新作 ルイ ヴィトン【LV】【赤】 SAMSUNG galaxy S5 / Galaxy S4 / Galaxy S3 ケース SAMSUNG Note2 / Note 3 携帯カバーの通販専門店

August 05 [Tue], 2014, 13:02

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneの"買いどき"はいつですか?」という質問に答えます。

***

ズバリ、iPhoneの買いどきは「ニューモデルが発売された当日」です。新しもの好きにはたまらない……という趣味的な観点からの意見はさておき、これまでほぼ1年間隔でニューモデルが発売されているiPhoneのこと、約1年間をフルに最新機種として使い続けることができます。発売から半年後に購入すれば、ニューモデルの状態は半年に短縮されるわけですから、"最新のiPhone"を最重視するのであれば発売から間を空けずに購入すべきでしょう。

とはいえど、携帯電話会社との契約は2年ごとに見直す消費者が大半ですし、毎年新しいiPhoneに乗り替えるほどの情熱は持ち合わせていないかもしれません。家庭の金庫番もそうは許してくれません。となると、2年おきの乗り替えが案として浮上してきます。

iPhoneは「iPhone 4」の次に「iPhone 4S」、「iPhone 5」の次に「iPhone 5s」と、大変更で数字増/その翌年は「s」を加えるパターンで来ていますから、順当にいけば2014年秋は「iPhone 6」、2015年秋は「iPhone 6s」となります。未来のことはわかりませんが、自分は数字増の年に機種変更する、などと携帯電話会社との契約に機種変更のサイクルをあわせるのも1つの方法です。

この春、携帯電話各社はiPhoneを対象にしたキャッシュバックキャンペーンを積極的に展開しています。特に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)制度を利用して他社から乗り替える場合には、店舗や曜日など申し込むタイミングによっても異なりますが、1台あたり数万円の商品券をもらえるケースもあるそうです。前述した「ニューモデルの期間」は短くなりますが、2年ごとの機種変更タイミング一致するのであれば、おトク度は高いといえるでしょう。

(海上忍)




航空機の中でのエンターテイメントサービスはここ数年の間に、大きな進展を遂げているのですが、機内に搭載されている小さなディスプレイでしか楽しめないのが難点でした。今回、アメリカの大手航空会社であるユナイテッド航空は、乗客が機内に持ち込んだiPadなどのタブレット、iPhoneなどのスマートフォンなどの機器を使用し映画やドラマなどの機内のエンターテイメント番組を楽しめるサービスを開始すると発表しました。
 
ユナイテッド航空によりますと、今年4月から新しく導入するエンターテイメントシステムで、乗客は持参した端末を使用し150以上の映画や約200のTV番組を無料で楽しむことができると発表しています。当初はiPadやiPhoneをはじめとするiOSデバイスでサービスを提供し、Android端末やその他の機器には今年後半に対応する予定だと述べています。 galaxy s4 ケース prada
 
このユナイテッド航空のエンターテイメントシステムを利用するには、使用する端末に専用のモバイルアプリをダウンロードする必要がありますが、このアプリも無料で提供されます。
 
アメリカ連邦航空局(FAA)は航空機内でのiPadやiPhoneなどの携帯端末の利用の制限を緩和しており、ユナイテッド航空はこれにいち早く対応した模様です。
 
日本国内では、JALが国内線で、機内Wi-Fi接続を使ったスマートフォンへの機内エンターテイメント配信を7月から順次開始すると発表しています。
 
今後、iPhoneやiPadを持った空の旅は、どんどん変わっていくかもしれませんね。
 
 
参照元:BGR 、JAL
執 筆:リンゴバックス


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/admin253/index1_0.rdf