来客増加ぜよ! 「龍馬伝」で高知観光が脚光

May 09 [Sun], 2010, 21:00
 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」をきっかけに、高知県への観光客がジワジワと増えている。西日本高速道路など民間企業とのタイアップも奏功しているという。日銀高知支店も「龍馬伝」の経済効果について、409億円と試算。昨年10月に比べて70%アップさせている。

 JR高知駅前の「龍馬であい博」のメーン会場「高知・龍馬ろまん社中」。坂本龍馬の生い立ちを「龍馬伝」の世界から紹介したパネルや衣装などが、展示されている。来年1月10日までの期間中、高知県を中心とする実行委員会は40万人の来場者目標を設定したものの、関係者は「60万人を超すのでは」と話す。

 毎年、主人公のゆかりの地で開かれる「大河ドラマ博」だが、高知県の場合、メーン会場以外に三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎の生誕した安芸市、ジョン万次郎の生まれた土佐清水市、龍馬脱藩の道で知られる檮原(ゆすはら)町の3カ所に“サテライト会場”を設けた。

 「龍馬であい博」の総合プロデューサーを務めるマーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏は、「過去の大河ドラマ博ではパビリオンのある所の観光客だけが増え、他の地域の恩恵が少なかった。各地の名所と自然とおいしい食べ物を伝える仕掛けを心がけた」と語る。龍馬を取り巻く歴史上の人物を取り上げることで、“大河ドラマ観光”に厚みをもたせたというわけだ。

 実行委員会は西日本高速道路のほか全日本空輸など民間企業とも連携。自治体だけでは難しいさまざまな取り組みも進めた結果、龍馬ゆかりの地をめぐるツアーを企画するJTBによると「高知、京都、長崎の中で高知がダントツの人気。4?6月の首都圏発のツアーは前年比で27%伸びた」と説明する。

 ただ、ドラマが終了すれば観光客が減ることも予想されるだけに、持続的な集客作戦が求められる。

     ◇

 ■「体験型をアピール」尾崎知事

 高知県の観光戦略について尾崎正直知事に聞いた。

 ??「龍馬であい博」の来場者は想定を上回る勢いだ

 「(高知県への)観光客は前年比で3?4割増えている感じだ。関係者の努力はもちろん、費用対効果の高い情報発信などに努めた側面も大きい」

 ??就任以来、観光振興の強化に乗り出している

 「狙いどころが難しいと感じる。かつて、高知には南国リゾートのようなイメージが強かった。しかし、本格的なリゾートで、ハワイやバリなどに勝てるわけではない。新たな観光のパターンを探らないといけない。滞在型で体験型の観光でいかにアピールできるかがポイントになる」

 ??「龍馬伝」の放送終了後が大事になる。具体的な戦略は

 「まず県内の東、中、西部それぞれで一泊できる観光地を自ら作って提案することだ。そこを基点にして広げたい。現在、そのプランを練っている。(ドラマの有無にかぎらず)龍馬ブームはなかなか消えないと思うが、幕末だけが土佐の歴史ではない。戦国武将の長宗我部元親から現代に通じる自由民権運動まで幅広い。歴史をモチーフにした働きかけを検討していきたい」

   ☆ キャンプ道




   キャンプの生活で育てられた



   生きぬくための力



   ロマンを持った



   静かな鼓動が



   鳴り響き始めた・・・




   ただ 目の前の道をひたすらに歩く



   そこに自分の道があるからだ・・・




   この道 何の道



   それは キャンプ道



   〜 2010年3月 公開日記より 〜



   第一章 過去 にとらわれないこと




  (要旨)



   過去 を引きずらないことが大切 






   第二章 出会い とは真剣そのもの




  (要旨)



   出会いとは 真剣に望むべきもの




   相手を理解すること




   思いやりが



   自身の豊かな感性を磨くことに通じ重要なこと







   第三章 『思いやり』とは 大切にする気持ち




  (要旨)



   思いやりとは 自然に相手に対話や



   行動によって伝わるもの




   その感情は 必ずしも



   体裁 慈善やあわれみではなく



   自分が大切だから そうしている



   つまり



   自分自身を大切にしている気持ち に他ならない






   第一章 過去 にとらわれないこと




  (本文)



   お互いの価値観 や ライフスタイルの




   ミステリーにせまる最初の出会い



   しかし



   弱点が多いと思っていらっしゃる方でも



   ガッカリすることはありません



   自分の弱点を見せてしまう方が得策です



   弱点を見せている相手の方を



   可愛い と




   思わない人は まずいないでしょう



   ただし



   人の所為にしたり



   仕事に関する弱点を暴露したりするのはNGです



   ご自身のポジションをしっかり把握した上で




   弱点の多いという方でも 可愛らしさ



   自分らしさ をアピールできるのです



   自分に 自信がない という男性の方




   ぜひ自信を持って下さい



   カラ元気 という言葉が世の中には存在しますが



   カラ自信 でいいのです



   もし あたなが男性であれば




   ぜひ女性をリードしてあげてください



   いつだって 女性は自分をリードしてくれる男性に




   惹かれるものなのですから・・・




   自分のためなのだから 



   ハッピーエンドのスタートは




   何度でもできることを忘れないでください






   第二章 出会い とは真剣そのもの




  (本文)



   せいいっぱいの人は




   目前のハードルをのりこえるために




   いつも向かい風が吹いているはず



   人は生身の身体ですから



   理想 と 現実の狭間で




   長嘆することは人生の中で幾つかあることでしょう



   どんな人でも自分にしかできないことがある



   だから



   小さなことでも 自分にしかできないことを発見し



   まずそれをやり抜こうと心に決める



   勇気をもって挑戦する



   研ぎ澄されるような辛い思いをしながらも



   人生には必ず乗りこえられる道があるからです



   ひとこいしい時 気分が明るくなる



   出会いによって人は生まれ変われるのです



   だから 



   人生は楽しいのです



   出会いによって人の運命は決まります



   相手の存在を認め



   相手の立場にたって物事を考えたり



   自分が共感していることを自然に伝えたりする姿勢を



   きちんと意識するように心がけましょう



   ときには




   目にみえるものを見ないで




   見えないもの(こころ)を観ることが大切だからです



   豊かになれば 相手にはそれ以上のものを望む



   自由が束縛される



   いいお相手に巡り会えない・・・




   理由はさまざまですが 結婚に対して




   益々慎重になっているのが現状です



   出会った人がパートナーとなる?!



   会って緊張するお相手に




   「もう一度会いたい」 と自然に思えることが重要






   第三章 思いやり とは大切にする気持ち




  (本文)



   自分やお相手とのライフスタイルを



   何倍も価値ある豊かなものにするために・・・




   今 人の価値観 や ライフスタイルが



   進化し続けている・・・




   人の意識 も 行動も変わって




   自分の生活を大切にしたい と願っている



   そのためには




   お互いに協調できる人生計画をたてることや



   人生観をしっかり確認することが



   ごく自然であると考えます



   思いやりとは




   自分自身を見つめ



   そして 相手を見る 



   自分のよさ 自分らしさ を発見したとき



   人はいきいきと輝く



   だから 



   これからは自分を 過小評価するのをやめよう



   自分らしさ すでにある自分のよさを



   見ている人が周りに必ずいるのだから・・・




   - G o o d L u c k -



ご自宅の庭でキャンプをしませんか

PR 便利で面白い道具をいっぱい紹介しています!


  • URL:http://yaplog.jp/acespacy/archive/1531
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:acespacy
読者になる
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる