初誕生の情景

April 16 [Wed], 2014, 20:48
妊娠中に胎児認知がなされている場合には、お父さんとして氏名を記載することが可能です。
また、このころは産院への1カ月検診もあります。
ですがお父さんが認知届を役所に提出すれば、戸籍の父親欄に名前が記載されます。
子どもが生まれるということは、家族にとって一大事なことであり、生活環境も大きく変化します。
出生届を提出するにあたって必要なものは、まず何といっても出生証明書と一体になっている出生届そのものです。
木製の積み木も高価なので贈り物には人気です。
ただ、なるべくであれば提出に際してミスのないことが理想です。
でも、子どものお祝いをしたい、初節句を行いたいという親は多いです。
子どもの欄、親の生年月日も同様です。
「お七夜」では鯛などのおめでたい食べ物を親戚などが集まって食べ、赤ちゃんの誕生を祝い、命名の披露をします。
そして、この日に命名をして親戚や親しい人にお披露目をする祝宴を催す習慣が古くからありますが、現在では両親や祖父母などとともに内々でお祝いすることが多くなっています。
「お宮参り」は、生まれたところや、住んでいる地域の氏神様に誕生したことを報告するお参りです。
お祝いやお見舞いのお返しではなく、祝い事の際に周囲の人に品物を送り慶びをおすそ分けするという目的があります。
赤ちゃんが生まれてから100日目、地方によっては110日目と120日目に「お食い初め」という儀式があります。
初誕生Thinking
初誕生入門編
初誕生ブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ad3r10nb
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ad3r10nb/index1_0.rdf