無題 

November 29 [Sat], 2008, 23:59
必死に仕事をするのと、必死に生きることは反比例してるんじゃないかって思う。
久しぶりに親しい友達と会って、彼(または彼女)と自分の昔を思い返したら、なんだか狂おしく切なくなってしまった。
少なくとも3年前は今より自分のことを伝えようと必至だったし、その過程で喧嘩したり泣いたり恥ずかしい殺し文句を平気で言ったりしてたな。
今は言うことを何でも聞いてくれる恋人を選んで、そりの合わない人とは付き合わないようにして、時間の9割を仕事に費やして。
久しぶりに会った人と過ぎた時間を思うと、今の自分を否定してしまう。
他の人とだったらどうしても伝わらないことが、あたしとだったら一言で通じる、って言ってくれた何人かの友人と、今はきっと世界が違ってしまっているのかもしれない。そう思うと、苦しい。
つまりすきだったんだな。本気で。どこで忘れたんだろう。

納豆生クリームコーヒーゼリーサンド 

July 08 [Tue], 2008, 0:52
を、作ってみた。(三重県にほんとに売ってる)





美味かった。

鳥取旅行 〜砂丘〜 

May 28 [Wed], 2008, 19:34
登山した後は電車にのって砂丘へGO
超ハードスケジュールです。


鳥取駅から、バスで砂丘へ。
とりあえずジーパンをめくり上げ、靴を脱ぐ。


砂でできた丘を裸足で延々と登る!!
まぁ頂上はすぐ近くなんだけど、登山をこなした体にはきつかった・・・・


丘を越えたら、向こうに海が
海があるって聞いてたけど、こんなに続いてるとは。
水平線がばーっと広がって、太陽がさんさんと照って、あまりの気持ちよさに思わず寝ころびました。
すごかったー。



砂丘の近くのレストランで海鮮丼
安くてうまかった!!
港が近くにあるからかなー。
海藻がたくさん入ってて、変わった味やった。


はー、自然に触れた2日間だった!
鳥取とか何もないっておもってたけど(おい)、めちゃくちゃ楽しかったよ!!
1日目は三朝温泉に泊まったんやけど、これも大きい川しかないとこで。
浴衣着て散歩して、疲れたら足湯して、退屈したら射的して、川で遊んで、すっごい癒された。
また行きたい!鳥取お勧めです!!

日本一危険な登山2 

May 28 [Wed], 2008, 19:20

さらに這いながらすすみます。
原始時代に帰ったかのように、手足全身を使って道なき道を進む。

鐘楼に到着!
西国33ヵ所の1つなので、お遍路さんもたくさん登ってはりました。



人の肩幅しかない道も・・・

写真撮れなかったけど、幅が50cmくらいしかない、両側が崖で、たよりないロープが一本ぷらぷらしてるだけの道もあった。

左側に、
「事故現場」
って看板がひっそり立ってて超怖かった。



空中に浮かぶお堂をもうひとつ越えて、文殊堂を超えて、壁を1枚迂回したら、突然現れるのが、




投入堂



本当に崖に立ってた
あんびりーばぼー。
すごいです。
1300年前に建てられたらしいのですが、どうやって、かは謎らしい。
本当に、どうやって建てたのかなぁ。

日本一危険な登山1 

May 28 [Wed], 2008, 19:07
いまさらゴールデンウィークネタ。
鳥取に一泊旅行にいってきました!
山陰って何があるのって感じですが(おい)


日本一危険な登山


ってテレビで紹介されてた山に登ってきました!
中学校の時に歴史で習った、三徳山の投入堂です。


まずは、登山入口で、登山登録。
その際、チェックされるのが、靴。
登山靴以外は容赦なく、わらじを購入(¥500)させられます。



私「・・・スニーカーより危険な気がするんですけど」
係員のお兄さん「大丈夫です!わらじの溝がぬかるんだ道でも、こう、ピタッと地面に張り付きますからね!(笑顔)」
私「・・・すぐに脱げそうなんですけど」
お兄さん「大丈夫です!足の汗がわらじと足を、こう、ピタッとしますからね!(笑顔)」

お兄さんの勢いに押されて、しぶしぶながらもわらじで登山。

ありえない・・・!

と思いながらも、はいてみたら、お兄さんの言ったとおりでした。
おそるべし、日本文化・・・
登山靴を履いてた友達のほうが、ぬかるみで足をやられてました。


木の根をよじ登りながら・・・↓


岩場を鎖につかまりながら・・・↓



どうにか一つ目のお堂に到着!!
空に浮かぶ菩薩堂。

下は崖です。
人がどうにかすれ違うくらいの幅しかないので、這って進みました。




ひ〜〜!!!
ひざが笑いました。

シモトモ。 

April 20 [Sun], 2008, 22:39
最近下関の友達が増えました。

火曜日、やっとはるきちとかくまことかまっつんとかにゃんさんとかの不思議なめぐり合わせの大元締めに会えた。
乙葉に似ためっちゃ可愛いパラグアイ帰りのちっちゃい人でした。
この人から始まって、元バスガイドとかナースとか営業とか大学院生とか元教師とかポスティングとか下関とかとかの変な会合になるんや!
下関の女の子はみんな可愛い のびのびしてて。方言も可愛い!「〜〜と?」ってずるいよね。
それにしても青年海外協力隊で2年ボランティアするってすごいです。
なかなか自分の半径5メートルくらいしか視野を持てないacoです。尊敬!

で、乙葉似の彼女に「黄色?ていうか、ひよこ色のオーラが出てる」って言われたんですけど、そんなに私よちよち歩きのイメージですか。
もう四捨五入して30になるんですけど。。

消された! 

April 20 [Sun], 2008, 22:26


じつはいまラボでこれ書いてます。
私他3名。
日曜日のこんな時間にラボにいるのが私の他にいるという変な心地よさをあじわいチュウ。
でもほとんど人いないから、何でもし放題。
ミクシィしちゃうもんね。
本読んじゃうもんね。
帰ったら?
と思われると思いますが、実験の待ち時間中です。
だれか記録中の神経活動のノイズを消してください。
か・えれ・ないー


ていうか
私の実験テーマが、
研究室のテーマの中から、








消されている・・・・・!!!




将来性を否定されたのか、忘れられてるだけなのか。

どっちも有力です。
過去のデータを出すたびに、「それ初めて見るなぁ〜」ってせんせいに言われます。


あー 半年ぶりに実験したらボロボロだー
先週のミーティングで「あい うぃる しょう でーた ねくすと うぃーく」って言っちゃったよ。どーしよ。
てか、外国人増加でミーティングが英語になった。ラボの国際化についていけない。

いっかいき。 

April 20 [Sun], 2008, 22:03
先輩の1回忌だったので、大阪近辺にいるサークルのOBであつまりました。
PLUMっていう梅酒が100種類あるお店に飲みに行きました。丹波の猿酒てのがめちゃうまかった これどこで売ってるんやろー?

久々に会ったんで、お互いの現状など話してたら、先週まで就活してた同回が、

「俺、医者になることにした」

とか言い出した。

ええー。
うちらの2コ上に医者目指すって大学やめてなぜか美術学校に行って(「やっぱり理想の椅子つくることにした」)今IT企業で働いてる人がいますが大丈夫ですか。
なんでって聞いたら「就職が向いてない。」て答えがかえってきた。
さらに「勉強好きやっけ?」って聞いたら「・・・嫌いじゃない、と思う」てまた曖昧な答えが。
そんな消去法的な生き方の医者に診て欲しくない・・!


その後、二次会で適当に店に入る。
7人なのに4畳くらいのせまくて暗くて壁に黒い鶴の絵のクッションが敷き詰められてて照明はなぜかシャンデリアっていう変な個室にぎゅうぎゅう押し込められた。隣の広いスペース空いてたのに。
なんか壁の鶴が遠近感狂わせで迫ってきてめちゃくちゃ気持ち悪かった。
定員「申し訳ありませんが2時間制なんで…」
先輩「あ、ぜんっぜん構わないんでー」

なんかサークルのOBで集まると、変な場所に行きついてしまう。
伊勢のクールゴーゴーって場末のバーみたいなレストランとか。(すでにその名前がどう)

私「明太子パスタひとつ」 
店のママ「あっ、明太子は今日ないわぁー(めっちゃ残念そうに)」 
私「えー、じゃあ何があるんですか?」
ママ「おすすめはねぇ、・・・(間)・・・和風パスタ!」 
私「・・・それ何入ってるんですか?」 
ママ「なに・・・って言われてもねぇ
私「・・・」
ママ「のりとマヨネーズ」

忘れられない。あのてきとーさ。
のりとマヨネーズなんて本当に金のない時しか食べない代物を店で出す感じが好き。
扉に天下一武道会のポスター貼ってた。
てゆか私達の「適切な店」の選択の仕方がミスってんのか。

そのあと女の先輩が帰って、残りで勢いでHEPの観覧車乗って、ゲーセンでマリカーとかエアホッケーやったり。
なーんか学部生時代をおもいだしたなぁ。懐かしいなぁ。
そのまま豊中のキャンパス行きたかったんだけど、終電の時間だったのでお開き。
先輩を偲ぶ会だったんだけど、先輩の話が出たのは、観覧車に乗ってる15分だけでした。
でもばか騒ぎが好きな先輩だったので、こういうのが供養になると思う。
みんな元気でよかった。
去年の春はカラ元気で乗り切ったもんね。
私も今は、この先誰が不幸になっても、ぜったい幸せになってやるって思うようになった。
(それはどうなの)

よざくら! 

April 06 [Sun], 2008, 1:59
今日は何にも予定がない

と、予定が入ってないと焦燥感に駆られるビンボー性な私は、無理やりに母を拉致して車で10分のスーパー銭湯(大和の湯)に行き、ジャグジーと塩サウナで脂肪を落とし、その後梅田を徘徊してた友人を無理やり呼び出し、夜桜見物にいったのでした。

やっぱり、桜ノ宮の大川周辺は、屋台もたくさん出てて、すごく好き。
カメラ越しにオレンジににじむ提灯とか、対岸の桜並木とか、暗い空に立ち上がる屋台の煙とか。
タイヤキとかホルモン焼きとかたこ焼きとかりんご飴とか焼き鳥とか。(桜見たの?)
タイヤキとホルモン焼きは往復で2回ずつ食べた



桜といえば、思い出す小説の一説があるんです。



『人間は苦しい。不完全な一人が、不完全な一人を重い丸ごとを受け入れようと苦しむ様は、何故かそれぞれ胸のうちの嵐とは別のところで、時々妙に生き生きとしたある一つの像を結ぶ。
人間がかろうじて日々を生きているわけみたいなもの。
いちめんに咲いた桜並木みたいに大盤振る舞いの美しくやさしいエネルギー。
たださらさらと花びらが散り、日が差して風が吹き、はるか続く木々がいっせいに揺れて舞い狂うピンクと隙間の青空の甘い色に圧倒されて立ち尽くす。知っている。一瞬しかなく、一瞬で終わる。でも自分がその一部に永遠に溶け込んでいる。ワンダフル、ブラボー!そういう瞬間を、人は苦しんでも求める。』



高校の頃に夢中になって読んだ吉本ばななの小説の一文。
昔は感覚的、色彩的な文章が好きで、私自身も大いに感情に素直なタイプでした。
今、これを読んで、もっと説明や論理が欲しいと思うのは、頭が固くなったせいなのかな。(25まであと10日・・・・!!!!!ブルブル)

なんだか思春期って今思うと、ほんとうに敏感で、瑣末なことに悩んで、個人の匿名性とかアイデンティティとか自分探しの旅とか棒になった男とかロウセイの李朝は博学才栄とか、答えのない禅問答をつらつら考えたりする時期ですよね。担任の現文教師が神で、その人の影響をかなり多大に受けたせいかもですが。
若いときは悩みがあることが恥ずべきことだと思っていたので、誰にも相談できず、うじうじするしかなく、でも、そんな時には、吉本ばななのあの、強固なまでに失意から立ち上がろうとする主人公達に助けられてました。
『ハードボイルド』より後の作品は、好きじゃないけど。


うーん、それにしても、今年はあまり桜に心動かされません。大好きな大きな川を見てても、しみじみと感じるものがない。
たぶん、今飽和状態にあるのだと思います。ひとつ目標を達成したことで、満たされて、感受性が鈍くなってるみたい。俗に言う燃え尽き症候群か。

でも、燃え尽きてる場合ではないんです!
就活中に発表したデータについて、もっといい解析法はないかと考えてたら、先輩に

「解析法を考えるより前に、生データを見ろ。あんなデータ、誰も納得してなかったでしょ」
ときついお言葉を頂いてしまいました。

うえーん。。。。

そりゃあたしのデータは再現性に乏しいけどさ。。でも生物は個体差もあるし、そもそも集団細胞の神経活動は複数の波形が混ざりすぎて、ぱっと見では全然特徴なんてつかめないよ。。。千のデータ、目で見て何十回も解析して、でも再現性取れなくて・・・・他の子の実験はもっと楽なのに・・・・(><)うじうじ


でもこの言葉のおかげで、尻に火がついた
もー、絶対ガンバる。




と、平行して、いっぱい遊ぼうと思います
とりあえず、明日は福島で焼き鳥!
ほんで、しばらく実験に集中して、ほんでゴールデンウィークに旅行行きたい。
あと、予備校仲間で、結婚式幹事お疲れ温泉とディズニーランド!

そうそう、初めて結婚式の幹事をしたのです。なんか花嫁と幹事集団がまさかの決裂という結果になってしまったんですが(笑・・・えねぇ!)
まぁ2年後笑って会えたらいいよね。

就活おわり。 

March 29 [Sat], 2008, 2:47
某IT企業のユーザビリティ評価の研究で内々定もらったー!
あと某衛生用品の会社の開発。
どっちもすごく良い会社やと思う。社員もビジョンも将来性もやりがいも。
今週は最終面接が2個連続で、眠れない1週間でした。しかも東京で疲れた〜。でも東京タワー見ながら、絶対これを最後にする、って思ったのでした。

3月一杯で就活辞める宣言してたので、間に合って良かったです。もー教授に実験しろってつつかれてつつかれて…まぁ10月からしてたから、長かった!でも職種分析ができるようになったのは、最後2週間くらいなのでした。リクルーターにプレゼンの仕方を仕込まれたのと、衛生用品の会社の採用でひたすら新商品開発のアイデア選考を受けたせいかも。
自己分析はみんなしてるけど、職種分析はあんまりやってない人多いんじゃないかなぁ。
研究の内容、そのオリジナリティ、なぜそれをしたのか、何に役にたつのか、自分は何ができるのか、そしてやりたい仕事をすべて一つつなげると、好印象みたい。やっぱり、徹底的にその職種のニーズと競合を考えないとダメらしい。って最後の最後で分かった。
あと面接で聞かれるのは、ストレス耐性(つらかった事は?1番の失敗は?ストレス解消法は?)とコミュニケーションスキル(みんなで何かを成し遂げた経験は?どんな役割?人にどう思われてる?ギャップは?)。もちろん志望動機も。他社と比べて何が違うか、何を軸として就活してるかをよく聞かれた。

それにしても面接受けた会社だけで29社!エントリーだけなら倍はした。この半年ほぼ毎日外に出たりエントリーシート書いたり。そのうち最終面接で心の底から「第一志望です」と言えたのは、内定をもらった某IT企業だけでした。その他は、選考が進む度に、マリッジブルーみたいな気分になっちゃって。衛生用品の会社は、所在地を除けばパーフェクトやけど。

と言うわけで、非常に納得行く形で就活を終える事ができました。製薬、食品、化粧品、コンサル、IT、日雑品…色んな業界見れた。消費者のストレス軽減という軸で就活したので、業界問わず色々飛び込みました。でも採用10人以下の会社ばっかで、厳しかったなぁ。女子はほとんど取ってないし。ホントに途中で辞めたくなった。でもそんな中受けた某衛生用品の会社の選考がめちゃくちゃ楽しくて、続けられたのかな。ほんで尊敬すべきリクルーターに出会って(しかもめちゃイケメン!ワイシャツと社員証とルーツがあんなに似合う人はじめて見た!)。最後の就活の日は会社までの桜並木が満開で、何となくこれで上手く終われる気がしてました。

でも実は交通費ケチって、任意の会社説明会や研究所見学に行ってないので、最終面接終わった後に神奈川の研究所まで見学来いと言われたのでした…めんどいー。でも気になるから行くか。
でもこの見学、任意だけど実は選考で、研究発表せなあかんのよね…
P R
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aco-diary
読者になる