ハシケンの中屋

September 22 [Thu], 2016, 15:38
私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。簡単です。遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。また、簡単な返事で済むところを、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。隠し事があればあるほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも簡単にわかるものです。夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、家族会議の結果、離婚ということで合意しました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養育していく責任があります。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、公正証書という形で残しました。不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。当初の見積りのほか、尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、途中で契約解除を申し入れると、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのは不可欠なのではないでしょうか。料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、違う業者を当たったほうが良いでしょう。このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を簡単に見つけられるようになりました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを使わせることさえできれば、かなりの精度で今いる位置が分かってしまうのはすごいですね。法律に触れることはないので、相手の不倫を自力で見つけたいときはGPSを使えば便利だと思います。最近の探偵業者は、無料で相談に応じてくれる場合があるのをご存知でしょうか。初めて探偵の仕事を依頼するのですから、活用して損はないと思います。相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する上でとても参考になるでしょう。親戚でも友達でもない第三者に相談することで、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を冷静に確認できるようになるというメリットもあります。調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり諸経費や料金のことです。費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で増減はあるので、定価というものは存在しません。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間の調査として、平均的には3万円以下、2万円以上です。実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、業者に相談して見積りをとるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。相手の不貞行為が判明した場合は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。ただ、気持ちが鎮まったら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。浮気はどう言い訳しようと、やったほうが悪いのです。メンタル的には本当の解消には至らないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を請求するのは、配偶者として当然の権利です。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、無料で相談してみると安心で良いでしょう。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、見聞きもしたことのない業者に個人情報を伝えて調査してもらうのは、不安になるなというほうが無理でしょう。そのような不安を少しでも減らすために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出たという事例が増加しています。スマホが主流となっている今、ラインのトークやメールなどに不貞行為の一部始終が残されていると考えるのが妥当でしょう。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思っていいでしょう。探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気することもあります。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、ふとしたLINEやメールの着信によりまた浮気をしている事実が発覚するのです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。不倫相手を特定してから3年間、あるいは不倫行為そのものがあってから20年以内だそうです。もし時効まで時間がないときには慰謝料請求訴訟を起こせば、期限がリセットされるのです。つまり、時効が近い場合は、自ら裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。意外とそんな人は多いです。でも、そう難しく感じることもないと思います。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、不利にはならないですからね。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、モヤモヤしているのが嫌なら興信所に頼んでみるのが最もストレスの少ない方法だと思います。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、訴訟では苦戦を強いられるでしょう。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないケースも充分にありえるからです。そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのは不本意ですよね。ですから、信頼できる調査結果を入手しておいたほうが良いでしょう。配偶者の不倫を疑い、調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもそんなに珍しいものではありません。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。でも、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。探偵の仕事といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。調査対象に内密に行動を追い、依頼された証拠を得るまで調査するのです。悟られることがまずないとはいえ、調査員は対象の動きを想定しておかねばなりません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、探偵の仕事です。自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、相手を訴えてやると言っているのです。でもそうなったら裁判費用が要ると聞いたことがあります。写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、浮気の慰謝料を要求した上、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言ったのです。まずは冷静になることですよね。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならないことも考えなければなりません。あるいは双方離婚してくっつくといったケースもあります。どういうルートを辿ろうと、心の底から安心して幸せになるという到達点は、ありません。浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、単調な結婚生活が嫌だったというものです。異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが結果的に浮気という形で出てくるのです。理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ二人で歩み寄って、おたがい何を我慢して何を求めているのか、問題点を確認しあうのが大事だと思います。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査をしてもらうときは料金がつきものです。スタッフが行う調査の内容により、見積り額も変わってくるでしょう。追跡して行動を窺うような調査だと、ある程度まとまった時間を要します。ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで費用は変わりますが、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、必然的に費用は多くなります。興信所と探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いはその名称のみと考えていいでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは共通しています。不倫調査という点でいえば、同じものと思っていただいて支障はありません。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、事業者ごとに特徴があるため、契約前に把握しておきたいものです。浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうという始末の悪いもののようです。不倫現場を見つけられて、しばらく自粛状態が続くのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開する危険性もあります。胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、お灸をすえてやりましょう。夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、相手の言動を否定しないこと。私なりにわがままを言ったりすることはありますが、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、妻としての外見への心配りも怠らず、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、心が離れることもなく、浮気もないと思うのです。私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。業界で名の知れた会社が絶対にハズレがないとは言い切れませんが、規模の大きな興信所を選んだほうが後悔することが少ないと思います。小規模な調査会社の中には調査も満足に行わないうちに金銭だけを要求してくるところや料金が不明確だったりする会社もあります。また、営業所の相談員の態度なども重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては怖いという方もいらっしゃるでしょう。本名を名乗ることに抵抗を覚えるというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる会社もあるので、最初に匿名で話をさせてもらい、信頼できそうなところだと感じたら、本名で詳細を相談するという方法もあります。スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、そこでポロリと不倫が発覚したケースが増えています。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。SNSに対する不審な行動があるかどうかは不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、慣熟したスキルというものが必要です。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると教育が不充分なアルバイトスタッフが調査の実務に携わる場合もあると聞きますので、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが調査することが結果を出す近道です。探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。まずは大手や中小にこだわらず、対象地域に営業所があるかどうかウェブで検索してみると良いでしょう。ある程度の選別ができたら電話をかけて、依頼したい旨を伝えてみましょう。現場の人と話をしてみないことには、誠実そうな会社かどうかも判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加料金が生じることもあります。驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。オプション発生時の条件が書かれています。したがって契約書にはよく目を通して理解しなければいけません。説明を聞いてもわからなかったりしたら、きちんと契約前に確認しておくのも大事です。実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、身内の方による浮気調査です。それをベースに探偵の調査手法をご説明しましょう。一番多い手法としては、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。いわゆる「尾行」です。対象に気づかれては元も子もないので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、不貞行為の証拠を入手します。配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、浮気の証拠をしっかり掴んで、不倫の慰謝料を求めるというのが一番です。不倫の相手のほうではあまり深く考えていないというのが現実だったりします。慰謝料を求めることにより、彼らがやったことの反省を促すわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケイタ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/adacewamldilpt/index1_0.rdf