マイク・ダーントの瀬尾

January 25 [Thu], 2018, 23:50
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。



治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。



骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。


様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。



今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。



切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。



術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。



インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。



しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。



インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。



傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結羽
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる