足立龍哉のバレーボール リベロ コツとローテーション

October 29 [Wed], 2014, 4:37

大会に出たところで1回戦負けするのが当たり前で、よほど当たりが良くなければ2回戦に進めない弱小チームだっとしても、
毎回の練習に目的を持って取り組めるようになり、対戦相手のチームの選手たちに焦りの表情がありありを浮かぶようになる練習方法がこちら



あなたもなかなかレベルアップできない現状はさっさと抜け出して、下のようになりたいと思いませんか?



バラバラだった選手の動きが連携するようになる

選手全員をワンランク以上レベルアップさせられる

仲間のミスをフォローできる

試合中の視野が広くなる

トップチームの練習を見ると、普通では考えられないような常軌を逸した厳しい指導をしていることもあります。
そういった練習を乗り越えることによって、選手たちは確かにテクニック以外にも「強いメンタル」も手に入れることができ、消耗戦になってもそう簡単に崩されないチーム力を養っていくことができます。

しかしバレーのイロハのイも知らない初心者やバレーを初めてまだ数年くらいの選手に対してそんな厳しい練習をしたところで、バレーに対する気持ちを失わせるだけなのであまりおすすめはできません。
だからと言って練習の負荷を軽くしてしまうと、時間当たりの練習の効果が落ちやすくなりますので、貴重な練習時間を無駄にする危険もあるので、さじ加減が非常に難しいのが事実です。

あなたも練習の量と質には常に頭を悩ませているかと思いますが、ちょうど良いバランスを知らないまま、昨日までと同じような練習を繰り返していると、下のような悩みが解決される可能性は限りなく小さくなってしまいます。

スペースが生まれてしまう

ボールにうまく回転をかけられない

変なフォームを体が覚えてしまっている

バレーボールが上手な人を妬ましくすら感じる


では、どんな練習をすると質を保ったうえで、選手たちのパフォーマンスを最大限に引き出せるのかというと、理論から実践まで筋が一本とおった練習メニューを組み立てていくことです。
どんな練習をするにしても、理論を頭で理解させるのではなく体で理解させることが重要で、足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDならば、あなたがゼロから理論を展開していかなくとも、トップチームに通用する練習メニューをそっくりそのまま再現していくことができます。



足立龍哉さんとは世界各国のナショナルチームを渡り歩いてコーチを歴任してきた実績の持ち主で、現在は日本人としては数少ないFIVB(国際バレーボール連盟)公認インストラクターに選ばれています。
感覚に頼った練習ではなくて、しっかりとした検証データに基づいた練習に定評があり、進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDではバレー上達が速い人たちの特徴をうまく捉えた練習をしていくことができます。

例えば単なる左右のフットワークに関しても、移動する距離と時間に応じてどのステップをすべきか?を変えていくべきで、サイドステップだけで何とかしようとするべきではありません。
かといって、クロスステップやコンビネーションステップを覚え、さらにサイドステップと使い分けるとなると、かなりの練習量と実戦経験が必要になってくるものの、足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDでは、どこをどんな風に気を付けると良いのか?がわかりやすくまとめられていますので、成長過程で戸惑う心配がほとんどありません。



バレーボールを始めたばかりの中学生でもステップバイステップで取り組めるようになっていますので、紹介されている練習メニューを最初から順番に丁寧に実践ていけば、ナショナルチームにも通用するテクニックを早い段階で着実に選手に身に着けさせることができますよ。

進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDでは、実戦を想定した練習内容となっていますので、練習の感覚をそのまま試合に活かしやすくなっていますし、逆に普段の練習から試合を意識する感覚が芽生えていくため、試合が差し迫っていても、特に慌てて用意することなくスムーズにチームの状態を仕上げていくことができますよ。

→→バレーボール上級者が身に着けている必須テクニックを順を追って学んでいける足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDで、速い攻撃を防ぐコツとは?




http://fukuenmail.nukarumi.net/
http://atsites.jp/bitekinubo/

足立龍哉のバレーボール サーブ 練習のコツ

October 29 [Wed], 2014, 4:29


インターネットのように強力なメディアが生まれる前というのは、バレーボールに関する情報源はものすごく限定されていて、書籍を見てみるとか、対戦チームの監督に話を聞くとか、そういった手段くらいしかありませんでした。
聞いた情報を頼りに自分なりに工夫して練習メニューを組み立てるのは、どこのチームでもやっている練習の進め方ではあると思いますが、気を付けなければいけないのは、その情報にはどのくらいの信ぴょう性があるのか?という点です。

書籍(特に雑誌)の場合には、ページ数の都合や出版社の売り上げ目標などの兼ね合いから、著者が本当に伝えたいことが100%網羅されているかというと決してそんなことはありません。
どちらかというと、ページ数の都合で必要な部分が削られていたり、インパクトを持たせるために派手な部分が強調されたりと言った「事実の歪曲」に近いことが平気で行われています。

他チームのコーチに話を聞いても、その方法があなたのチームでも本当に生かせるのかどうかは全く別の話で、そのチームだからこそうまくいった可能性があるわけですが、足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDならば少なくとも、ナショナルチームレベルのノウハウが盛り込まれていますので、情報が偏っている心配はまずありません。



どんなレベルの選手に対してもバレーボールの基本的な動きがしっかりと体で覚えられるように徹底的に考えつくされていますから、二人組み〜四人組み、そして試合状況に応じてプレーができるようにと段階を踏んでスキルアップしていけるようになっています。

特にスタート時の姿勢や重心の位置に関しては細かいアドバイスが充実していて、各ポジションにおける目的と役割とはなんなのか?というのをはっきり理解することができます。いつもの練習の中で「自分は何をすべきなのか?」という自分の仕事をしっかり認識することができれば、試合中に戸惑うこともなくなり、ミスも明らかに減らしていくことができます。



バレーボールの上手い人と下手な人の違いを上げていくとそれこそ切りがないですし、運動神経や身体能力といった先天的な素質の違いももちろんあるものですが、基本的なテクニックをしっかり身に着けさせてあげることで、選手一人一人の実力差をどんどん縮めていき、チーム全体としてより強大なパフォーマンスを発揮できるようになります。

一貫性もなければ選手に負担を強いるような練習を続けていれば、主力メンバーの実力だけが伸びていくような、個人能力がおおきく偏ったチームになってしまう可能性があるものの、進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDを使ってチーム全体をレベルアップさせていけば、今までにないバリエーションで試合を戦っていけるようになりますよ。

順番も難易度もごちゃまぜで、一貫性のまるでない練習を続け、選手が実力アップできないだけではなくてチームの信頼を失ってしまう前に、
理論から実践まで筋の通った練習に取り組んでいき、絶妙なタイミングで相手が嫌がるプレーを仕掛けていけるようになりませんか?

足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDで、選手の才能をつぶしかねない無駄な練習はさっさと終わりにして、バリエーションに富んだ様々なプレーを発揮できるようになるにはこちら




TOEFL iBT
田中孝憲
P R


サプリメントダイエット ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング

PVランキング
ブログランキング

月別アーカイブ