今のところ、歳月短縮して、考えは重くて、よろよろ歩いて、しきりにあなたの夢の世界更にはっきりしていることを懐かしみます。

May 03 [Fri], 2013, 11:18
良い暖かさ、1筋少し付けるのは憂いと悲しみで、いつもある夜更け人は静かで、日光は水のようです撒き散らして、孤独でまばらで重い時、あなたはひっそりしてい粗雑な坂をいっぱい登って、あふれて浸して西の窓に入って、私の紫の夢に潜って、うわ言を誘いだしてぴいぴい、柔らかい目の星座を携えて、細長く立ち上るもやの霧をはおって、弱々しい花の香りを載せていて、軽くなでるのが私の夢の中で幸せで、軽いキッスは私は従う涙がなくて、ぼんやりしている中に私は深く心に感じて思って、目にあふれてあふれて、私は一生の疲れる恋をすべてしみてあなたの長い思中に置きます――忘れ難い故郷の月!エルメス ケリー 28 クロコダイル ネイビー×ゴールド金具 バッグ

あなたの銀暉はどれだけ遠いことかがあって、母のはどれだけ遠いことかがあるかを気にして、あなたのが軽くてなでてどのくらい柔らかくて、母の慈愛はどのくらい深くて、あなたは温情で私の一生に付き添って、母はたなごころで私のとても長い歳月をしっかり支えて、本当にまだらになっている両鬢まで(へ)澄んでいる色の夕日に染まって西に行く意味があります。エルメス ケリー 28 クロコダイル 黒×シルバー金具 バッグ

紫の暮れに訪れる時、私は恋しい思いを載せていて群雲を横切って、星座の柔らかい光にあなたに帰ることを軽く水のようです撒き散らす借りて、田舎臭さは濃くて、依然として暖かい充満する古い塀、再度あなたの淡く微かな清暉の中で入浴して、私は遥か遠い呼吸で軽くゴール前のあの古い木をなでて、涙にぬれた目の重くてぬれるゴール前を使ってそれでは蘚苔の石段をいっぱい生んで、澄みきっている石板の坂は私のしみじみと疲れる恋の足跡を再現して、
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:adfsg
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/adfsg/index1_0.rdf