自分がAGAかどうか知る方法

July 25 [Thu], 2013, 11:39
AGA治療薬が脱毛や薄毛の症状に効果的であるといわれていますが、脱毛や薄毛の原因がAGAである限り、そのような治療薬を飲むことで症状を改善することが期待できます。原因が異なる場合は、費用をかけてAGA治療薬を購入しても効果が現れないことでしょう。

そこで問題になるのは、現在薄毛が進行中の人が、どうやって自分がAGAなのかどうか判断できるのか、ということです。

一つの目安ですが、母方の祖父が薄毛であった場合です。遺伝的に男性ホルモンを多く産生してしまう体質であれば、AGAかもしれません。また脱毛や薄毛の症状が、頭頂部や額の生え際から進行している場合もAGAを疑っても良いでしょう。

しかし、薄毛の原因がストレスによるケースもあります。AGAとストレスによる薄毛や脱毛の症状はよく似通っているので、早急に自分で判断することはさけましょう。

最も確実なのは、病院で遺伝子検査を受けることです。DNA解析を行うことで、発毛サイクルを阻害する因子があるかどうか確認することができます。身体の一部であればなんでも、毛髪、血液、口内の粘液などを採取して検査をすることができます。

この検査によってAGA治療にどれだけの時間がかかるか、放置しているとどのように脱毛が進行していくか、などの予測を立てることができます。

現在では病院に行かなくても、自宅でAGA遺伝子検査キットを使って口内の粘膜などの試験体を直接、検査機関に郵送することができます。2週間ほどで検査結果を知ることができるでしょう。仕事が忙しくて、病院に行く時間がないという人にはお勧めです。

AGA検査キットは検査機関に申し込めば自宅に届けてもらえますが、プライバシーも考慮されていますので安心です。

筋肉痛と年齢の関係

July 17 [Wed], 2013, 16:13
若い人と一緒にスポーツをした後、2日も3日も後になって筋肉痛になったという話をすると、若い人から次の日に筋肉痛になりましたよ、といわれて年の差を痛感することがあります。

科学的根拠があるわけではありませんが、年をとると、筋肉痛が遅く出るという話をよく聞きますが、実際のところどうなのでしょうか。

最近の研究では、年齢と筋肉痛の発生の遅れには特に関係がないということがわかってきました。年をとると筋肉痛が遅く出ると感じる、あるいは誤解してしまう原因の一つは、大人になると慢性的な運動不足になるため、少しの運動でも、筋肉が“負荷”と感じることにあるようです。

例えば、社会人になると学生時代よりも運動をする機会が少なって体がいつもなまっている状態になっています。学生のころ体育会系の部活動をしていた人は、部活に入った当初だけ筋肉痛を感じても、慣れると痛みを感じなくなるものです。これは毎日運動している人の体は心肺機能も鍛えられており、多少の運動は“負荷”と感じないためです。

そのような人でも社会人になり、一週間に一度、あるいはめったに運動しないようになると、少しの運動でも負荷となり、その負荷が筋肉痛の原因になるのです。そして負荷を強いと感じるほど、遅発性の筋肉痛が生じるようです。

その証拠に10代後半の若い人でも、日ごろ運動していないと、急な運動の後、2日後、3日後に筋肉痛が生じるというケースが報告されています。

年をとると、普段の運動不足に拍車がかかることに加えて、筋力が衰えていきます。それでたまに運動をすると、筋肉の回復力も落ちているので、筋肉痛を感じるのが遅くなるといわれています。しかし、この説もまだ科学的に証明されているわけではありません。

いずれにしても、運動不足を実感しているなら、何かのイベントの前に少しずつ運動をして体を慣らしておくとよいでしょう。例えばスキーに行く前に毎日スクワットをする、子どもの運動会があるとわかっていれば、何日か前からジョキングなどをして足を鍛えておくと、その後の筋肉痛を少しでも軽くすることができます。

一般的などもりの種類

June 27 [Thu], 2013, 15:45
どもりは、なんとなく滑らかにに言葉が続かない状態のことを言いますが、実際はタイプを分けることができます。

大きく分けると「連発型」「伸発型」「難発型」になります。連発型は「こんにちは」の「こ」を何度も発音し「こ、こ、こ、こんにちは」になってしまいます。

伸発型は「こんにちは」の語頭の「こ」が「こー」と伸びてしまいます。そして、難発型は、語頭の次の言葉を発音するときに詰まってしまって「こ……」と沈黙してしまう症状になります。

この3つが、代表的な症状になりますが、今では他の分類方法も存在しています。「神経因性」「心因性」「脳内調節系」の3種類です。さらに、神経因性は「言語性」「運動性」「感覚性(聴覚性、体性感覚性、情動性)」に細く分けられます。

心因性の場合は「外因性」と「内因性」に、脳内調節系の場合には「脳機能の左右交互」と「ホルモンの機能変調」に分類されます。

この、それぞれのどもりには、適切な制御方法があります。医療機関での治療に主になりますが、吃音症の症状によって、リハビリテーション、心理療法、エネルギー療法などを行います。

ですから、素人が判断をすると、で間違えた対処法取ってしまうこともありえます。また、吃音者自身がどもりを意識する前の子供のころなら、改善の可能性が高まると言われています。諦めたりせずに、専門の医療機関で診察を受けて下さい。

脱毛サロンでの脱毛は痛みがある?

May 28 [Tue], 2013, 13:19
脱毛サロンを利用して脱毛をしてもらう際の痛みについてですが、痛みは少ないですが、まったく痛みを感じることはないとは言い切れません。

また、痛みの感じ方は脱毛方法で異なり、脱毛を希望する部分でも異なってきます。

もっと具体的にいうと、デリケートな部分に近づくほど痛みが出やすくなります。

そのため、ワキやすねなどはそこまで痛みは感じませんが、Iラインなどのデリケートな部分を脱毛してもらう場合には、少し痛く感じることでしょう。

脱毛方法の1つに光脱毛がありますが、この光脱毛は、そこまで痛くないという方がほとんどのようです。
レーザー脱毛は、輪ゴムを伸ばして肌に当てたような痛みと答えている方がほとんどのようです。

ニードル脱毛は、いろいろな脱毛方法があるうち、一番痛い脱毛方法という話を聞きます。

ニードル脱毛は、毛穴の1個1個に針を刺し、そこに微弱の電流を流して脱毛をするという脱毛方法のため、強い痛みが出る傾向にあります。
ブライダルエステの口コミ・評判は?

しかし、1つ言えることは、痛みが強い脱毛方法ほど、脱毛効果は高いということです。

ただ、痛みの程度には個人差があるため、自分は痛みに強いのか、逆に痛みに弱いのかを知った上で脱毛方法を選ぶといいでしょう。

統合失調症は遺伝する?

May 16 [Thu], 2013, 12:35
統合失調症とは、遺伝するのかということですが、遺伝するといった見解が強いようなのです。統合失調症の発病に関係する遺伝子は、まだはっきりとしたものが発見されていないのです。

しかし、近親者で高い発症率を考えると、遺伝子が全然関係がないとは、断言できないのです。統合失調症の患者の子供・兄弟姉妹の発症確率は、10〜15%程度で、孫・おい・めいの発症確率は、1〜4%なのです。

同遺伝子の細胞を持つ一卵性双生児のケースでは。どちらかが発病すると続いてもう一人の発病確率は40〜50%と言われているのです。これは、一般的な他の病気と比較すると、とても高い確率になります。

遺伝が全然関係ないのであれば、もっとおそらく低い確率になっているでしょう。しかし、遺伝のみが原因となり統合失調症を発症すると決め付けてしまうことは良くありません。

遺伝的なものと周囲環境といった色々な要因が絡みあった結果として発病するのでは?と考えられているのです。ですから、遺伝のみでなく、違う視点からも考えていくことが必要なのです。
P R
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/aczirefp/index1_0.rdf