移動します 

April 14 [Fri], 2006, 15:37
http://blog.goo.ne.jp/acidqueen/
こっちに移動。
よろしく。

最近 

January 18 [Wed], 2006, 14:00
苗場行ったり、イベントの打ち合わせやら雑務やら、
なんだか忙しい日々を過ごしているなぁ。

不確定要素も多い中、イベントがそろそろ実感に変わってきたかんじ。
なにをしようか、なにをしようか。
こんなことばっかりが頭の中を過ぎっている毎日。
変えることと、変わることの差異に頭を悩ませつつも、
杞憂に終わることを望んでいる自分と、
それが経験として裏打ちのあるものになっている日常に、
なんだか恵まれてるのかなと思ったりもする。

比較対象はあくまで自分の中でしかないから、
何人がどれだけ同じことを言ったとしても、
やっぱりそれは経験しなければならない。
分かったつもりでも、分かったフリでしかないし、
それが正しかったとしても、何が正しいかも分からない。

こんなこと考えていることが、既に机上の空論ではあるが、
既に決まったものがあるのならまだしも、
無差別に体験することはやっぱり大切で、
それがチャンスであり、チャンスが目の前にある幸運に感謝しなければならないのだろう。

可能性を潰すのは、とても容易い作業で、
そのことで選択の幅が狭まっていることすら気がつかず、
自分の範囲はこれだけだと思ってしまっているならば、
風評や観念に縛られない、ただし、縛られないことを目的にしない、
そんな些細で、難しいことが大事だったりする。



pixies2日目,それとあとちょっと 

December 07 [Wed], 2005, 0:05
はい,今日も行ってきました,pixies2日目。

昨日より盛り上がってたけど,
盛り上がり方が嫌いだった。
頼むから「oioi」はやめてくれ…
昨日のほうがよかったなぁ。

今回なんで2日間行ったかというと,
前情報でセットリストが違うと耳にしたから。

やっぱ違いました。
subbacultchaとかdeadとか,
聞きたかったけど,昨日やらなかった曲もバッチリ。

昨日はサンチャゴ側で,今日はキム側。
やっぱキム側のほうが混むみたいね。
ノリもハードだし。

堪能しました。

で,振り返ってみると,今年はあんまりライブ行ってないなぁ。
フジと朝霧とエレグラ。
単独はinterpolとdovesと,うーん?
あ,broken social scene見たさにcanada wet行ったな。
あといくつか行ってるはずだけど,今思いつくのはそんなとこ。
super furry animalsが行けなかったのが心残り。
そういえば,asahi superdry liveも行ったな。

個人的にライブは何かを得るために行くのではなく,
結果として,何かを得ることができればいいなと思います。
必然を必然として求めるよりは,偶然を必然として捕らえることができるか,またその要素があるかということね。

必然として手に入れたものは,あくまで流用としか自分の中で使えないけど,
偶然手に入れたものは,昇華することができるはず。



サックへ伝えて 

December 06 [Tue], 2005, 1:20
「天体観測」ってやっぱラブソングだろ。

「君の震える手を握れなかった痛みも」って歌詞から判断するに,
切ない恋心ソングじゃん。
でも,今ちょっと大人になっちゃったソングでしょ。
少なくとも「君」は女の子でしょ。

俺の年のせいーじゃねーぞ。



pixies 

December 06 [Tue], 2005, 0:42
はい,行ってきました。
ゼップ東京。

6時0分0秒に会社を出て,タクシーで東雲駅へ。
りんかい線に乗り,東京テレポート駅で下車。
トイレで私服に着替えて,いざ会場へ。

チケットが売り切れていないという前情報はあったけれど,
6時開場で6時35分ほどに前から3列目ほどの位置に行くことができた。

で,以下感想。

去年のフジでの初来日を最前列で見ちゃって,
今回はどうしても自分の中でそれより落ちるかな,と思って行ったけど,全然そんなことはなかったね。
ゼップの音響の悪さはいつものこととして,それでもやっぱすげかった。
もう,君らの知らない僕になってました。
だからライブは一人で行くことにしてるのよ。

まぁ,しょうがないんだけどさ,
やれ,redioheadだの,nirvanaだの,pixiesの影響を公言するバンドが多いじゃない。
だから,客も若年層の聞きかじったレベルの兄ちゃんたちが多くて,
しかもよしときゃいいのに,前のほうにくるんですよ。
ドリトル聞いて,monkey gone to heavenとかdebaserとかを待ってるタイプ。
で,確実にノリが変+おかしい。
リズム取ることだけに専念してるように見えちゃう。
ましてやpixiesはちょっと変なリズム多いから,その兄ちゃんたちは「???」ってなってる。
どこ行ってもいるけどね。
そんなんだと,「いいの?オジサンheyとかcalibouでモッシュしちゃうよ?」ってかんじに着いてこれないで,
その兄ちゃんたちはまた「???」ってなってる。
そんでどんどんどんどん後ろ下がってくんだけどね。
楽曲を,激しい⇔静か,とか,速い⇔遅い,とかで判断している証拠かな。
そんな計算じゃ今日のla la love youの良さは計れませんよ。

26曲で2時間弱。
何で曲数わかってるかというと,ステージ上のセットリスト争奪戦からまんまと勝ち取ったからです。
サンチャゴ用のだと思う。
軽く保管します。

って,こんなこと書いても,誰が読んでもわかんねーし,つまんねーだろうな。
でもいいんだ,明日も行くし。



即興 

December 05 [Mon], 2005, 2:49
去る11月25日、元マンチェスターユナイテッドの、
ジョージ・べストが死去した。
60年代の「赤い悪魔」と呼ばれたマンチェスターユナイテッドの名選手。
葬儀には10万人近い人が列をなしたそうだ。

戦術を無視したプレーを見せ,練習を嫌ったベストはこんな事を言っている。

「最高のレベルを極めるには、即興で創られる芸術が必要なんだ」。



自信 

December 01 [Thu], 2005, 1:52
すげー唐突に言うけど,おれ等ってデビューできると思ってるんだよね。
さて,じゃあデビューとは何ぞや?
今日知ったけど,yoursongisgoodは働きながらバンドやってるらしい。
それってすげくね?
世間で言うところのデビューって,レーベルと契約しました=プロってことでしょ。
じゃあ,プロってなんやねんと。
プロフェッショナル=それだけで飯が食える人かな。
うーん,あんまり求めてないなぁ。
バンドはあくまで余暇の部分でやるからいいような気がする。
少なくとも限りなく寡作な僕はムリだな。

つーことで,イベント告知します。
イシイ+オレ様プレゼンツ。
日にちは2月の1週目か2週目の金,土,日あたり。
場所未定。
おそらくオールナイト。
出演半分くらいしか決まってない。

今日も上記の件で打ち合わせしたけど,
目的意識があってすげー重要。
うち(等)がやりたいのって,多分こういうことだと思う。
重要な仲間と重要な場所を共有する。
その為には何物をも厭わないよ。

ようするにこれからも楽しくいこうぜ,エブリワンってこと。




ライブとか 

November 28 [Mon], 2005, 20:29
今日はとっつきに幾つかテーマ絞って書いてみる。

で、ライブね。

今年もあんまやってねーなーと思いつつ、
いろんな意味で不完全な形を含めれば、
7ヶ月で5本やってんだよね。

そんでもって、最終的な理想はと考えてみる。

すげー根本的なことになるけど、
何のためにライブをやるのか。

例えば、デビューするため。
はたまた、自分のレゾンデートルを確認するため。
もしくは、単純に楽しいから。

十人十色でいろんな理由があるんだろうなと。
良い悪いはともかくとして。
じゃ、うちのバンドは何のためにライブするんでしょ?

個人的には分からんね。
サックが加入当初に言ってたけど、
「ライブよりスタジオで練習してるほうが楽しい」
ちょっとはっとした。
バンドやる→コピーやる→オリジナルやる→ライブやる
これがごく当たり前だと思ってしまっていた自分がちょっとイヤになった。
そんなサックも今では抜群のライブパフォーマーへと変身したけど。
それでも彼の中で物事が大きく変わったのかどうかは分からない。
来週聞いてみよっと。

考えてもわかんないんで、ちょっと別の視点から。

今のライブに関する目標は、環境のいい野外でやること。
そこでうちに足りないものは何か。

対バン

とりあえず、やっぱりここに尽きるかな。
じゃ、いいバンドさん見つけましょってなるわな。
だったらライブして探すしかねーじゃんってなるから、
うちはとりあえずライブをやらなければいかんのですよ。
で、いいバンドってどこにいるの?ってなるから、
ちょっと敷居が高いライブハウスに潜り込んでみようかなと思ってるわけです。

音楽を理論でやるようなことはあんまり好きじゃないけど、
音楽活動は理論的に進めないと船が進まないわけですよ。
但し、そんな中でいいクルーに恵まれないと、即座に沈没する。
そう考えると、良くも悪くもうちのバンドが続いているのは結構いいことじゃないかと思う。
そんなこんなで今のメンバーになって初めてライブをやってから、
そろそろ一年になる。
振り返ってみると、長かったかな。
短かったとは思わない。

結果、テーマからかけ離れたところに行き着いたけど、
毎回大体こんな感じだからまあいいや。



あれ? 

November 28 [Mon], 2005, 19:57
各所から「日記は?」の声をいただいているので、
久々に更新。

つーかさー、この日記って元々はストレス発散から初めてわけで、
更新頻度が少ないってことは、個人的にいいことなんだよね。
平穏な日々ながら、特に大きな問題があるわけでもなく、
かと言って、ハッピーかと問われればそんなことはけっしてなくて、
やっぱりおそらくは平穏な日々が続いてる。

でも、ちょろちょろっとづつは更新していこうかなと思います。

あんまり叙情的なことを書いちゃうと、
作曲の妨げになるので、現実的なことを。
かと言って、現実的な中の非現実的なことを、
叙情的ではなく、現実として昇華するかが難しい。
与えられているものを素直に受け入れるのではなくて、
それを、それらをいかに昇華するかということね。

即物的で、俗物的なものに魅力がないとは言わないが、
それが逃げ道であることになんら変わりはなく、
但し、その本人が一生気付かなければ、
それもまた幸せなのかもしれないが、
その幸せが他人を不幸にすることがあることも、
その本人は知る由もない。

よく人間は幸せのランクを落とすことができないといわれる。
主に慣れという言葉で処理されることもあるかもしれない。
ただ、そのランク付けも個人の価値観に因るところが大きく、
その価値観イコール世間の評価でないことを祈るばかりだ。




ライブとかやってみたりして 

October 19 [Wed], 2005, 9:57
各方面から「サック最高!」の評価を頂いた今回のライブ。
メンバーも揃ってないし,練習期間も短かったし,
本番乗り切らないし,まぁいいとこなしかなと。
だからと言って,それが悪いとはあんまり思わなかったりして。

これからどんどんライブを増やしていけば,
こんなことはざらにあるだろうし,
30分だったり,1時間だったりで色々変わってくることも多いはず。
いろんな状況に対応できてこそのバンドだとしたら,
少なからず今回のライブは糧としてはありかなと。
もっとも,一番よかったのは打ち上げだし。
イシイカップルとか,コウタとか,レア人満載だったし。

今回の今までと一番違うところは,
「ダメ」だったんじゃなくて,「よくなかった」って今回大絶賛された人が言ってました。
明かな何かがあるわけじゃなく,
なんだかわかんないけど納得いかない。
抽象的な事象は解決するのは大変だけど,
それを乗り越えたところにあるものはかなり大きい気がします。

これは前書いたかもしれないけど,
場所,時間,面子その他全てをコントロールすることが必要で,
その為に何をしなければいけないか,
この部分をメンバー各個人が解決しなければいけない。

バンドをやるには個々に思いがあって,
メジャーになりたいやつ,アングラでやりたいやつ,
楽器が好きなやつ,音楽がやりたいやつ,
何かを表現したいやつ,一点にこだわりを持つやつ。

プレイヤーだったり,ミュージシャンだったり,アーティストだったり。
いろんなタイプの人間が集まって,バンドをやってる以上,
ここの妥協点と芯の部分の兼ね合いが大変重要で,
そこのバランスをいかに取ることができるか。
それは各個人的にもバンドとしても。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:acidqueen
読者になる
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる