2006年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:hibiki
読者になる
Yapme!一覧
笑うこと / 2006年10月19日(木) ♪14:38
午前中、会社を抜けさせてもらって病院に行った。

もう泣かないと決めてたのに。
どうしてもつられて涙が出てきてしまう。
必死に必死に我慢した。

笑顔でいようって決めたから。

笑えてたかどうかは分からない。
もしかしたら引きつってたかも。
それでも、頑張って笑顔でいた。

他には何もしてあげられないから。
何の力にもなれないから。


お昼ご飯を食べさせてあげた。
うまくできたかわからない。
何もできないんだと痛感した。

頑張って食べてくれた。
痛そうだった。
苦しそうだった。

それでも努めて笑顔でいた。


「お昼までいたら身内と間違われてご飯食べさせられるよ」

搾り出すように言った。
「いいやん」と冗談半分に返したけど・・・
だって、身内だよ。
当然だよ。


最後に何度も手を握った。
入院してから、ずっと手に熱さがない。
力がなくなった、鉛筆も握れなくなったと言って私の手を握り締めた。
それでもしっかり握り締めてた。
私には力強く感じた。

「またくるよ」と言って出ようとした。

名前を呼ばれた。
声を出しづらいのに、何か必死に言おうとしてた。
聞き返すと、
「涙が出るけん、言わん」とタオルで目を押さえた。

何て言おうとしたんだろ。

それでも私は笑顔でいた。
またくるからと笑顔で手を振った。

必死に笑顔を返してくれた。


笑顔でいることがこんなにも辛いことだって今日初めて思った。


2時間近くいて、会社に戻った。
病院を出て、我慢してたものが溢れてきた。
どうしても止められなかった。


私に何ができるんだろう。
 
   
フレンチトースト / 2006年06月08日(木) ♪02:02
今日はスタジオでした。
が、パケラとコンスターチが欠席だったので、匠が急遽ドラムを。
4人でしたが、なかなか楽しかった。
いやぁ~楽しかった。
でも、練習せにゃいかんね。
毎回毎回思うのに。
実行しないと。
それから、ギターをそろそろ買わねば。
ゴボゴボいってたよ。

終わったあとは、匠に連れられ、gigiというガロリンズよしえさんの旦那さんのお店に。
おしゃれしゃれなお店でした。
雰囲気がとてもよかった。
お腹が減ってたけど、ご飯はお家で・・と思いパフェを注文。
んまぃっ!!
鋭利子はフレンチトーストを注文。

ふわっふわっ!!!!

なんやの?あれ。
想像の20倍くらい柔らかくって、噛む必要なんぞございませんでした。
あんなウマいフレンチトースト生まれて初めて食べた。
しかも、いっぱい大皿に乗って550円。
安すぎ。
うますぎ。
ちょっと、感動してしまった。
ほわっほわっすよ。マジで。
いやーーーまた食べたい。
てか、家に着いたのが0時半だったので結局ご飯食べれずジマイ。
普通にご飯ものにすればよかった。
今度たべよーっと。

サービスでメロンまでご馳走になりました。
甘くてめちゃくちゃおいしかったー

 
   
一喜一憂 / 2006年05月30日(火) ♪13:12
思い過ごしだったことがわかった。
何を一人であれこれ考えて凹んでたんだろう。
でも、そのおかげで、やっぱり自分にウソついてたんだってことがわかった。
知らない間に気持ちはそんなとこまで膨れ上がってたんだなぁ・・・。
でも、それを吐き出すことはできない。
今はまだ。
抑えることもできない。
どないせーっちゅーねん。
 
   
ですよね / 2006年05月29日(月) ♪16:53
なんか・・・口にしてしまったばっかりに、いちいち躓いてしまう。
分かってたことなのに。
わかってたはずなのに。
それでいい、それが当たり前だと理解してたつもり。
なのに、あぁ・・やっぱりその壁は私なんかにはまだまだ越えられないし近づくこともできてないんだなと思った。

あいたーーー
なんかバカみたい。

こんなちょっとしたことで凹んでても仕方ないのに。
うん。仕方ない。
どうしようもないから、受け入れるしかないね。
いや・・私には目を背けることしかできんな。
弱くて嫌だ。
立ち向かうにはあまりにも無謀すぎた。

頑張らなきゃ。
他の面で。
自分のためにやらなきゃだ。

ただ笑ってれば幸せなんて、ウソだ。
そのことに今気付いた。
逃げるための言い訳でしかない。
本当は自分の横で自分だけに笑ってほしいのに。

でも、そんな願いを抱くことすら虚しくなった。
痛い現実。

心を入れ替えます。
多分、また私は笑いません。
また1つ扉に鍵かけちゃいました。
ごめんなさい。
強くないです。
 
   
3/3 / 2006年05月29日(月) ♪15:50
昨日はバイブライドでした。
とりあえずサポートドラマーでの演奏は一旦終了です。
その最後に、A FREETER 登場です。
凄すぎる。

・・・・。
めっっっっっちゃくちゃかっこよかった!!!!!
最初いつものようにニマニマして見てたけど、輝子辺りからはもう圧倒されて身震いしてポカーンって見てました。釘付け。
軽くヨダレ垂れてたかもってくらいに。
いや、もう、スゴイとしか言いようがない。
良い意味で太陽くん色に染まっていたというかなんというか。
こんなにも変わるのかってくらい違ったバイブライドさんが見れました。
貴重でした。
どの曲だったか、会場の空気一瞬凍りついてた。そのくらい凄かった。
そら石原さんの弦も切れますよ。
音が出ない出ないと慌てふためいて、結局一番肝心な電源入ってないっすよ。おじいちゃんかと思った。
絵里子もよく声出てたし、歌もすっごい良かった。

終わった後も、会場のあちこちから「良かった」「良かった」の嵐。
なんだか自分のことのように嬉しかった。

えーと、それからCBにビッグシューターを見にハシゴ。
初めて行くだす。ドキドキ。
お客さんいーっぱいでした。
ムッタとかピコイチとかただしくんとかひろっきーとか知ってる顔もいっぱいだったので安堵。
初見でした。
英ちゃんがチラホラしか見えず。
次回のイベントにはアウサイも出るらしかです。
終わってすぐに退出し、デカタンに戻りました。

こちらはまだまだ押していて、サイクロプスまではかなり時間があったので、まっちゃんとコンビニご飯。
なんか、色々語ってしまいました。
まぁ、最終的に恋バナですが。
本当に何から何まで似ていて、手に取るように言ってることがわかります。
いや、言わなくともわかります。
なんか・・サイクロプス始まってない?って慌てて上がっていった1分後に終了しました。
しまった・・・。
ありゃりゃ。
語りすぎた。

帰りに太陽くんのCD購入して帰りました。
3連チャン疲れたけど楽しかった~
 
   
1/2と2/3 / 2006年05月28日(日) ♪14:13
3連チャンライブ中日。

昨日はポプワークスを見にエキマエへ。
疲れがたまってたのか、空腹だったからか、チューハイ1杯で酔っ払った。
間違いなく人生で一番酔っ払った。
自分でもビックリした。
2杯目のがいかんやった。
頭ぐるぐるなるし、手足は力はいらんし、頭で命令するのに体が全くいうこときいてくれん。
こんなに酔ったの初めて。
あまりにしんどくて座ってたら、オジサマに気さくに声をかけていただいて。
酔いも覚めるかしらと話してたら、どうやら誘ってる模様。
最初は遊びにいこうか?程度だったのに、どんどん休めるとこならいくらでもあるよ?といやらしい物言い。
あ、これはマズイと思い、なんとかかんとか断りました。
会社と家族にチクるぞ、コラっ!!
恐かった。マジで恐かった。
それからキャスアラを見たのか、キャスアラ見た後だったか・・・
キャスアラ見たのは覚えとるんやけども。
いつどうやって帰ったのかわからん。
起きたら自分のベッドで寝てました。
でもタクシーで帰ったっていっても、ちゃんと家を説明できたのか?って疑問やし、にしちゃ金減ってないような・・そもそも、財布にいくら入っていたのかさえわからん。
まぁ、いいさ。
もう飲みすぎません。
誰にも迷惑かけていませんように・・・。
ポプワークスはかっこよかったです。
さすがです。

 
 続き…  
する〜 / 2006年05月21日(日) ♪00:06
ちゃんと分かりあうにはとことんぶつかり合うのがいいと思う。
どちらか一方が投げ出してしまったらどうにもならない。

そうなってしまうのは悲しいですね。
 
   
天国から⇒ / 2006年05月07日(日) ♪02:34
んまぁ、天国から地獄とまではいかなくとも、こんな落胆っぷりは滅多とお目にかかれないよ。
なんていうんだろう・・・9年越し?うん。まぁそんな感じ。
心の準備整えるのにあんなに時間を要したのに。
やっと夢が叶うと胸が弾んだのに。

・・・・・・・そこで交差するのかぁぁぁぁああああ!!!!!

んもぅ、あの時の記憶すらなかったりするわけだけど、とにかく手を付いて地を見ていた。
顔を上げる気すらなかったんだよ。
予想だにしなかったね。
そんな私が甘かった。
人生そんなにうまくいくもんじゃない。

もう、あの瞬間どうでもよくなった。
興味なんてないさ。

なーんて言いつつ、いざとなると笑顔で手も振っちゃうもんですね。あはっ。
それはそれで・・うん。満たされたりなんかして。
すみません。

なんの為の右側なんだよーーーー
もう意味ないじゃん。ヒドイよ・・・

でも、神は見捨ててはいませんでした。
最後の最後に救いの手。

一瞬だったけど、もう天にも昇る気持ちでした。
足はガクガクだし、立ってるのがやっと。
記憶に焼付けようとしすぎて何も残ってません。
でも、大丈夫。
あれは現実だった。
それだけで充分生きていける。

こんなに幸せでいいのだろうか。
本当に今までめげずに生きてきて良かったと心底想いました。





あっ鋭利たん、お誕生日おめでとう★☆
 
   
つよがり / 2006年05月02日(火) ♪01:08
凛と構えたその姿勢には古傷が見え
重い荷物を持つ手にもつよがりを知る

笑っていても僕には分かってるんだよ
見えない壁が君のハートに立ちはだかってるのを

蚊の泣くような頼りない声で
君の名前を呼んでみた
孤独な夜を越えて 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ 早く

着かず離れずが恋の術でも傍にいたいのよ
いつ君が電話くれてもいいようになってる

話す相手も自ずと狭まってくんだよ
ちっちゃな願いをいつもポケットに持ち歩いてるんだ

「優しいね」なんて 買被るなって
怒りにも似てるけど違う
悲しみを越えて 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ 強く

愛しさのつれづれで かき鳴らす六弦に
不器用な指が絡んで震えてる

たまにはちょっと自信に満ちた声で
君の名を叫んでみんだ
あせらなくていいさ 一歩ずつ僕の傍においで
そしていつか僕と 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ
早く 強く あるがままで つよがりも捨てて





なんて曲なんやろ。
ほんっとに。
Hちんに借りた(元はと言えばMッタの)DVDを見てる。
つよがりだけをリプレイ。
なんやの、この歌詞。
深いなぁ。
普通に再生していて、この曲で意味もなく泣いてしまった。
理由なんてないのに。
ないはずなのに。
 
   
命日 / 2006年05月01日(月) ♪01:02
もうばーちゃん亡くなって3年。
あっという間だったなぁ。
早すぎる。
休みになったらお線香あげにいくけんね。
ばーちゃんみたいな人になりたい。


お兄が帰って来た。昨日。
今日は結婚式に出掛けて酔っ払って帰って来た。
もう、愚痴吐きまくり。
福岡が恋しいようです。
今までは一人が大好きな人やったのに、人が変わったように淋しがり屋の甘えん坊になっとりました。
ま、本性ってとこでしょうが。
まるで弟みたいやった。
おもしろかー
 
   
P R
  | 古い  
 

Global Media Online INC.
blogyapeus!yaplog!