このブログと手っ取り早く付き合う方法 

September 10 [Sun], 2006, 0:00
2006年9月、丸々一ヶ月ぷーになって、
その間にバイクででかけた旅行記です。

一応時系列になってて、
出発前のいきさつから書き始めています。

だから新しい記事は下の方にいっちゃうので、
右や左にあるサイドのリンクをうまく使って、
読み進めてください。

記事のカテゴリも
・出発前
・出発〜名古屋
・船旅
・北海道
・東北〜関東〜帰宅
と分けてみました。
まぁ、書き進めていくうちにまたちょっと変わるかもしれないけど、
その辺もうまく使ってもらえると読みやすいかと思われ、です。

一応、1つ1つ簡潔にまとめたいなぁ、とは思ってるけど、
駄文長文の傾向がなかなか抜けないので、
気長につきあってもらえたら幸いです
更新も頻繁にはできないけど、
とりあえずせっかく始めたので、
こちらもキチンとゴールまで走りきりたいと思っております。
よろしくお願いしますです

この旅ができあがるまでのあれこれ 

September 11 [Mon], 2006, 9:00
先月末で仕事を辞め、
来月から新しい職場で働くことになり、
この1ヶ月、期間限定プー生活。

この限られた間にしかできないことをしよう!

とあれこれ考えた結果、
あてのない旅に出ることにした。

・・・といってもどこへ行こう?
と、その時点から悩む。

前々から思ってたことは1つあった。

生まれた場所が今、どうなっているのか見てみたい。

福島で生まれ、幼稚園入園直前まで市内ですくすくと育ってきた。
記憶はおぼろげながらある。

見てどうなるってワケじゃないけど、
なんとなく確認したかったんだ。

だから東北方面に行こうと決めた。

その矢先。

大学時代の部活仲間から声がかかる。

「木島平で合宿やるんだけどさー、行く?ついでにさー、白川郷見に行こうよ。」


木島平→長野
白川郷→岐阜


いきなりプラン変更の危機!
どうする!?

じゃあ、ちょっと行ってみようか 

September 12 [Tue], 2006, 10:00
さて、どうすんべ。

東北にも行きたいけど、
せっかくの白川郷への話も魅力的だわ〜

ってんで、アタマを悩ますことしばし。
そんな時、天啓が訪れる

もしかして名古屋から海に出ることってできる!?

そのちょっと前にバイク屋で
「北海道、いーんじゃない!?」
ってスタッフさんに言われたことがあって、
「行きたいんだけどね〜」
なーんて話をしたことがあった。
自走で東京=北海道の往復はさすがにキツイけど、
片道フェリーで行って
それからドコドコ下りてくるってんならできるんじゃない!?
そんなプランがひらめいた。

ひらめいた瞬間、
「ホントにできんのか!?」
って疑った自分もいたけど。

でも、やったら面白いだろうなぁ〜、っていう予感が自分を離さない。


とりあえず名古屋=北海道のフェリーがあるのか調べたら・・・
運行しちゃってんだな、これが。
太平洋フェリーさん

この時点でほぼ決まったも同然だったんだけど、
「こんなに走れるのか?」っていう不安が
最後の鎖だった。

特に上越から白川郷を経て名古屋港までのルート。
相当距離がある上、
フェリーの時間に間に合うようにしなければならない。

いっそのことルートを変えてしまおうか
とか
直江津からも北海道行きのフェリーが出てるから
そっちから行こうか
とか
考えたこともあった。

でも。

でも。

久石譲は言っている。
「最初の印象は絶対正しい」

いろいろ考えたプランの中で
ピンときたものはあのコースしかなかった。

走りたいんだから走るしかないだろう。
論理的には走れない距離じゃない。

かなり無謀なプランだけど、
途中で失敗したらその時考えればいいや
人生ケセラセラ

という感じで船の予約に走った。

ヒトとバイクと準備に気合 

September 13 [Wed], 2006, 10:00
なーんて書くとあっさり決めたように見えるけど、
実はかなーり悩んだ。

失敗したらそん時はそん時で〜

とは言いつつ、
やっぱりロスが起こるのは悲しいからね。

うだうだ悩んで、結局決行を決めたのも
出発のほぼ直前。
あたふたとチケットを予約し、
前半の宿を確保し、
荷物を詰めた。

この「荷造り」っていう作業はすんごい苦手。
あれもいるのだろうか?
これもいるのだろうか?
気温は?
天気は?


・・・むきーっ!


ってなる。
まぁ、「ない」なら「ない」なりに人間頑張るもんだけど、
しなくていい苦労はしない方がいい。
しかしだからといってなんでもかんでも詰め込んでると
カバンに納まりきれないほど荷物が膨れ上がる。
この線引きがめんどくさい。
結局荷造りは前日の深夜まで及ぶことになる。


私の旅の準備があるのなら
愛バイクだって準備がある。

じゃじゃーん!

リアキャリア あーんど ヒートガード



最初ちょっとキャリアつけるのイヤだったんだけどね。
なんかスタイル的にスマートじゃないっていうか。
でも付けてよかった。
付けてみたら思ってたより悪くない。
ってか、むしろいい。
ヒトで言うと「メガネをかけて賢く見える」ようになった感じ。
見た目だけじゃなくって、機能の方も文句なしだった。
痛い出費ではあったけど、
安心して荷物を載せられた。

帰ってきてから振り返ると、
できるだけストレスを減らすことって大切だなあってひしと感じる。

ヒートガードに関しては文句なし。
今までバイクの熱で
カッパが溶けたり
ジーパンが焦げたりしてたけど、
フツーに乗ってても熱さが軽減したし、
カッパもコゲしらず。

こんな感じで、
出発前日は長瀞へツーリング。
長旅の序章といったところでしょうかネ。

旅のプレリュード 長瀞 

September 16 [Sat], 2006, 22:30
旅の前日。
天気が心配された長瀞ツーリングに参加。
これは無事開催できてよかった!
いつもお世話になってるバイク屋のginちゃん主催のイベントだったので、
総勢30名くらいでダダダダダと走る。

現地ではサプライズイベント。
来年結婚するしゃちさんをみんなでお祝い。
ステキなイベントでしょ!?
バイクを通じて知り合ったヒトを
こうやって祝福できるってすごく光栄なことだと思う。

バイクに乗ったらこんなステキな体験ができるよっ!
さぁ!そこのあなたもバイクに乗らんかね!?
・・・なーんて(笑)


長瀞の往復は下道を選んだ。
片道100キロ。
往復200キロ。

1日300キロ走ると
「今日は走ったな〜」って思うから、
まぁ、200ならなんとかなるか、と思ってた。
けど、その見通しを狂わせたのは渋滞だね。
まぁ、一応覚悟はしてたんだけど。

みんなでご飯食べて、22時半すぎ帰宅。
家に帰ったらなんか結構ぐったりで、
最後に詰めるべき荷物とか、チェックとか、
忘れ物してそうな不安感に襲われて寝られず。


でも明日から大事な日々になるんだから
気合を入れて寝た。


よし!
明日は8時とか8時半ぐらいに出発しよう!


って気合を入れて寝た。

「誰かウソだと言ってくれ!」と願う朝 

September 17 [Sun], 2006, 10:30
は。

と目覚めたこの日、
時計は9時半を指している。

私はなんか悪い夢でもみているんだろうか???

真っ先にそう思った。
右を見て
左を見て
また時計を見る。
9時半。


いわゆる一つの寝坊をした模様。


やーっちまった。
・・・って次に思ったね。
ホントにやるとは思ってなかった。
目覚ましで起きると思ったんだけどなぁ・・・。

幸いだったのは、
部活仲間HとIのコンビと合流する時間も場所も決めてなかったこと。
昨日の疲れ具合から、
木島平に寄ってくのはムリだと判断して、
上越の手前のSAで待ち合わせしようと、
それぐらいしか決めてなかった。

しかし、上越まで高速を使うとはいえ、
あんましのんびりしてられないので、
そそくさと用意をして出発したのが10時半。
(「やばい」とか言いつつ、出るのに1時間かかってんだよね、ってーか開き直ってました)

しかも起きた時、ノドに痛みを感じたので、
怖くなって薬屋に寄り道して風邪薬を買ったり。

そんなロスもしつつ、
ようやく関越自動車道に乗った。

いよいよ本編の始まり。

高速SAPA食いレポ編@ 

September 17 [Sun], 2006, 12:00
12時、関越高坂SA到着。

とりあえずこのへんで向こうの様子を伺ってみる。
案の定、向こうの出発も遅れてて、
更に温泉に寄ってから上越に向かうというので、
また途中途中で連絡取りつつ、
集合場所・時間を決めることにした。

向こうも遅れてるということでちょっと安心。

ようやく人心地もついたので、
ちょっと小腹を満たそうかとSA内を物色する
いやしんぼのマツ。

最近のSAPAってのはいろんなお店が入ってること、多いけど、
ここはパン屋の「神戸屋」が入ってる。
建物の中に入るとパンを焼くいぃニオイが充満!!!
息苦しいよっ!みたいな(笑)
もうそれだけで、余計な売り文句はいらないね。

パンの香りが全てを語る。

結局、こんなの、買いました↓。



もちパイ。1コ¥200。

雑誌とかにも取り上げられてるらしく、
イチオシ商品だった。

買った時は焼きたてだったもんで、
サックサクのパイ生地の中から
やわらか〜い大福が出てくる。
甘さは控えめ。
もし焼きたてが出てたら絶対買った方がいい。
昼間なら回転も速いし、
結構頻繁に焼いてそうだったから
お目にかかれる確率も高いのでは?と思う。

さぁ、次のSAに行ってみよ〜!

高速SAPA食いレポ編A 

September 17 [Sun], 2006, 13:00
次の休憩場所は
上信越道に入った先の横川SA

「横川」ってったら釜飯だろ。

ってそればっか考えながらここまで走ってきてた。
が。
上りのSAは高崎のだるま弁当を売っていた。
もう気分は釜飯だったのでプチショックではあったけど、
まあ、だるま弁当もおいしいのでよしとするか、と思った矢先、
「35年ぶりに復活 復刻版だるま弁当!」
というのぼりを発見。

復刻版。
しかも1日に作られる数が限られてるらしい。

普通のだるま弁当は900円。
復刻版は1300円。
ゼイタクはしない(というかできない)と決めた旅。

復刻版1300円
普通の900円
限定だぞ1300円
赤いだるまもうまいぞ900円

結局・・・



復刻版をお買い上げ!
中身はこんな感じ。



とりあえず結論を先に言うとデスネ。


♪♪♪オイシカッタデース♪♪♪
(↑日ハムのヒルマン監督風)


とりあえずきちんと1300円の味がしてるっちゅーか、
1つ1つの味が立ってる感じで、
思い切ったかいがあったと。

牛しぐれ煮の甘じょっぱさが絶妙。
うずらが半熟だったのに感動。
こんにゃくの弾力と味付けは只者ではナシ。
群馬県の英知を集めた弁当といえよう。
(褒めすぎ?w)

写真から見てわかるとおり、
弁当の容器はおもいっきし陶器。
車だったら持ち帰れたけど、
こちとらバイク。
しかも始まったばっかりだっちゅーことで、
泣く泣く捨ててきた。
まぁ、持って帰ったところで
使うかどうかはわかんないけど・・・。

とにもかくにも
ごちそうさまでした〜!

高速SAPA発見編@ 

September 17 [Sun], 2006, 15:00
祖父母が長野にいたので
関越使って帰るときはいつも東部湯の丸ICで降りてた。
だからそこから先は未開の土地。
この日、湯の丸ICを横目に見ながら通過したとき、
旅の準備運動が終わった気がした。

一応16時ぐらいに
上越IC手前の新井PAというところで
合流しようということになったのが湯の丸の先にある佐久平のPA。
上越までもうヒトイキの距離。
しかし気が焦ってるのに加えて、
この日、台風の影響で結構天候があやしくて、
ドキドキしながら走ったもんだから、
この時点で精神的に結構バテバテだった。

そんな疲れを癒そうとなんとなしに入った佐久平PAで
思いがけない生物を発見!



「芝ヤギ」だそうで。
ちょーマメっこい。
その説明↓



寒いんだかさみしいんだか
よくわかんないけど、
二匹寄り添ってうずくまってました。
うーん、ホントに
粗末な管理によく耐えてた。

高速SAPA発見編A 

September 17 [Sun], 2006, 16:30
芝ヤギに別れを告げ、
更埴JCTで新潟方面に入る。
この辺に来ると車の数もグッと減り
走りやすい。

しかし更埴から新井までの距離が
自分の見積もりよりもあったり、
待ち合わせの時間に遅れたりして、
途中から気ばかりが先に走っていた。

「まだなの!?新井ってどこなの!?」

いい加減走るのにも飽きそうになった頃、
ようやく「新井」の文字が。

やっとだ、と安堵のため息をもらして本線から外れた先には
トイレとうら寂しい駐車場。
友達の姿が見えず。

はて。

なにやら様子がおかしい。

ちなみに新井は「ハイウェイオアシス」になってて、
そういうところは大抵飲食店とか
公園とかそういった設備が整ってるのに、
そんな気配が見当たらない。

「おかしーなー」と思って辺りを見回すと
「ハイウェイオアシス →」の看板発見。
なーんだ、あっちか。
と言うわけで構内のカーブを曲がったその先には・・・


道の駅 新井



なんとここは道の駅がハイウェイオアシスとして
併設されているという
予想外の嬉しい展開!!!
さっきの気だるさはどこへやら。
アドレナリン放出。

実は待ち合わせを決める時、
PAよりSAの方が大きいから
そっちで待ち合わせようかと思ったんだけど、
距離がビミョウだったので、
こっちで待ち合わせすることにしたのだ。
ナイス自分☆(笑)

まさに道の駅の神が降りてきた感じのところで、
無事部活仲間Hと後輩Iのコンビと合流することになる。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ずーこ。
» 暗夜行路@上越 (2006年11月10日)
アイコン画像まつ
» 暗夜行路@上越 (2006年11月09日)
アイコン画像まつ
» 日本人に生まれて良かったと思う瞬間 (2006年11月09日)
アイコン画像しゃち
» 暗夜行路@上越 (2006年11月08日)
アイコン画像ずーこ。
» 日本人に生まれて良かったと思う瞬間 (2006年11月07日)
アイコン画像まつ
» 日本人に生まれて良かったと思う瞬間 (2006年11月04日)
アイコン画像しゃち
» 日本人に生まれて良かったと思う瞬間 (2006年11月04日)
アイコン画像まつ
» 高速SAPA発見編@ (2006年10月21日)
アイコン画像まつ
» 高速SAPA発見編A (2006年10月21日)
アイコン画像まつ
» 旅のプレリュード 長瀞 (2006年10月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:achikochi_st
読者になる
Yapme!一覧
読者になる