さよなら、ヤプログ 

March 08 [Wed], 2006, 23:43
長らく更新が滞りまして大変申し訳ありません。

私事のため、なかなかブログに取り掛かれない日々が続いておりました。


ところで、今回はお知らせです。


2006年3月8日をもちまして、ヤプログから移転して
新しいブログサービスにお世話になることに致しました。

まだ完全な引越しとは言えず、
過去の日記をヤプログに放置している状態なのですが
いずれは新しいブログに移動させるか、
あるいは何らかの形で残しておきたいと思っています。
皆様の大事なコメントは当方で大切に保管させて頂きます。

突然のことで、本当にすみません。

元々ブログの引越しは考えていたのですが、
ここまで急に変更宣言をするとは、自分でも思っても見ませんでした。
しかし色々とヤプログの方向性や使い勝手が厳しくなり
このままでは私事のせいでなくとも更新意欲が薄れていくのは間違いなく
その危機感から、思い切って移転に踏み切ってしまおうと考えた次第です。

移転先はこちらです。

http://admerateaux13e.blog56.fc2.com/

初心者なりの条件や使い勝手を考えつつ色々と悩んだのですが
結局「五十歩百歩」のたかKさんと同じところで落ち着きました。


有難くもリンクを張ってくださっている方
畏れ多くもブックマークして下さっている方は
大変お手数なのですが、ご変更下さいますようお願い申し上げます。



夢の世界 

March 01 [Wed], 2006, 23:31
先日のこと。

明日の用意を済ませ、いざ寝ようと布団に入ったところ
隣の布団で一足先に休んでいるオットが寝言を言っているのに気づきました。

くぐもった声で
「頼む…頼むから…」
と繰り返すオット。

あれ、もしかしてうなされてる?
心配になって起き上がり、揺り起こそうとしたその瞬間。


「頼む!ゴミを捨てに行ってくれぇぇぇ〜!!」



…。
……。

オットよ。
そんなにイヤだったのか?ゴミ捨て係が。

ハイリハイリフレハイリホー♪ 

February 27 [Mon], 2006, 23:18
私は植物が苦手です。
や、キライって訳じゃないですよ。
見ている分なら何の問題もありません。むしろ花とか好きだし。
ただ何というか、植物と私が非常に相性が悪いと申しますか。

要するに、私が関わると何故か彼らはことごとく枯れてゆくのです。
自分が歩いた後には草木一本残らない。そんな感じ?

知識不足もあるでしょう。
日照時間や水やりの加減とか、温度湿度とか全然分かっていない女です。
しかしそれだけではない気もします。
「手入れの殆ど要らない観葉植物」をどれだけ枯らしてきたか。
どれだけ、青々とした植物達を無残な屍に変えてきたことか。
これはもうある種の才能としか思えません。もちろん負の才能ですが。


そんな訳で、ウチのベランダには長いこと「枯れかかったポトス」
「"最後の一葉"一歩手前のカポック」の二つがぽつんと置いてあるだけだったのですが
数ヶ月前にオットが「これではいかん」と一袋の種を買ってきました。
何の種かと聞いてみると、彼はクローバーだと答えたんです。

「クローバーって…雑草じゃないの?」
「雑草みたいに生えてる場所もある。…だからきっとこれは枯れないと思うよ?」

枯れないから、育てやすいだろう。
オットはそう言って広い鉢にクローバーの種を蒔きました。
きっと彼なりに、我が家の寂しいベランダを何とかしようと思ったのでしょう。

毎朝水をやって日に当てていたところ、
程なくクローバーの可愛い芽がいっせいに土から飛び出しました。
(可愛い…)
びっしりと生えた、小さくて丸いベイビーリーフにオットも私も大感激。
久しぶりに見たみずみずしい緑に心が躍りました。
特にオットはこの若芽に非常にご執心で、朝出勤前に水をやり
夜は帰宅後にわざわざベランダにでて様子を眺めるくらいの可愛がりようでした。

大〜きくなれよ〜♪(´∀`)(´∀`)


ところが。


「ねえオット。これ、何?」
「……」

クローバーの若芽が吹き出して数日後。
明らかに異種と思われる2本の芽を発見したんです。

ドレスコード・イン・ザ・ヨガスタジオ 

February 24 [Fri], 2006, 23:58
相変わらずホットヨガに通っています。
毎回、汗をたくさんかいてとっても気持ちいいです。

ところで。
今の会社がもうすぐ6年目、結婚して5年目になる私にとって
実はこのヨガの場は、久しぶりに飛び込む新しい環境なんです。

毎日付き合わせる顔とは違った、未知の人達と一緒に
何かをするのはとてもいい刺激になります。
世の中って、色んな人がいるんだなあ。
毎回、そんな新鮮な驚きを感じるのが結構面白い。


大体が若い人たちばかりですが、たまに年上の人も見受けられます。
30代後半の女性が、20代の若い男を連れてベタベタしながらスタジオで喋ってたり。
「やだ〜今日まークンしかオトコノコいないよ?メンズ一人だけェ〜?キャ〜(≧∇≦)」
そんな、あまりさわやかでない二人の会話に

…男が一人なのに「メンズ」とはこれいかに…?(-公-)(-公-)(-公-)

と周囲のレディースたち(私を含む)が殺気に満ちたツッコミを入れたりして。


先生も色々です。
お嬢様のようにカワイイ先生もいれば
目力が凄くて生徒にガン飛ばしてるように見える先生、
前髪と、サイドの髪がパッツリ切られていて不思議なヘアスタイルの先生。
それぞれ
「お嬢先生」
「眼力先生」
「うわさの姫子先生」(知らない人スミマセン)
とこっそりアダ名をつけました。


そんな興味深い発見が出来るヨガスタジオで、先日。
いまだかつてない衝撃的な人物を目撃したんです!




通勤電車にて 

February 22 [Wed], 2006, 23:23
先日の朝、電車を待つべく並んでいたのですが
何とはなしに前に立っている人を見てビクッ(゚Д゚;)としてしまいました。

20代と思われる女性。
髪→金髪
服→オールレザー(黒)、
体中からシルバーアクセ&破けた布(コーディネート?)がハミ出てる
化粧→怖い、とにかく怖い

……お、お嬢さん…((((;゚Д゚))))コワスギデス

かなりキメた女の子でした。ヤンキー?
後姿ながら威圧感がバリバリ伝わってきて、ワタクシもう動けません。
ちょっと肩とかぶつかったら、怒られるんだろうか…(しっかりしろ、年上!)

するとおもむろに彼女が携帯電話を取り出します。
怖ろしさゆえに目が離せなかったワタクシ、
つい彼女の携帯電話の待ち受け画面を見てしまいました。
(て言うか、目に入った)

その待ち受け画面には。

画面→真っ黒
待ち受け画像→赤い髑髏(!)
そしてその下には、同じく真っ赤な文字で大きく「挑戦」と書かれてました…。

ち、ちちち挑戦…?何に?!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
黒字に赤い文字のせいで、やたら血生臭いチャレンジを想像してしまった私。
ととととにかく、(T▽T)あまり刺激しないようにしよう。

そう思い、とりあえず大人しく彼女の後ろについて電車に乗りこみ
その日は少し緊張しながら渋谷に着いたのでした。





ああいう世界を持ったヒトもいるんだなあ。

別に彼女のスタイルをどうこう言うつもりはないけど(てか、言えませんって)
一本貫き通ったその姿勢にちょっと感じさせるものはあったかもね。
や、ほんと、ある意味勉強になりました。



ところで。
できるものなら一つだけ、彼女に質問をぶつけてみたいのですが。

あれだけ威圧的、攻撃的な雄々しいスタイルでいながら
どうして乗ってるのは「女性専用車両」だったんでしょうかね。お嬢さん。

鼻とゆめ 

February 21 [Tue], 2006, 23:28
ミソジの男性は、初代ガンダム(最近はファーストガンダムと言うらしい)を見ると
たちまち"男の子アドレナリン"が脳内にびゅーっと放出して
子供時代にトリップできるのだそうです。

そこでちょっと考えました。
私達世代の女性にとってガンダム的存在に値するのは何なんだろう?

私としては、是非この作品を挙げたい。

「ガ ラ ス の 仮 面」 (゚∀゚)プッ


本来は「ときめきトゥナイト」あたりをぶつけるべきでしょうが、
私的にはもう断然ガラスの仮面です。

連載当初、私はまだ3歳くらいだったのに、いまだ完結していない作品。
けれどそのストーリーの面白さにハマったらもう抜けられない!
主人公の北島マヤ(貧乏でうだつのあがらない中学生という設定)が、
ある日女優の才能を見出され、めきめきと腕を磨いてゆく。
そしていつしか姫川亜由美なるライバルと共に「紅天女」の役をめぐって激突する…
とまあ、こんな感じのマンガです。

いやもう、本当に面白いんですよ。
まず主人公マヤの演技がハンパじゃない。
誰もが彼女の演技に息を飲むわけですよ。その緊張感がビシビシ伝わってくるんですよ。
そしてライバルの姫川亜由美も凄い!
主人公が天才なら、ライバルは秀才!努力家!
その上主人公に意地悪をする従来のライバルとは違い、
あくまで正当な場で正当な勝負を挑む高潔なスポーツマンシップの持ち主。

主人公マヤはその才能ゆえに、心無い人から色々な妨害を受けるのですが、
何とか自分で切り抜けたり、姫川亜由美に助けられたり
(「私のライバルにこんな所で消えられては困るのよ!」
 とか言われちゃって…こっちが照れるっての)
まあその、少女漫画なので男性キャラがしゃしゃり出てきて救ってくれたりする。

何かもう、マンガを越えて大河ドラマでも見ているような気分にさせられたものです。 ナツカシ〜



ずっと、憧れてました。 

February 16 [Thu], 2006, 23:08
昨日、健康診断の結果が郵送で送られてきました。

いつも大した病気も見つからずそのままざっと流し読みをして
どこかにしまうのが通例なのですが、今回はちょっと驚く結果に。

なんと。

このトシで。

胃下垂(要経過観察)になりましたぁ〜!


胃下垂というとアレですよ!

「○○子って、何でそんなに食べてるのに太んないの?」
「あー、アタシ胃下垂だからさ」


というマンガや小説のセリフで有名な胃下垂ですよ!
つまり「食べても太らない」という夢のような病名なのですよ。
(どんな仕組みかは分かりませんが)

思春期の頃からずっと憧れてたんです。
私も胃下垂になって、体形を気にせず思う存分食べてみたい!
ビバ胃下垂!カモ〜ン胃下垂!

と、ずっとずっと願っていた症状にようやく出会えました。


食べても太らないカラダになれた…!(*´∀`*)ウレシー
これからは焼肉でもラーメンでも、何でも来い!

…。
……。





まあでも、とりあえず今どのくらい胃下垂の効果が現れてるか
久しぶりに体重計に乗って見てみようかな♪



…。
………。





その時、私は悟りました。

胃下垂だけでは「食べても太らない要因」にはならないことを…_| ̄|○フエテタ

ヒトとして 

February 15 [Wed], 2006, 23:16
今日、お昼の時間に許し難いニュースを読みました…。

18歳の無職少年3人が小学校で飼ってたウサギを一羽持ち出し
サッカーボール代わりにして蹴って遊んで殺してしまったそうです。
死んでしまったウサギは川に捨てたのだとか。
ウサギを飼ってた小学校の飼育係4年生はとても心配して
貼り紙まで作って探してたそうなのですが…。

あまりにも酷い結末に言葉を失いました。

何でそんなことするんだろう。
自分より弱い生き物の生殺与奪を弄ぶことがそんなに楽しいか?
職も無く学も無いアンタ達だって、
はっきり言うけど人間の世界では何の力も存在価値もないじゃない。
あまりにも自分が何も持ってないから、不安で、自信が無くてたまらないんでしょ?
だから、誰かや何かを攻撃したり奪ったり小バカにしたりして
むりやり格下に引きずり下ろして嘲笑っていなきゃ、
その不安を忘れることができないんでしょ。

悪いけど、そんなアンタ達よりかウサギの方がよっぽど尊い存在だよ。

本当に、許せない。

と真昼間にプリプリ怒り狂っていたら、今度はこんな記事を見つけました。


ファミリーフッド 

February 14 [Tue], 2006, 23:16
(日曜、月曜とトリノ五輪のスノボ競技を見て)


兄妹たちよ

技術的にも、そして精神的にも

これから更なる進化を遂げたいのであれば

とりあえずお父さんと仲直りしてみてはいかがでしょうか…?




反抗期や第二次成長期をとっくに過ぎて丸くなりきった、某ミソジより。

(やっぱり何をするにも、成功の基盤は"家族円満から"だと思うんです…)

ブラッディ・バレンタイン 

February 13 [Mon], 2006, 23:51
明日はバレンタインデーですね。
皆さん、もうチョコレートの用意は済みましたか?

私はまだです…。

会社帰りに京王百貨店か新宿タカシマヤで買えばいいやと算段。
手作りは致しません。
何故って…

私は手作りチョコとの相性が悪いので_| ̄|○


一度か二度作ったことはあるんですよ〜。
トリュフ(ココナッツパウダー入り)とか、チョコバーとか。
けれど完成品は何故か
「白い毛がびっちり生えた泥だんご」とか
「錆びきった建築材」みたいに
ものっすごく見栄えの悪いものに…。

溶かして、こねて、再形成する作業がダメみたいです。
「冷やし固める」のも苦手。
(気になってついつい途中で触ってしまうから)



なのでいつも、チョコは既製品で済ませています。
てか、この時期のチョコはとっても美味しそうですよね。
フランスとか、ベルギーとか、とにかく欧州系のショコラティエ(何故か顔写真つき)が
高くて美味しそうなチョコをどんどんデパートで売り出してくる。

そんなキャッチーな製作者につられ、
オットのためというのは建前、本音は自分が食べたいがためにチョコを買ってる私です。



まそんな訳で、今年もオットと買ってきたチョコをめぐり
激しい死闘を繰り広げることになるのでしょう…。


オット主張:「俺へのチョコなんだから、全部俺のだァァァァ!」
私主張:  「二人で食べようと思って買ったんだから、半分くれー!」


P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ミソジ兼業主婦
名前:hato
職業:主婦兼会社員
年齢:ミソジ。 イチロー、松嶋菜々子夫妻、中村ノリ、稲垣吾郎、篠原涼子、Puffy亜美、中澤裕子、はしのえみ、友近(敬称略)、そしてオットと同学年です
星座:おとめ座
ラヴ:有意義な買い物をすること。読書
家族構成:オットと横浜で二人暮し
ダイアリーヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!ダイアリーヤプニティ
http://yaplog.jp/admerateaux13e/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:admerateaux13e
読者になる
Yapme!一覧
読者になる