米大リーグのブルワーズは25日、カージナルスからフリーエージェント(F

March 26 [Tue], 2013, 14:01
米大リーグのブルワーズは25日、カージナルスからフリーエージェント(FA)になったカイル・ローシュ投手(34)と3年契約を結んだと発表したスポーツ専門局ESPN(電子版)によると、契約総額は3300万ドル(約31億円)
 ローシュは昨季、16勝3敗、防御率2.86の好成績をマークし、大リーグ通算では118勝109敗、防御率4.45オフのFA市場の目玉選手だったが、所属先が決まっていなかった 東日本大震災で流失した宮城県石巻市北上町十三浜の民宿「相川荘」の跡地で、今も行方不明の経営者夫婦の娘2人が25日、ボランティア団体と一緒に桜の苗木を植樹した姉妹は「花が好きだった両親に見てもらいたい」と祈りを込めた
 姉妹は東松島市赤井の自営業勝又ゆり子さん(59)と、石巻市大街道南4丁目の自営業斎藤美代子さん(53)被災地支援で桜を植樹している「栃木さくら11実行委員会」(栃木県)の協力で、ソメイヨシノの苗木20本を植えた
 父小山功さん=不明当時(82)=と母マサ子さん=不明当時(80)=は自宅隣で民宿を経営数年前から功さんが体調を崩し、マサ子さんが切り盛りしていた
 震災当日、近所の人が高台に逃げるよう声を掛けたが、マサ子さんは「この人を置いていけない」と寝たきりだった功さんから離れず、家ごと流されたという勝又さんは「守ってあげられなかった」とうつむく
 斎藤さんは、結婚間近だった長女仁美さん=当時(24)=も津波で失った行方不明となった仁美さんを捜し回り、遺体と対面したのは震災から約2週間後の3月24日マサ子さんの誕生日で、斎藤さんは「母が会わせてくれたようだった」と目を潤ませた
 ことし1月、さくら実行委が植樹場所の提供を呼び掛けていると知り、連絡した「花が大好きで、人が来ることを喜ぶ両親だった民宿跡地が花でいっぱいになり大勢の人が見に来たら、きっと喜ぶはず」と勝又さん斎藤さんも「両親と娘のためにも、頑張ってきれいな花を咲かせたい」と話した
 実行委会長の警備会社社長佐々木勇一さん(46)は石巻市出身で、実家を津波で流された「桜は日本人の心の花桜を見ることで、被災者に元気になってほしい」と願っているオフのFA市場の目玉選手だったが、所属先が決まっていなかったサングラス スポーツオフのFA市場の目玉選手だったが、所属先が決まっていなかったサングラス オークリーオフのFA市場の目玉選手だったが、所属先が決まっていなかったiphone 4G ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/adnofwseb/index1_0.rdf