ブログの乗り換え 

July 31 [Mon], 2006, 7:28
タイトルの通り、ブログを乗り換えます。

ここの垢は、しばらく放置後、消すので、
万一定期的読者(笑)が居たら、携帯なりPCメールで移転先を問い合わせてください。

では(´▽`)

俺にとってのダイエットって何よ? 

July 29 [Sat], 2006, 23:49
ダイエットと聞くと・・・血の騒ぐ俺(w

俺がダイエットを始めたきっかけは15〜16歳の頃に、
自殺をしたくてしたくてしょうがなかったにもかかわらず、意気地がなくて出来なかったことから始まってる(その当時の体重がおおよそ130キロ)

今となっては、ちょっと骨格は太いけど首周り、鎖骨の印象から普通〜若干やせぐらいに見られるけど、隠れた部分が(いわゆる皮残り、セルライトなどで)みっともないorz

はじめた当時、やせるか、死ぬかの2択を自分自身に突きつけながら、日常生活もままならないほどの(ってニートだったから出来たんだけど)ダイエットをして、今のようになった俺。ダイエットに魂を売った俺。

仮に、もしもガリガリにまでなれたとしたら、そのときにも更にダイエットを続けるんだろうか・・・?永遠の目標にドクターストップがかかったとしたら・・・。

今の俺は割りと充実してるし、これから先色々な目標も出来るから、もしもガリにまでなったとしたら、すんなり目標を切り替えられるのかも。

杜仲茶w 

July 29 [Sat], 2006, 23:22
今日、メタボリックシンドロームに大きな対策効果があるとぴーかんで放送された杜仲茶。

一応、ダイエッターではあるけど・・・デブとしては絶対見られないし、内臓脂肪も危険なほどはない(自己診断)横になればおなかはぺったんこ・・・が、ダイエッターが惹かれないわけがない(w


そんな自分をつくづくアフォと思いながら探し回る。
ぴーかんが終わってからシャワーを浴びて買いに出かけたら・・・どこも売り切れだったorz

某パンダ市に某あくび町、近所のスーパーとドラッグストアを回ったけどどこも売り切れ。

某著名ジョッキー町や、某南セントレア市に行けばあったかもしれないが・・・っつか、某南セントレア市にドラッグストアってあるの?(汗

それこそ、棚が空っぽのところを見るとプライスに杜仲茶って書いてある、状態w

ネットで注文入れましたとも・・・。お茶ごときを一万数千円分買い込み・・・アフォ?

杜仲茶沸かしのために買ったジャーポット(某エレファントマーク社製)で、とりあえず麦茶を沸かし・・・たくさん出来たから焼酎で割って飲んでみたら意外とまずい(苦笑)

デトックスほうれん草と並んで今年のマイヒットアイテム間違いなしw

(麦茶もミネラル豊富で健康的な飲み物ですYO!)

小沢健二 

July 28 [Fri], 2006, 0:08
最近どういうわけかオザケンにはまっている。

オザケン絶頂期の頃の曲にはまっている。

オザケンが絶頂期の頃、ちょうど俺は絶望の真っ只中だった。
ちょーど引きこもり街道まっしぐらだったw

今、当時のオザケンとちょうど同い年ぐらい。
そして、今は(困難は多々あるものの)前が開けている。

あの頃を起点とすると、俺の能天気度は年々向上している(スランプ期は別にして)

少なくとも、恋愛よりも現時点で少しでも楽になる方法(=自殺)を模索していた俺とは違う。

精神状態が元で、曲の好き、嫌いっていうのは変わってくるんだなぁ・・・と思った。


その当時、オザケンが嫌いだったから。

仕事 

July 27 [Thu], 2006, 23:30
随分前にやめることにした。

それから相当ばたばたとしてて、ネットすらまともに出来ないことが多かったから、
ブログ持ちだということをすっかり忘れていたw(大してviewは無いけど)

次の仕事は・・・詳細は決まっていないw
ただ、鍛冶屋(溶接者)の方向で行くことは決まっている。

行ける先がいくつかあって、どれをしようか迷っている段階だったりする。

この間、日曜日にアルバイトで手伝わせていただいたところでは、
「仕事のことをまったく知らないからそれはしょうがないけど、
 それにしてもよく動くやつだ」
と気に入っていただけたようで、とりあえず一安心している。

就職氷河期世代(もっとも、それ以前に俺は元引きこもり&中卒なので、それ以前の問題だと思っていたが)である俺が、落ち着く場所を見つけるためには、
なるべく若いうちに、何か自分に特技を持つ形で(いわゆる職人)、ウデ一本で渡合える人間にならないといけないと思うようになっていった。

でなきゃ・・・現代のえた非人扱いの派遣を渡り歩く煮ても焼いても食えない人間で一生を終わってしまう。

サラリーマンの世界でも、2007年問題ということで、団塊の世代が一気に職場を離れてしまい、労働力と熟練者が一気に減ってしまうという問題を抱えているそうだ。

サラリーマンでないにしても、職人もやっぱり隠居をしたいなぁ、と思う時期はそんなものなのでは?と思うところもあって、ここは最後のチャンスじゃないか?と思うようになった。

ミクシィ 

July 27 [Thu], 2006, 23:12
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/21/news061.html

こんなのを見かけた。

俺は、ミクシィはしてないけど、昔々にパソコン通信Peopleや
(当時としては主婦が多かったので、空気は似ているのでは・・・?)
初期のヤフー掲示板には居たので、大体どんな空気なのかって言うのは大まかにわかるけど・・・。


やっぱり、リアルではありえないところの友達や知り合いが増えること、
濃い話題を語り合える人が簡単に見つかることはうれしい。
それに、他愛の無い話を延々と繰り広げられる相手が居ることは癒しになる。

その「友達関係」に、義務感を感じてしまう人が多少なりとも居るようだ。

かく言う俺もそんな時期があったが。

誰も居ないチャットでも、とりあえず入っていないといけない・・・。
誰か来たら、挨拶をしないといけない・・・。
書き込みを見たら、レスしないといけない、レスを打たれたら何かレスを打たないといけない・・・。

それが、寂しさを伴って自然と出来ているうちはうまく回る。
逆に、ほかの人がすぐに反応してくれないことに寂しさを覚える。

でも人には限界がある。
チャットでタッチタイプを覚えた俺でも、やっぱり打鍵速度はタッチタイプをそれなりに出来る人と大して変わらない。
出来ない人から見たら神業かもしれないが、それでもやっぱり遅いものは遅い。

しゃべる速度にはどうしても劣ってしまう(かなうちならともかく俺はローマ字)

プロフェッショナル~仕事の流儀~ 

July 01 [Sat], 2006, 23:19
最近・・・というより、ここ数年、あまりキーボードを叩く機会が無いから、
自分の指の動きに結構イライラする・・・遅い!
指がかなりモッサリしてる・・・。チャットやってた頃はもっと動きが早かったのになぁ・・・。それでも、PCビギナーから見ると、凄いらしいが・・・。

俺としては、400字詰め原稿用紙を半分、筋肉痛にならずに書ける人のほうが凄いと思う(苦笑)

って、全然関係なかった。

プロフェッショナル~仕事の流儀~は、
今年の初めにプロジェクトXの後継として始まった番組だ。

NHKの編成が変わって、しばらく見れなかった
(というのもHDDレコーダー録画して、最大数ヶ月ほったらかしてみるから)
けど、数ヶ月のブランクがありながらも見れるものは全部見てる。

プロジェクトXにあった、派手さは無い。
(プロジェクトXも、地味といえば地味だったけど、それ以上に地味。)

しかし、個人的に凄く惹きつけられるものがある。

色々な方面での、仕事に生きる人たちの考え方を知ることが出来る。
今身を置いている職場では、だらだら仕事をする人、昇給のみを狙っていて人を潰してでものし上がろうとする人、そういう人たちが居る、目立つ中で、苦悩、挫折、それを乗り越えた経緯、それを個人戦として垣間見ることが出来る。

 

人生の要素、人の要素 

June 18 [Sun], 2006, 22:56
どこの国だか忘れたけど、こんな諺があるらしい。

「われわれは皆、ちょっとおかしい」

言い得てるような気もするが、俺はちょっとどころか結構、イヤ相当?おかしいと思う(w

その人の人格、ってその人の今まで生きてきた人生によって作り上げられている。

いわゆるいいところのお坊ちゃまと、酒乱オヤジのいる家の子供が同じような人格に育つわけが無い。

地域で、家庭で、学校で、職場で、大きな影響を受けて変わり続ける。

極端にいいヒト過ぎる人も、女性を殺害後陵辱し、その子供を殺して忌みじくも死刑を逃れようとするヤツも、赤ん坊のころはどっちがどっちだかわからないような姿かたちで、性格なんてものも無い、不快なら泣き、疲れたら寝る、そんな生物だった。


しかし、生まれてからある程度自立が出来るまでは環境なんて選べない。
しかも、その頃までに大まかな人格、そして一朝一夕には変えられない人格が確立される。

出会い→別れ 

June 18 [Sun], 2006, 22:34
数日前、彼女に分かれようとメールをした。
異論を唱えられることは無かった。

部屋の鍵を返してもらわないといけないので、最低一回はまた会うのだが・・・。

恋愛は、人育てるというが、やはり、人付き合いとしては相当親密な部類なので
自分の至らない点が相手を傷つけ、
また逆も然りなので、このようなことが相手にとって不快である、ということを
客観的に知ることが出来る。

恋愛って、復縁要素と離縁要素の綱引き状態が常に続いているのかもしれない。
いつか消え去る新鮮味、薄れてゆく相手への配慮・・・。
イヤな思いにリライトされてしまう、良い思い出、
普段の小さなことに見る、些細ながっかり、見損ない。

その積み重ねと、相手に受けるプラス要素、
たとえば、優しい、几帳面、愚痴を聞いてくれる、一緒にいて心強い・・・

メリット、満たされる事柄・・・
奢ってくれる、料理が上手、自分の不得手な分野のフォローをしてくれる、
あるいは性的欲求・・・

最後に、愛。


メリット、デメリットを考えて分かれた俺が正しいのか間違っているのかはわからない。

今までをいい思い出として、これから先を断ち切る、そう考える俺がいるだけ。


そして、見ているかどうか判らないが相手へ。

引きずりなさんな・・・。

人はいつ終わる? 

May 24 [Wed], 2006, 11:39
世の中に万能はある筈がない。と、思う。
地球ですらあと約五十数億年で終わるといわれている。

しかも、太陽の寿命による爆発に飲み込まれて終わるといわれている。

100億・・・コンピュータ的にいうと10ギガ弱・・・実際には一年の12分の1の一月をああだこうだ喜怒哀楽視ながら過ごしている人間には気の遠くなる数字だが、数字だけを見るとあっという間のような気もする(w

さすがに、俺世代で人が絶滅することは考えにくいだろうけど、いずれ絶滅するだろうなぁ。

世の中に存在するありとあらゆる有害物質も元をただせば地球資源だから、おそらくゴキブリあたりがさっさと対応するんじゃないだろうか?人のようにライフサイクルの短い動物には対応できない環境変化でも世代交代が短い生物では機敏に対応できそう。外来魚のブラックバス、ブルーギルももともとは日本には合わない、到底在来種を絶滅にまで追い込むとは思われていなかったそうだし。

生物は数々の淘汰の末、7世代後には(7世代前の)環境に対応する、とどこかで見た気がするが、人がそこに到達するには、仮に30歳で出産するとして最終世代が子供を30歳まで育てることが出来る事を考えに入れると約210年。

それに対して、ゴキブリの7世代は・・・

人は極めて少産でもある。食う、食われるという淘汰は少ないものの、感情が高度化しすぎたがゆえに自殺、他殺、文明高度化の副産物として、人意外ではあまり考えられない交通事故死、というものもある。

人も結局は、淘汰が存在する。
P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像故郷は美浜
» 阿久比町民だが・・・ (2005年02月18日)
アイコン画像ひ(ry
» 師走 (2004年11月30日)
アイコン画像はじめちゃん
» 最後の彼女 (2004年11月29日)
アイコン画像はじめちゃん
» 新舞子 (2004年11月29日)
アイコン画像はじめちゃん
» 岐阜へ帰還 (2004年11月28日)
アイコン画像はじめちゃん
» 寝苦しいぞ… (2004年11月28日)
アイコン画像はじめちゃん
» 寝苦しいぞ… (2004年11月28日)
アイコン画像こう
» 寝苦しいぞ… (2004年11月21日)
アイコン画像こう
» 携帯壊れる(´д`;) (2004年11月20日)
アイコン画像こう
» 最後の彼女 (2004年11月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:acv30
読者になる
Yapme!一覧
読者になる