まるで、太陽を見たあとのような 

February 05 [Sat], 2011, 20:26
2011年1月

北海道から、静岡県に引っ越してきてから、毎年決まった神社でおみくじを引く

越してきて、6年になるが、これはかかしたことがない

今年のおみくじは「吉」

まー、去年の「末吉」よりはいいかな

いいけど、おみくじはその「ランク」より、中身だ


なやむ思いを祈りにかえて、すがれひとすじ神様に

病にかかって、病を苦にすれば、病はますます悪くなる。

医療を施した上は、其の平癒を神様にお願いするがよい。

病気ばかりではない、

尽力を尽くしたうえは何事も思い悩まず、神様にお祈りする。

なやむ苦悩を祈願にかえる、なやむ隙に御祈りする。



ほう

まるで、わたしが病気になるようではないか

病気(やまい)欄まで、「心長く保養せよ」とある


ほとんど病気という病気をしたことのないわたしには
随分滑稽に思える、おみくじの内容だったが

本当に滑稽なのは自分だった

そう

このころから、目の中で太陽を見た後のような
残像が目の中でチラつくようになっていた

わたしの病気のはじまりだった


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちか。
  • アイコン画像 誕生日:4月13日
読者になる