遣唐使船の4隻に1隻は難破していた 

November 20 [Tue], 2012, 22:52

アダムです。
奈良時代には5回にわたって遣唐使が派遣されました。
全部で19隻の舟が出向したのですが、無事帰国できたのわずか14隻。
実に4隻に1隻は難破の憂き目にあい、100人以上が帰国できなかったり、命を落としていたんですって。

ペットトリマーの資格を取得したけど就職は? 

July 19 [Thu], 2012, 23:49
アダムです。
ペットトリマーの資格を取得したけど就職は?・・・・・・・・
こんな感じで悩んでる方が最近多いそうです。
だから、専門を選ぶ段階でここまで考えておいた方がいいみたい。
「日本ケンネルカレッジ」は、国内最大級の教育システム、ペット専門の教育施設を保有、就職インターンシップ先の実績団体でも現在100ヶ所以上あるんですね。
必然的に「日本ケンネルカレッジ」には多くの求人情報が集まってきます⇒ペットトリマー
それと、夏など日照りが続いて1か月くらい雨が降らなくても大きな木は枯れませんね。
草だって1週間ぐらいなら何とか生き延びられるそうです。
しかし、植物は水なしでは1日たりとて生きてはいけないはずです。
では、雨がふっていないとき、その水はどこからとってくるのでしょうか。
水には細かい隙間を上る毛細血管現象というのがあるんですね。
土の中でもこの現象が起きているのです。
土には狭い隙間が無数にあいています。
この土の中の隙間を地下に溜まっていた水がのぼっていき、土の湿り気を保っているのです。
この水のことを毛管水というそうです。
日照りが続いて、土の表面近くが乾いても、少し下の層には毛管水が昇ってきているので、植物は毛管水を吸って育っているのです。
特に大きな木は地下1〜2メートルまで根を張っていて、たくさんの毛管水を吸収することが出来るのです。
つまり、狭い隙間のたくさんある土ほど毛管水をたくさん保っていて、植物がよく育つ水持ちのいい土ということになるのです。

最初はどろあわわのお得情報 

June 19 [Tue], 2012, 23:10
アダムです。
最初はどろあわわに関するお得情報からお伝えしすね。
読者の方はもうご存知の洗顔石鹸がコレ。
何とも不思議な石鹸ですよね。
そんな大人気のどろあわわが初回だと半額で買うことができるんですね。
他にもいろんな特典があるみたいですよ。
お肌を美しく健康に保ちたい方は要チェックです⇒どろあわわのお得情報
それともうひとつ。
日焼けのダメージから肌を守るには抗酸化作用を持つβカロチン、やビタミンCやEが有効です。
紫外線を浴びると活性酸素が発生しますが、その活性酸素の害から肌を守るのです。
そして、紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンが生成されます。
これが沈着してできるのがシミやソバカスになります。
このメラニンの沈着を抑えるのがビタミンのC、破壊されたコラーゲンの再生にも有効です。

【神奈川県】の葬儀〜30名規模の【こころの家族葬】 

February 18 [Sat], 2012, 7:39
アダムです。
【神奈川県】の葬儀〜30名規模の【こころの家族葬】
こちらは、お迎えから安置・通夜・告別式・火葬を行うお葬式で48万8千円です。
ただし、鎌倉市・逗子市・葉山町では民営の火葬場利用となるため、火葬料金が6万円割増となそうです⇒葬儀神奈川
それと、いかに温和な人でも、たびたびいやなことをされると、ついには怒ってしまいますよね。
そのことを「仏の顔も三度まで」などと言ったりしますが、この三度とは何のことなんでしょうか。
「仏の顔も三度まで」というのは「仏の顔も三度なでれば腹をたてる」ということを短く言ったもので、三度は三回顔をなでること。
お寺で、お年寄りが仏さまの顔をなで、さらに自分の体をなでる光景を目にすることがあるのでは。
仏さまの顔をなでた手で自分の体をなでると、病気にならないとの俗信によるものですが、いくら柔和で慈悲深い仏さまだって、せいぜい三度が限界で、それ以上なでればしまいに怒りかねません。
「三度までならご利益を期待してもいいけど、顔をなでたぐらいで、それ以上のご利益を望むのはけしからん!」というわけであり、つけ上がるのもいい加減にしろ、という意味も「仏の顔も三度まで」には含まれています。

鎧や兜は五月人形の中心の飾り 

January 09 [Mon], 2012, 0:15
今日から「平清盛」が始まりましたね。
ところで端午の節句に鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習なんです。
身の安全を思い神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりからきています。
鎧や兜は武士にとっては自分自信の身を護る大切な防具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。
そこで、鎧や兜は五月人形の中心の飾りになったそうですよ⇒五月人形
話はかわって、微妙な匂いを区別する能力がたかいのは、中高年よりも若者ですね。
その若者の中でも、男性よりも女性の方が味や香りに敏感だといいます。
食品メーカーが新商品を開発したとき、若い女性モニターに意見を聞いて参考にするのも、そうしたことが関係しています。
世界の三大珍味のひとつのトリュフの香りに敏感なのも、“女性”です。
ただし、人間ではなくメスの豚で、フランスでは地中に埋まっているトリュフを探すのに、メス豚を用いてきました。
メス豚は、鼻をひくひくさせながら地面を嗅ぎまわり、見事トリュフの場所を発見するんです。
もっとも、メス豚がオス豚よりも抜群に鼻がいいというわけではないんです。
メス豚がトリュフ探しを得意としているのは、トリュフの香りが、発情期のオス豚が発するジャコウ(ムスク)のような匂いによく似てるからなんです。
トリュフには、オス豚が発する物質=フェロモンと同じ物質が含まれています。
つまりメス豚は、じっさいにトリュフを探しているのではなく、オスの匂いを折ってるだけんです。
おまけに、せっかく「オスを見つけた!」と思っても、地中からでてくるのは地味なキノコ。
それさえ人間が奪ってしまうのだから、トリュフ探しに駆り出されるメス豚は、気の毒としか言いようがありません。