武智だけど正宗

March 16 [Wed], 2016, 0:05
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。旧来の入れ歯とくらべた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
この最新の治療法には、歯科医を初め、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、とっても特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過共に落ち着くのが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでちょーだい。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。


ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなう特殊な施術を伴わないインプラント治療であっ立としても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんとしることが命に関わる大事な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてサイト内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。



インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もオワリます。それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。


使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は保険が聴く治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。



全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導して貰い、まずは口腔内をきれいに保ってちょーだい。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてちょーだい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛梨
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/accwizseeoocov/index1_0.rdf