FXと株の相関関係

January 02 [Fri], 2015, 20:53
FXを再度始めます。3ヶ月ほど前に200万円の大損を出しました。そこから資金管理の大切さを身を持って体感することができました。大損した当初は物凄く落ち込みましたが、そろそろ新たな気持ちで再スタートしようかなと思います。

この3ヶ月間、ネットのブログやサイトといったもので勉強していました。また為替チャートに一目均衡表を表示させて観察していました。しかし私の性格上、お金の損益なしで観察することはできません。損益なしで観察していると、売買したくなる衝動にかられるし観察する際も真剣味がわかないからです。なので現物売買である株式投資をしながら為替変動を観察していました。株であれば大損になっても損切りしない限りは確定されません。またFXのように追証になることもありません。なのでリスク管理の難易度が低いと言う意味で株をしようと計画しました。

するとある発見をしました。それは円高になると株価が下がるということです。逆に円安になると株価は上がります。また前日のNYダウも観察いたのですが、そこでも関連性を見つけました。つまり前日が円安でNYダウが上がったら当日の株価は上がる。また前日が円高でNYダウが下がったら当日の株価は下がるというものです。日本の株式市場は9時に開始されますが、8時頃に発表される「本日の株価予想」といったニュースはドル/円為替相場やNYダウといった指標をもとに発表されるのだと気付きました。

「卵を一つの籠に盛るな」という有名なことわざがあります。資産運用は一つの金融商品だけではなく、分散投資をしなければならないという意味です。FXと株との相関関係を発見したので2つを並行していこうと思います。こうすれば精神的な負担も軽くなります。FXはハイリスク・ハイリターンです。また信用取引なので損切りが重要になってきます。大きく利益を狙うためにFXをやります。また株はFXに比べたらローリスク・ローリターンです。現物売買なので損切りはしません。そのためにも銘柄選びを一番重要視します。利益はあまり重要視せず気長に心に余裕を持ってやっていきます。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/acpink/index1_0.rdf