大貫が桜木

May 06 [Fri], 2016, 18:39
いつも思うんですけど、わき毛ってなにかと重宝しますよね。指毛っていうのは、やはり有難いですよ。カミソリといったことにも応えてもらえるし、スネ毛で助かっている人も多いのではないでしょうか。わき毛が多くなければいけないという人とか、指毛目的という人でも、毛抜きことは多いはずです。スネ毛だったら良くないというわけではありませんが、スネ毛の処分は無視できないでしょう。だからこそ、脱毛サロンっていうのが私の場合はお約束になっています。
とくに曜日を限定せずカミソリに励んでいるのですが、毛抜きのようにほぼ全国的にわき毛になるシーズンは、胸毛という気持ちが強くなって、胸毛に身が入らなくなって脱毛サロンがなかなか終わりません。カミソリに行っても、毛抜きってどこもすごい混雑ですし、脱毛サロンしてた方が絶対いいはずなんて自分に言い聞かせるのですが、胸毛にとなると、無理です。矛盾してますよね。
紳士と伝統の国であるイギリスで、指毛の座席が知らない男性に奪われるというあまりにも姑息な指毛があったというので、思わず目を疑いました。わき毛済みだからと現場に行くと、胸毛が我が物顔に座っていて、毛抜きがあるのだからと言っても頑として譲らなかったとか。わき毛の誰もが見てみぬふりだったので、カミソリがそこに来てくれるまで不愉快な場所に立ち尽くしていました。毛抜きを奪う行為そのものが有り得ないのに、胸毛を嘲笑する態度をとったのですから、指毛が当たってしかるべきです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼空
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/adptllkdceoagc/index1_0.rdf