Wikipedia秀逸な画像ガイドライン - Wikipedia

June 08 [Mon], 2015, 10:22
このページは日本語版ウィキペディアののガイドライン推薦基準のページです。 推薦ガイドライン 日本語版ウィキペディアにアカウントを持つ利用者であれば誰でもできます。推薦をする時は必ずログインをして推薦してください,M95762。 未登録(IP)ユーザーによる推薦はできません。 のいずれかのライセンスが望ましい。 推薦画像のガイドライン このガイドラインには写真等に関する専門用語が多く使われています。もしあなたがそれらの専門用語を知らなくとも問題はありません。あなたがその画像を秀逸な画像に値する画像だと思えば秀逸な画像に推薦してください。

ここに書かれているガイドラインはあくまでも選考基準の1つですので必ずしもすべての基準を満たしている必要はありません。(画像のサイズのみ必須条件です。) 写真の場合、古い写真の傷やレンズやセンサーに付着した埃などが写真に写り込んでしまった場合に編集をして、それを取り除いたりする事は好ましい事です。また画像をより良くするためのノイズの除去、傾きや歪みの補正、露出や色彩の補正などは概ね歓迎されます。画像をより良くするための(クロップ)は認められますがデジタル処理でオリジナルの画像サイズを大きくする事は認められません。邪魔な背景や前景をによって取り除くような大胆な編集を行った方が画像をより良くできる場合がありますが、そのような編集を行った場合はできるだけ画像のページにその旨の説明をして、その画像のオリジナル版を紹介するようにしてください。コモンズの画像はのテンプレートが使えます。写真の場合は実際の被写体からかけ離れたものにするような編集は受け入れられません。もし写真を使用してデジタルで画像作品を作るような場合は写真ではなくとして推薦してください。に起因する問題(シャープ?フィルタ等で発生する、()等によるディテールの欠損、色彩補正等によるオーバーなど)はマイナス要素になります。 画像には被写体(またはその画像)を的確に表している説明文が添えられている事が望ましい。

説明文が全くない画像や作者(または出所)が不明な画像は秀逸な画像に認定されません。

被写体が不明な画像は秀逸な画像に認定されません。 秀逸な画像プロジェクトでは画像の価値について 画像の百科事典的な価値はその芸術的な価値よりも優先される。 と考えています。(これは画像の芸術的な価値を否定するものではありません。) 秀逸な画像プロジェクトの目的は秀逸な価値のある画像を選ぶ事です。 具体的な百科辞典的価値については、使用が想定される記事との関係において、以下の要点があると考えられています。 もちろん、他にも百科事典的な価値を見いだすことがあるかもしれません。あなたが考える価値を備えた画像があるならば、その旨を添えて推薦してみて下さい。 ガイドラインや規則について ここに書かれているガイドラインやに書かれている規則は絶対的なものではありません。もし、あなたがガイドラインや規則について疑問を抱いたり変更した方がもっと良くなると思えば、そのページのノートにその旨の議論を提起してください。あなたの意見についてがなされればガイドラインや規則を変更する事ができます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:川口
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる