば、仕方がないな。」

そう男が言ったときにはゴローニャがきていた。あたしも負けじと前に出る。すると、ゴローニャは大の形をした火を放ってきた。あたしは守るでそれを防ぐと黒い球体のシャドーボールを放つ。ただし、これはコントロール重視でうったため、威力もスピードもそんなにでていない。だからゴローニャが避けるために動いたときに追撃を用意していた。しかし、ゴローニャは避けるどころか全く動かず、シャドーボールを正面から受けきった。

「気合球。」

ゴローニャはエネルギー弾を作り出し、それをあたしに向かって放った。しかし、それは私の右側を通り抜け不発に終わった。すかさず、私もラスターカノンを放つ。が、それはゴローニャの気合球と相殺されてしまった。

「テイル、シャドーボール。」

あたしは今度は全力でシャドーボールを放つ。しかし、またゴローニャは避けようとせずそれを受けた。そして見ると、ゴローニャは全くダメージを受けている様子ではなかった。それから何発もゴローニャに向かって放つ。だが、何発打ったところで全くダメージはなかった。どうしようもなくてルーラのほうを振り返る。けど、ルーラもどうすれば分からないらしくただあたしを見るだけだった。
ゴローニャがゆっくりとあたしに近づいてくる。ゆっくり、ゆっくり、1歩、1歩・・・・・どんどん頭の中が真っ白になってくる。自然と後ずさりをしていた。

「やだ・・・・。」

やっと言えたのはそれだけだった。ついにゴローニャが腕を後ろに引き、攻撃に入ろうとする。あたしはただ後ずさりをするだけ・・・ついにゴローニャがあたしに突進してきた。あたしはただ見ているしかできなかった。そして、ゴローニャのこぶしがあたしの目の前まで来る。
しかし、そのゴローニャは数メートル先に吹っ飛んだ。そして、あたしの前には・・・・ファイシャがいた。


改造されたと思われるゴローニャがいましもテイルに技を繰り出そうとしている。僕は急いで燕返しでゴローニャを殴りつけ、数メートル先に吹き飛ばした。テイルはただ震えている。そんな様子を見てか、ルーラがテイルをボールに戻した。
ゴローニャはもう復活したらしく、体制を整え終わっていた。そして、たくさんの岩を僕に向かって放ってきた――。

ばぁとぉん 

December 06 [Thu], 2007, 17:45
もう1つのブログから持ってきた↑




○ まずあなたのニックネームを ●

うちはハルナかハルちゃんって呼ばれる



○ 何年何組なの? ●

5年3組  もうエロいのなんので・・・・・



○ 男子何人女子何人? ●

 男子15人 女子17人 計32人




○ 全校生徒何人? ●

 600ぐらい




○ 全部で何クラス? ●

 学年3クラス




○ 席は? ●

 窓側から3番目の一番後ろ



○ 制服はブレザー?セーラー? ●

私服だよ




○ 係りや委員会には積極的に参加してますか? ●

係りかぁまぁやってる・・・ヤベェ



○ 清掃場所は? ●

いろんなところトイレもありめんどくさい



○ いつもクラスで何人の子とつるんでるの? ●

9人ぐらい いつも きもいこと ばっかり・・・




○ 学校でのあなたのテンションは? ●

びみょ〜



○ 今まで学校でやった1番悪いことは?! ●

言いたくない・・・・



○ ぶっちゃけ好きな子いる!? ●


 ノ=



○ 現役学生の大切なブログ友ダチ(学校生活が知りたい子)5人以上に回しましょう!●


まわす!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:adremo1072
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» ★キャスター櫻井★ (2008年10月21日)
アイコン画像真那斗
» ★キャスター櫻井★ (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» ★キャスター櫻井★ (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» ★キャスター櫻井★ (2008年10月10日)
アイコン画像チャーリー
» ★キャスター櫻井★ (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» ★キャスター櫻井★ (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» ★キャスター櫻井★ (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» ★キャスター櫻井★ (2008年09月16日)
アイコン画像佳奈美
» ネタ切れ中〜 (2008年02月19日)
アイコン画像京平
» 食欲旺盛じゃいっ! (2008年02月19日)
Yapme!一覧
読者になる