200良いブランドは、それ自体が表現できない

October 21 [Sun], 2012, 12:34
製品の人格の別のオブジェクトの解釈で育ったブランドの自然のシンボルを見つける!

1974年、アメリカのミズーリ州カンザスシティーに生まれる!97年、オリジナルブランドをパリで立ち上げ、パリコレクションで発表。その時のテーマは「リッチ?ホワイト?ウーマン」。マルチファンクショナルなTシャツなどを披露してジェレミースコットは、パリのファッション界で瞬く間に人気になる。現在はアディダスと定期的なコラボレーションを展開している。騎士は強力なブランドを模倣する能力は有名人に極めて敏感である若者が多いので、ちょうどアディダスを着て、最もカリスマ的な選手を取得しようと、模倣の対象となり、あなたは多くの人々を引き付けることができなければなりません着ると信じている模倣。adidas スニーカー

今回のJeremyScottはとても特殊な色柄の生地は主体にして色を合わせて、この色調の鮮明な花の熊JSBEARを持ってきて、これを見て、きっとすでにある人はこれに熊を花引きつけたでしょう。
アディダスが誇る名作「スタン?スミス」に、絶大な支持を得る今季のトレンドアイテム「ワークブーツ」のディテールをMIXした超話題のハイブリッドブーツスニーカー「ADINAVVY」。霊感は依然として動物に源を発して、程度も国宝のパンダと似通っていることを大切にして、興味の友達はくれぐれも逃さないでください アディダス スニーカー

アディダスランベースは大魅力があります,ここではプラッシュスエードのアッパーに、ワックス加工したキャンバスのヒールパッチ/ヘンプの靴ひも??など小粋なディテールをあしらっている。全く新しい迷彩の元素の外観と帽子を交換して現れて、同様な特色は十分です。この商品は興味があり、以下のリンクをクリックしてください。かつてアディダスから登場したワークブーツにアップグレードを施し、今ここに姿を表す「アディ?ナビー?ブーツ」は、ヴァンプ部分を先へと長く延ばした形に。
http://www.adidasmallss.com/adidasOriginals(アディダスオリジナルス)メンズブーツ。幼い頃からファッションに興味を持ち、ヴォーグのような雑誌を常に読んでいたという。独特のシボ感が目を惹く高級シュリンクレザーアッパー、一切の無駄を削ぎ落とした洗練されたシンプルデザイン、さらに、優れたクッション性が魅力のミッドソール、タン&ヒールのさりげないトレフォイルロゴと全てが見逃せない仕上がり。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/adidasvimy/index1_0.rdf