卵管閉塞かどうかの検査方法ってどうやるの?

May 04 [Wed], 2016, 11:51
卵管閉塞かどうかの検査は、主に三つの検査方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)でおこなわれていらっしゃるでしょうね。

・卵管通気検査
・子宮卵管造影検査
・腹腔鏡(腹腔鏡手術を行うための器具である内視鏡のことですね)検査

これらの三つの検査方法になります。

まず、卵管通気検査では、炭酸ガスを一定の圧力で子宮内に送ります。

そして、卵管内の圧力がどんな感じで変化をするのかをみるというものになります。

この検査は麻酔なしで行われ、数分で終了することが多いはずです。

炭酸ガス以外に、色素食塩水を子宮内に送る「卵管通色素検査」や蒸留水、もしくは、生理食塩水を用いる「卵管通水検査」などもあるのです。

次に、子宮卵管造影検査だからといって、これは頻繁に言われているレントゲン(健康診断や空港の検査などで使われています)検査のことをいうんです。

子宮内に造影剤を注入して、卵管が通っているかを調べます。

子宮から卵管、腹部にまで、きちんと造影剤が流れるかどうかをレントゲン(ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲンが発見し、第一回のノーベル物理学賞を受賞したそうです)写真(ブログに載せるために、デジカメや携帯で撮影する人が多いですね)によって確認するためす。

月経あとから排卵までの間に行われ、人それぞれに痛みや違和感を感じる場合もあるらしいです。

痛みを強く感じる場合には、卵管になんらかの異常がある事が多いではないかと思います。

また、子宮卵管造影検査の後は、卵管をキレイに掃除した状態になり妊娠しやすくなる為、検査後の半年間を「ゴールデン期間」と呼んでいるのだとか。

さいごに、腹腔鏡(腹腔鏡手術を行うための器具である内視鏡のことですね)検査についてなのですが、この検査は全身麻酔をかけておこなうでしょう。

直径数ミリのスコープ(生活協同組合の通称として広く知られていますね)を腹部に開けた穴から挿入し、内部を映し出すという検査方法になります。

腹部に穴を開けるといってわずかな傷で済みますし、造影検査で見落としがちな細部まで確認することができます。

それに、何か問題があったときには、そのまま治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を行う事もあるそうです。

子宮卵管造影検査だけでなく、卵管通気検査や腹腔鏡(卵巣摘出術や胃切除術、副腎摘出術など、内臓の様々な疾患の手術の際に行われる手術です)検査の後も、妊娠しやすくなるだといわれているのですから、積極的に受けていきたいだと言えますね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mizuki
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/adcuieegdnlega/index1_0.rdf