和興でアーヴァイン

August 10 [Thu], 2017, 11:21
ここのところの研究でインフルエンザを予防していくには乳酸菌にとても効果があるということが分かるようになってきました。
というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力がアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。
どうして私が便秘になったのかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。


通勤も毎日車なので、あまり歩く事もありません。飼い犬などもいないので、散歩にも行きません。そういった理由で、私は便秘なのだと考えています。

でも便秘を少しでも軽くするため、ジョギングを今日から始めようと思います。乳酸菌をたくさん摂りすぎても特に副作用を心配する必要はありません。ではありますが、身体に良いにしてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、ことはありますよね。実際、吸収できる量には限りがございますので、常識内の量に保つと確かでしょう。

乳酸菌と耳にして思いつくのはカルピスと言えるでしょう。


小さかったころから、日々飲んでいました。



なぜなら、乳酸菌が入っているからです。お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。ですので、私は便秘になった事がありません。


カルピスのおかげでとても身体が丈夫になりました。



いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌について調べてみました。調べて見たら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これは世間での常識ですか?今まで30年以上生きて来て、知らなかった事実を発見です。



花粉症になって以来、乳酸菌を摂取するようになりました。



2年前より花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。


治療薬を使うのは避けたかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌サプリを使ってみました。

今の段階では、花粉症を抑えられています。

乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれています。
腸内善玉菌を増殖させることで腸の中が活発化し体内に停滞していた便がより排出されます。

それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。



乳酸菌を常に飲むことで内臓、腸を整える効果が高まります。便秘になってしまっても、薬を飲めばいとも簡単に、なんとかできると思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。



例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂ることが効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。


他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。
乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試してみることが良いでしょう。


近頃は、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、サプリメントも出回っています。内臓まで届く乳酸菌飲料を初めて口にした時、翌日、トイレから出られない状態になったので、お休みの日の前に試すことがいいかもしれません。


母は重度のアトピー持ちです。遺伝してしまったみたいで、私もアトピーを発症しました。皮膚がボロボロになって、毎日の保湿ケアが欠かせません。ケアを欠かしてしまうと、外出も厳しいのです。



母を憎んでも仕方ないですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、怖くなってしまいます。


インフルエンザに感染したことが判明すると学校などには、5日間出席できなくなります。インフルエンザに感染したとしても、発熱は2、3日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。



熱がすっかり下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、うつしてしまう場合があります。


なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。



身体に乳酸菌が良いことは有名な事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。これも本当かもしれません。なぜかというと、当然、体質は個人差というものがありますし、あくまでも乳酸菌は菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。一度試して自分に合うかを確認してから考えてください。



最近、乳酸菌がアトピー改善に効き目があることが判明してきました。
アトピーを誘因するものはいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって引き起こされる場合もあります。


多数のアトピー患者は腸内環境が整っていないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを治す第一歩となります。先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、かなりひどい見た目でした。


ありとあらゆる治療法を試しても、効果が全くなかったのに、家を引っ越したところ、直ちに肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。いっそ環境を変えてしまうのも、アトピー治療に向くのかもしれません。乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことに至ります。まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで命が危ないことも考えられるでしょう。インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が正解かもしれません。
便が出ない事って永い人生のうちに必ず一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。私も経験者の一人で、酷いと一週間便秘に苦しむこともあります。
便通を良くする薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖で改善しています。
効き方が穏やかなのが安心ですね。インフルエンザは風邪とは異なるもの言われているようです。その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急な高熱となり、3日から7日ほどその状態が続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に小さな相違が見られます。時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、怖くもある感染症です。



子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳のときでした。



膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。
腸や体の健康に乳酸菌が良いというのはみんな知っています。


ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに期待していない人もいます。


実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、身体の健康づくりにとても効果的です。

インフルエンザの予防として乳酸菌が効くといわれています。大体1年くらい前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。私の娘が受験生でしたので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。



腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kazuma
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/achyutbgyulren/index1_0.rdf