宅建テキスト

March 23 [Mon], 2009, 22:29

宅建テキストは、多くの種類のもが販売されております。
宅建テキストの“宅建”の正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。
この宅地建物取引主任者という資格は、医師や弁護士、税理士といったような国家資格の一つなのです。
不動産を扱う事業所にはこの宅建の資格は必要不可欠なものであります。
一つの事業所に働く従業員の中で5人に1人は宅建の資格保持者を持つということが定められております。
要するにこの宅建の資格を保有していれば、不動産業界では就職が有利になるということが言えますし、日本国内においては、平均1万円〜3万円の資格手当も支給されるようです。
国家資格の中でも宅建は、非常に人気のある資格となっております。
宅建の資格を持っておくと就職に有利であるという事はもちろん、受験資格に特別な条件が無いという事も人気のある理由の一つとなっております。
1994年までは、高等学校卒業程度の学力といった条件がついておりましたが、規制緩和によって撤廃されて、現在では年齢や学歴、性別、実務経験などといったものは一切関係なく、誰でも受験可能な国家試験となったのです。
宅建の資格は、マークシート方式の筆記試験のみとなっていますので、ある意味まぐれでも合格できるかもしれないですが、やはりそこは国家資格である宅建です。そう簡単に合格は出来ないようです。
実際、宅建の合格率は約15%となっております。
このように宅建は、受験資格に特別な条件がありませんので、不動産業界を目指す人や、既に不動産業界に就職していてスキルアップを目指している方、趣味で資格を取ろうとしている方など多くの方が宅建の資格取得を目標に独学や通信教育などを利用して勉強に励んでおります。
宅建の資格取得に欠かせないものが宅建のテキストでありましょう。
宅建は年間の受験者数がおよそ20万人だと言われる人気の資格となっています。
このように人気の資格でありますので、多くの出版社や教育会社が宅建テキストを発行していますので、どの宅建テキストにすればよいのか悩む方も多くいらっしゃることでしょう。
ユーキャンなどといった問題集やテキストを総合的に提供してくれる通信教育ですとこのように悩まずに済むかもしれませんが、このような一括での通信講座はやはり多くの出費が必要となってきます。
自分で問題集や宅建テキストを買い揃えて独学で勉強を行えば、書籍代は大体1万〜2万の間で済むでしょうし、宅建テキストをうまく選べばもしかすると1万円もかからないかもしれません。
宅建テキストは、値段が高いものを購入すれば合格率が上がるという訳ではありません。
やはり宅建テキストを選ぶポイントは、自分のレベルに合っているかどうかという事なのです。
宅建は、不動産や住宅の公正な売買に関する資格であります。
従って法律に関した知識が必要となってきますので、上級者向けの宅建テキストをいきなり読んでも初心者の方はチンプンカンプンで勉強する気が失せてくるかもしれません。
まず宅建テキストを読んでみて、自分が理解できるレベルのものを購入するほうが良いでしょう。