taiHENkaku Beta 7リリース:メインツールチェーン変更

December 09 [Fri], 2016, 18:28

Yifan Lu氏がHENkakuのアップデート版taiHENkaku Beta7をリリースしていました。


fselfの圧縮サポートがツールチェーンに追加されました。

圧縮されたfelfsはtaiHENkaku(Beta1以来)で動作することができますが、


最新の安定したHENkakuで動作することができない。つまり、圧縮されたhomebrewが安定した


HENkakuで動作することができない。

これまでに得た結果。

VitaShell: 3.2MB => 1.2MB

henkaku.suprx: 33KB => 8KB

taiHENkaku installer: 160KB => 34KB

vita-make-fself -cを使用して圧縮ファイルを作成します。さらに、最新のツールチェーンには弱い


スタブも含まれています。ツールチェーンはNIDデータベースにJSONの代わりにYAMLを使用します。

最新のツールチェーン(https://goo.gl/RaEB9L)を使用していることを確認してください。




Beta7更新点:


1.圧縮されたペイロードをインストールして、ダウンロードサイズが60%減少する。

2. molecularShellは、再起動せずにtaiHEN config.txtをリフレッシュすることがサポートする。

3. unsafe homebrewが有効になっている場合、molecularShellは完全なux0にアクセスできる。

(変更を確認するために終了して再度開く必要があります)

4. バージョンスプーフィングのためのシェルパッチを再度有効にする。


これはPSNを有効にしませんが、スプーフィングバージョンを3.63に設定していれば、


CMAアップデートプロンプトが表示されなくなります。


ndswayz.comマジコン正規代理店


今年末キャンペーンので、全部大幅値下げ販売している。